通信講座・通信教育で資格取得、ネイル・クリスタルグルーデコ・ペット・医療・心理等なら「たのまな」

医療事務(合格保証付き)+コンピュータセット講座

医療事務の通信講座・通信教育専門サイト

医療・福祉

一生モノの資格とスキルで安定の医療機関へ
医療事務(合格保証付き)+コンピュータセット講座

無料 資料請求簡単 お問い合わせ
  • 標準学習期間
    9ヶ月
  • 在籍期間
    18ヶ月
  • 添削回数
    11回
  • 教材発送
    一括
クチコミ

印部分をクリックまたは、タップいただくとクチコミの内容が表示されます。

講座メニュー

プレゼントキャンペーン対象講座
お申し込みはこちら

講座概要 どんな講座?何を学ぶの?

講座概要 どんな講座?何を学ぶの?

「合格保証」「給付制度」「就業サポート」で、さらに医事コンスキルも!

講座概要
講座に挑戦した方からの声が届いています!
受講生の声をみる
合格者の声をみる
たのまなコミュニティ

医療事務講座(合格保証付き)医療事務コンピュータ講座がセットで学習できる講座です。
確かな医療事務の知識・資格と、いまや欠かせないものとなった医事コンピュータのスキルをセットで効率的に習得。人材不足と言われる医療業界において、あるゆる知識と資格を持った医療事務のプロフェッショナルを目指します。

<医療事務講座(合格保証付き)>
医療事務のメイン業務である<診療報酬明細書(レセプト)作成>が出来る専門の知識とスキルを養います。 他にも、<カルテ管理業務><医局秘書業務><総合受付業務><会計業務><病棟クラーク業務>など、医療機関の規模によって、業務は多岐にわたりますので、それらすべての業務をスムーズに行えるよう、専門知識に加えて、医学知識医療専門用語医療関連法規などについても学ぶことが出来ます。
本課程では、医療事務の基本知識である診療報酬請求業務のプロに与えられる称号である医療保険学院認定「医療保険士」の資格取得を目指せます。もちろん合格保証制度も付いているので、初めて学ぶ方でも安心して資格取得を目指せます。

<医療事務コンピュータ講座>
今、ほとんどの病院で、カルテやレセプト(明細書)の作成には、医事コンピュータが使用されており、 その導入率は98%と言われています。そのため、現場の医療事務スタッフにとって、医事コンピュータのスキルは欠かせません。
基本の医療事務を身につけたのち、更なるスキルアップにつながるよう、 また即戦力として現場で活躍できるよう、医事コンピュータを使いこなすためのカリキュラムに取り組みます。 医療現場で実際に使われている医事コンピュータソフトを教材化しているので、1日30分からの学習で専門スキルが身につきます
外来から入院までのオリジナルカルテ集をはじめ、レセプトもプリントアウトして模擬体験できるなど、 まさに実務さながらの学習ができます。

講座に挑戦した方からの声が届いています!
受講生の声をみる 合格者の声をみる
たのまなコミュニティ
たのまな講座 ここがポイント!
  1. POINT1

    「医療保険士」の100%合格保証システムで安心!
    医療事務の基礎知識である診療報酬請求業務のプロに与えられる称号「医療保険士」。「たのまな」では、「ちゃんと合格できるか・・・?」という不安をお持ちの方に、「合格保証サービス」をご用意して応援しています。中間テスト3回提出し合格すると、「医療保険士」の受験資格が得られます。1回目の受験では合格できない方でも3回目の試験までにはほとんどの方が合格されています。それでも万が一不合格の場合ご希望があれば、受講料全額返金をさせていただきます。

  2. POINT2

    リソシア就業サポートで安心して医療業界へ就・転職!
    受講中も修了後も、ヒューマンアカデミーの受講生・修了生の就業を支援するためにヒューマン・グループの総合人材サービス会社「ヒューマンリソシア」が就業サポートを徹底。医療・業界との強いパイプとノウハウを活かし、みなさまのご活躍を全力サポートしています。

  3. POINT3

    法改正にもすばやく対応。最新の教材で学ぶことが出来ます。
    法改正があった場合、すみやかに教材の修正、補足資料をお届けします。さらにサポート期間中は無料で、点数改正資料もお届けしています。1年に最低3回は教科書の改正ポイントを見直しするなど、最新の情報にアンテナを立て学習をサポートいたします。

  4. POINT4

    病院導入率98%の医事OAまで習得可能!
    今、ほとんどの病院で、カルテやレセプト(明細書)の作成には、医事コンピュータが使用されています。その導入率は98%と言われています。そのため、現場の医療事務スタッフにとって、医事コンピュータのスキルは欠かせません。『たのまな』は、自宅にいながら、医療機関で実際に使われていた医事コンピュータソフトを教材にしました。現場の医事コンピュータを教育用にアレンジした教材を使用しているので、1日30分からの学習で専門スキルが身につきます。

就業サポート
医療事務の資格コラム

このページのトップへ

資料請求・お問い合わせはこちら
資料請求
資料請求
メールでのお問い合わせ
お問い合わせ
個別カウンセリング
個別カウンセリングを受けてみる
たのまななら受講中も安心サポート!

お申し込みはこちら

  • CHECK
  • プレゼントキャンペーン対象講座
「たのまな」医療事務給付金制度のご案内


医療事務(合格保証付き)+コンピュータセット講座

販売期間:
2017年08月10日17時00分〜
2017年08月18日09時59分
通常価格:
69,000円(税込)
おまたせ価格 :

65,550円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

教材サンプルムービーを視聴する

分割払い

もっとくわしく
【ご注意】
分割払い例は目安として「教育ローン」でのお支払いの場合を掲載しています。 クレジットカードでの分割のお支払い目安については、「お申し込み方法」をご確認ください。
就業サポート

医療事務の資格コラム

修了生さんの喜びの声♪

このページのトップへ

  1. STEP1

    学習の進め方・学習ポイントをDVDで確認しよう

    医療事務合格&就職サポートナビDVDで、テキスト学習を進める上での学習のポイントや、試験前に復習しておくべき項目を、実例を通して解説。医療事務スタッフの第1歩としてスタート切りましょう。

  2. STEP2

    外来・入院レセプトの算定ルールをマスターしよう

    外来から入院へと徐々にレセプト作成をマスターしていきましょう。算定ルールが細かく記載されているので、初心者の方でも安心。知識が定着しているかどうか添削課題などで確認しながら進めてください。

  3. STEP3

    「医療保険士」の資格取得にチャレンジしよう

    いよいよ実技に取り掛かります。「実習編」に記載されている複数の問題を解きながら、徐々に実力をつけていきましょう。何度も繰り返し解き、算定ルールが整理されたら、いよいよ在宅試験で「医療保険士」の資格取得試験にチャレンジ

  4. STEP4

    医学知識や関連法規など医療秘書分野を習得しよう

    医療事務スタッフとしての医療事務実務能力だけではなく、医学基礎や関連法規に関する知識、患者接遇や院内コミュニケーション能力が必要です。知識が定着したら添削課題(中間テスト)にチャレンジしましょう。

  1. STEP5

    まずはソフトをインストールしよう

    学習方法や受講上の注意が書かれた「スタートアップガイド」の<インストール方法>の説明に従い、医事コンピュータをパソコンにインストールします。これで本講座を学習する環境が整います。

  2. STEP6

    繰り返し学習で操作方法をマスターしよう

    医事コンピュータの入力練習をしていきます。教材の「カルテ例題集」が自由に入力出来るようになるために、まず医事コンピュータの操作方法をマスターします。

  3. STEP7

    例題集と添削課題で実践しよう

    カルテ例題集を使って、入力からレセプト出力までを練習します。解答解説集を使って入力のポイント、解答の確認をします。入力に慣れたら添削課題にトライしましょう。

  4. STEP8

    修了証書授与、本試験にチャレンジしよう

    修了認定試験に合格したら修了証書を同封してお送りします。さらなるステップアップとして、医療事務OA実務能力認定試験にチャレンジしましょう。

講師: 井上 晴江 氏

井上 晴江 氏

[PROFILE]
エム・アイ・シー顧客支援室所属。 「医療保険学院」専任講師。レセプトに係る実務経験と並行し、 1990年より医療保険学院・医療事務教育講座講師、1992年からは調剤報酬事務教育講座も兼任する。

医療事務の仕事は単に事務処理をするのではなく、実際は多くの方と触れ合いながら仕事をする重要な医療スタッフの一員でやりがいも大きいものです。

通信教育では自分のペースで学習出来ますが、難しく思う時も出てくるかもしれません。しかし、私たち講師が全力でサポートさせていただきます。

添削課題はみなさまの力がついたかどうか、確認するためのものですので、間違えたところはポイント解説はもちろん、教材のページ数を書き込み、のちほど復習していただけるように工夫しています。

最初は聞きなれない専門用語もあり、慣れるまで大変かもしれませんが、みなさまからの添削課題やご質問は丁寧に回答指導させていただきます。確かな知識を身につけ、医療の最前線で活躍するという目標にむけて一緒に頑張りましょう。

このページのトップへ

医療事務の資格の違いを教えてください。
「医療事務」関連の資格はたくさんありますが、国家資格はなくすべて民間の資格となります。『たのまな』では、権威ある「医療保険士」のみならず 全国医療福祉教育協会認定「医科2級医療事務実務能力認定試験」や「2級医療秘書実務能力認定試験」を採用してます。
仕事との両立は出来ますか?
はい、もちろんです。お仕事と両立されている方のほうが多くいらっしゃいますので、ご安心ください。学習時間は医療事務編は週4回、1回1時間程度の学習で、医療事務コンピュータ編は1日30分程度で大丈夫です。どうしてもできない時は、次の日の1時間しっかり勉強するなど、あなたのペースに合わせて無理なく学習を進めてください。
履歴書に書ける資格は取れますか?
もちろん、資格欄に明記できます。就職や転職の際に大いに活用できるでしょう。
パソコンが苦手なのですが大丈夫でしょうか。
インストール方法が丁寧に記載されていますので、ご安心してご受講ください。文書だけのご案内ではなく、図解でインストール方法をご案内しているので、分かりやすい!受講中のPCのトラブルに関しては、ソフトサポート係がサポートいたします。
診療報酬の点数が改定されたと聞きました。すでに対応はしているのでしょうか?
はい、平成28年診療報酬点数に対応した教材をお送りさせていただきます。
医療事務と医療事務コンピューターはどちらから学べば良いですか?
初めて医療事務を学ぶのであれば、医療事務から勉強をスタートして医療事務コンピューターに進んでいただくのが一番よいです。医療事務だけ学ぶコースもありますが、はじめから医療事務と医事コンピュータがセットされたのが「医療事務+コンピュータセット講座」です。医療事務にとって医事コンピュータはとても重要なスキルになります。実際に今、ほとんどの病院でカルテやレセプト(明細書)の作成には、医事コンピュータが使用されていて、その導入率は98%と言われています。

このページのトップへ

  • 医療事務 講座まるわかりガイド
  • 診療報酬請求事務能力認定試験を目指そう
  • 医療情報システムについて分かりやすく解説! 医療事務・医療コンピューター・電子カルテ・DOP
  • 医療事務専用サイトはこちら