通信講座・通信教育で資格取得、ネイル・クリスタルグルーデコ・ペット・医療・心理等なら「たのまな」

新TOEIC(R)TESTめざまし500

TOEIC®TESTめざまし!500

語学

対象レベル:TOEIC250−470程度 初級コース
新TOEIC®TESTめざまし500

 無料 資料請求 簡単 お問い合わせ
  • 標準学習期間
    3ヶ月
  • 在籍期間
    6ヶ月
  • 添削回数
    3回
  • 教材発送
    一括

講座メニュー

プレゼントキャンペーン対象講座
お申し込みはこちら

講座概要 どんな講座?何を学ぶの?

講座概要 どんな講座?何を学ぶの?

リスニングの基礎力を習得して、まずは目指せ500点!

講座概要
講座に挑戦した方からの声が届いています!
受講生の声をみる

通常会話で最低限のコミュニケーション。海外旅行でのお買い物、レストランのオーダーが一人でできる♪

《対象者》
・基礎文法力・語彙力が不足し、リスニングになんのある初級者
・TOEIC®スコア500点の達成を目指す方
・ナチュラル・スピードの英語を強化したい方

まずはじめは、スコア伸びやすいリスニング力を強化します。その結果し自然にリーディングの効果が現れる仕組みになっています。

また、TOEICは出題の70%が「質問・問いかけに応答する」形式であることに着目し、質問文・問いかけ文への「即解力」を強化することにより、英語力の実質的な伸びが得られます。

講座に挑戦した方からの声が届いています!
受講生の声をみる
たのまな講座 ここがポイント!
  1. POINT1

    初級レベル者の最大の弱点強化!
    TOEIC500未満の初級レベル者にとって最も苦手なものはナチュラルスピードの聞き取りです。このためTOEICのスコアアップが難航する以外にも、英語でのコミュニケーションに自然と及び腰になってしまいます。このコースではこの最大の難関をクリアし、リスニング強化の延長線上にTOEIC500点突破を達成していただけるようデザインされています。

  2. POINT2

    英語の音がなぜ聞き取れないか?
    中学時代に学んだやさしいやさしい語彙なのに、ネイティブが話す途端になにやら聞き覚えの無い言葉になってしまう。その理由を納得のいくようにご説明します。英語の「発音や特徴」や「音の変化現象(連結、同化、脱落など)」をわかりやすく解説しながら実際に口頭練習で身につけていただきます。

  3. POINT3

    なぜ口頭練習をするの?
    なぜ、黙ったまま音声を聞くだけではリスニング力は強化できないのでしょう?それは「発音できない音は聞き取れない」からです。口頭練習を通じて英語独自ののリズムを身につけ、「英語の意味をとらえる」リスニング力を養成するから聞けるようになるのでス。これが通信教育に口頭練習を取り入れた理由です。

  4. POINT4

    英語を英語として理解する練習
    英語を単語レベルで日本語に翻訳しながら理解しようとする以上、リスニング力もリーディング力も強化できません。英文をユニット(意味をとらえるための最小グループ)単位で読み・聞きし、英語を英語の語順で理解する力を養成します。また英語表現音声を繰り返し聞き、発音することで、表現の定着(刷り込み)を図ります。

  5. POINT5

    そしてTOEIC問題形式に落とし込む!
    ポイント1〜4で強化したスキルをTOEICの問題形式に落とし込み、問題正解の力を上げます。一連の学習の流れの中で、単なるTOEIC対策ではない、本質的な英語情報の処理能力が無理なく向上します。

このページのトップへ

資料請求・お問い合わせはこちら
資料請求
資料請求
メールでのお問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせフリーダイヤル
お問い合わせフリーダイヤル 0800-111-4959 10:00〜19:00(土日祝日含む)
たのまななら受講中も安心サポート!

お申し込みはこちら

  • CHECK
  • プレゼントキャンペーン対象講座

新TOEIC(R)TESTめざまし500

価格:

27,000円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

【ご案内】
「TOEIC公開テスト試験を受験希望されてご購入されるお客様へ」
※TOEIC公開テストは年8回(1・3・5・6・7・9・10・11月)全国80都市で実施されます。
受験地ごとに実施回数が異なりますのご注意ください。
詳細につきましては、「財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会」より、ご案内させていただいております。

このページのトップへ

  1. STEP1

    UNIT 1 「英文が聞き取れない」という悩みを解消

    TOEIC TEST 500

    拡大表示

    「なぜ文字で見れば分かる英文が聞き取れないんだろう」という悩みを解消します。 例えば「日本語にない発音(子音だけの発音)」、「文字があるのに聞こえない音(語尾が破裂音)」、 「nの後のtは発音されない」など英語独自の発音の法則(音法)を理解し、 実践して体得していきます。

  2. STEP2

    UNIT 2 「英語の捉え方」を実践的に活用

    TOEIC TEST 500

    拡大表示

    TOEIC各パートの出題傾向が分かりやすく詳細に分析され、それに対する具体的な対策が示されます。 またTOEICの求めるスピードに対応できる「即解力」を養成するためにパート単位で実践的に練習します。 この段階では英語の問題を聞いたら具体的なイメージが沸くようになります。  

  3. STEP3

    UNIT 3 TOEICの問題形式で模擬試験に挑戦

    TOEIC TEST 500

    拡大表示

    学習の成果を確認するために、模擬試験に挑みます。 これまでに学んだ知識と解説をヒントに、正解に至るプロセスを体感します。 何問正解したかよりも、不正解だった問題を克服するためのトレーニングが正しく行われるかに重点を置きます。 それにより効果の上がる学習法を習慣化していきます。

  4. STEP3

    身につく感覚を学ぶ

    TOEIC TEST 500

    拡大表示

    勉強するにあたっての、ちょっとしたアドバイスを紹介しています。 実力を効果的UPするためのコンテンツです。

高比良 哲明 氏

高比良 哲明 氏

[PROFILE]
制作プロデューサー。
主に英語学習書籍などの効果的な学習ノウハウの開発を目指し企画・編集・制作に携わる。

英語学習教材の開発グループ「MBアプローチ・アソシエーツ」により開発・執筆された初級者向けTOEIC®講座です。
日・米・カナダの言語学者、英語講師、英語教材ライター、編集者がコラボレーションしました。
「MBアプローチ」とは、言語を習得する最も自然な流れである母語習得プロセスを基に、学習者の母語での理論的な理解と実践的な練習を融合させ、無理なく効果的に外国語を習得する方法です。

本講座では特にリスニングセクションでそれが発揮されます。理論は難しく聞こえるかもしれませんが、講座は易しく学習が進められます。

このページのトップへ

忙しくて時間が取れないのですが、1日どれくらいのペースで学習を進めて、どれくらいの期間で終わりますか?
当社の全ての通信教育は1日20分〜30分を1週間に5回、3ヵ月間続けていただきますと修了できる作りとなっております。
通信教育の修了条件を教えてください。
英語の通信講座はすべて3ヶ月コースですが、プラス3ヶ月のサポート学習期間が漏れなくつきます。 この期間中に修了された方に修了証を発行しています。
英語の通信講座は他にもたくさんあり迷っています。『たのまな』の講座は他の講座とどう違いますか?
本講座は、TOEIC®も社会人を対象にした通信講座となっております。 学習のポイントは押さえながらも毎日の学習の分量が少なめに設定してありますので、 お仕事でお忙しい方でも学習しやすくなっております。 開発の際には実際に英語を使って苦労した方の意見なども参考とさせて頂き、 通常の通信講座と比べてより実践的な内容になっているかと思います。 英語な苦手だけれども、仕事上なんとしてでも英語力を伸ばしたいという人には特にお勧めです。
資料請求・お問い合わせはこちら
資料請求
資料請求
メールでのお問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせフリーダイヤル
お問い合わせフリーダイヤル 0800-111-4959 10:00〜19:00(土日祝日含む)
たのまななら受講中も安心サポート!

このページのトップへ

教材
  1. テキスト 3冊
  2. CD 4枚
  3. お役立ちPocket Book 1冊
  4. 添削用シート 3枚
  5. 添削用封筒 3枚
  6. 学習ガイド 1冊
主要教材紹介
  1. テキスト
  2. 3冊このテキストは、TOEIC®TESTスコア500点突破に照準を合わせ、TOEICの問題形式に慣れること、 テスト問題のうち、比較的難易度の低い問題を確実に正解する力を習得することを目指します。
    まずは、英語の音の仕組みと特徴を学び、 練習を通して「知っているはずの英語」を聞いて理解できるリスニング力の要請に比重を置きます。
    短期的にはスコアの伸びにつながりにくい「文法・語彙の強化」は必要最小限にとどめ、効果的な実力アップを目指します。
    Unitごとに3分冊になっています。それぞれのUnitには4つのWeek(レッスン)が収められ、1WeekはDay1〜Day4で構成されています。

  3. お役立ちPocket Book
  4. お役立ちPocket Book 1冊TOEIC受験に役立つ、英語圏の背景知識や語彙などが満載されています。

  5. CD
  6. この講座では特にリスニング強化を目的としていますので、豊富な音声テキストを収録しています。 英語独特の音の法則(音法)を分かりやすく理解し、体得していただけるよう徐々に難度を上げるよう工夫されています。

カリキュラム
●Unit1
 「英語の音の特徴」「リスニングの基礎力」の習得を目指す

【 Part1 】
英語の音をとらえる。

【 Part2 】
英語の音変化に慣れる。

【 Part3 】
英語のリズムをつかむ。

【 Part4 】
英文を聞きながら頭に文字を描。  「なぜ文字で見れば分かる英文が聞き取れないんだろう?」という悩みを解消します。 新しい視点で、英語の発音の基本を学びます。リスニングの妨げになっている「フィルター」を耳から外します。

●Unit2
 TOEIC®の問題形式を使って「英語を英語のまま理解する力」の習得を目指す

【 Part 1 】
写真とイラストについて状況描写力。

【 Part 2 】
身近な話題に関する、問いかけへの応答力。

【 Part 3 】
設問と選択肢の速解力。

【 Part 4 】
設問と選択肢の速解力。

【 Part5,6 】
ユニット・トランスレーションで、文の意味を理解し文意に合う選択肢を選ぶ英語表現力。

【 Part 7 】
ユニット・リーディングで意味のかたまりごとに理解する速読力。 UNIT1で身につけた「英語の捉え方」を実践的に活用します。 TOEICの求めるスピードに対応できる「即解力」を養成するために、パート単位で実践的に練習します。

●Unit3
 TOEIC®の模擬問題で実践力の習得

【 Part 1 】
TOEIC ®TESTの問題形式に慣れながら、 手の届く難易度の問題を確実に正解するための実践力の習得を目指す学習の効果を確認するために、 実際のTOEICの問題形式で模擬問題に挑みます。 これまでに学んだ知識と解説をヒントに、正解に導くプロセスを体感します。 何問正解したかよりも、不正解だった問題を克服するためのトレーニングが正しく行われるかに重点を置きます。 これによって効果の上がる学習法を習慣化していきます。

資格概要 ◆TOEIC® Listening & Reading Test
資格区分 民間資格
資格概要
メリット
傾向
TOEIC(トーイック)とはTest of English for International Communicationの略称で、英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通基準として活用できるテストです。
TOEICテストは、合否ではなく10点から990点までのスコアで評価されます。 このスコアは、常に評価基準を一定に保つために統計処理が行われ、能力に変化がない限りスコアも一定に保たれている点が大きな特長です。
SpeakingとWritingという能動的な能力までも含めた英語によるコミュニケーション能力を総合的に評価できるように設計されています。
受験資格 年齢など特に制限はありません。
試験日程 年8回(1・3・5・6・7・9・10・11月)
受験料 6,615円
受験会場 全国80都市で実施されます。受験地ごとに実施回数が異なります。
試験形式 TOEICテストはリスニング(45分間・100問)、リーディング(75分間・100問)、 合計2時間で200問に答えるマークシート方式の一斉客観テストです。
出題形式は毎回同じで、解答はすべて問題用紙とは別の解答用紙に記入します。
テストは英文のみで構成されており、英文和訳・和文英訳といった設問はありません。
試験内容 TOEIC®テストは大きく分けて Listening Section と Reading Section の2部構成となっています。
Listening Section(100問、45分間、スコア5〜495)
Part 1( 6問) 写真描写問題
Part 2(25問) 応答問題
Part 3(39問) 会話問題
Part 4(30問) 説明文問題

Reading Section(100問、75分間、スコア5〜495)
Part 5(30問) 短文穴埋め問題
Part 6(16問) 長文穴埋め問題
Part 7(29問) 1つの文書
    (25問) 複数の文書
合格ライン テスト結果は合格・不合格ではなく、リスニング5〜495点、 リーディング5〜495点、トータル10〜990点のスコアで5点刻みで表示されます。 このスコアは正答数そのままの素点(Raw Score)ではなく、 スコアの同一化(Equating)と呼ばれる統計処理によって算出された換算点(Scaled Score)です。

受験者数
・世界 年間約500万人が受験(約90ヶ国で実施)
・日本 年間163万5,000人が受験(2007年度)
申込み
問合せ先
(財)国際ビジネスコミュニケーション協会TOEIC運営委員会
東京業務センター
〒100-0014 東京都千代田区永田町2-14-2 山王グランドビル
TEL:03-5521-6033 FAX:03-3581-4783
(土・日・祝日・年末年始を除く10:00〜17:00)

大阪業務センター
〒541-0059 大阪府大阪市中央区博労町3-6-1 御堂筋エスジービル
TEL:06-6258-0224
(土・日・祝日・年末年始を除く10:00〜17:00)
資料請求・お問い合わせはこちら
資料請求
資料請求
メールでのお問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせフリーダイヤル
お問い合わせフリーダイヤル 0800-111-4959 10:00〜19:00(土日祝日含む)
たのまななら受講中も安心サポート!

このページのトップへ

  • アシスタントティーチャーインターンシップ in L.A
資料請求・お問い合わせはこちら
資料請求
資料請求
メールでのお問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせフリーダイヤル
お問い合わせフリーダイヤル 0800-111-4959 10:00〜19:00(土日祝日含む)
たのまななら受講中も安心サポート!