コラム
09デコでデザインをするにあたって

クリスタルデコレーションについて本格的に勉強したいと考えたとき、さまざまな疑問が浮かんでくるかと思います。「芸術的センスがあまりなくても、デコをデザインできるのかな」、「副業としてデコをしたいけれど、自由にデザインするにはどの程度のスキルが必要なのだろう」など人によっていろいろな疑問が湧いてくるかと思います。

今回は、これからクリスタルデコレーションを勉強する方のために、主にストーンを使ってデザインするためのスキルについてお伝えしていきます。

デザイン性の高いデコレーションアートを行うには

デザイン性の高いデコレーションアート

クリスタルデコレーションの技術を身に着けていくと様々な表現が可能となっていきます。均一にストーンを並べるようになってくる、変型のデザインが出来るようになってきた上級者の場合は、オリジナリティーのあるデザイン性の高い作品に挑戦するのもいいでしょう。

ここぞという作品には、使用するストーンをスワロフスキー®・クリスタルにして行うのもいいかもしれません。スワロフスキー®・クリスタルは、ダイヤモンドと同じ輝きがあるともいわれ、通常のストーンに比べ美しく輝くことからデコラティブアーティストの間では人気のストーンとなっております。キラキラと輝くスワロフスキー®・クリスタルはあなたの作品をより一層引き立ててくれるでしょう。

クリスタルデコレーションのための勉強は、細かな作業が多く、集中を必要としますが、とっておきの作品が出来た瞬間は言葉にできないような喜びに満ち溢れています。
「守(しゅ)」「破(は)」「離(り)」という言葉があります。能楽から生まれた言葉で、まず教えをひたすら守る段階(守)があってはじめて、教えから抜け出して真意を会得して(破)、教えにとらわれない自在な表現ができる(離)ということです。クリスタルデコレーションのデザインにも、これと同じことがいえます。クリスタルデコレーションが大好きな人ほど、どんどん上のレベルを目指したくなるはずです。しかし、自分のできることの範囲を広げるためにも、最初は基礎土台であるスキルを身に付けておきましょう。

基礎的なスキルを磨くことは地道な作業ですが、必ず将来の糧になると思います。自分に合った講座を選び、資格を取得し時間をかけて勉強していくことが大切です。「学校の勉強は苦手」という人も、好きなデコレーションアートの勉強なら時間を忘れて取り組めたという人も多いようです。完成度の高いデコレーションを制作されたいと考えたのであれば、ぜひともチャレンジしてみてください。

クリスタルデコレーションについての勉強について

デザインを含めたデコレーションを学ぶのであれば、通学もしくは通信講座を使いデコに関する資格試験を目指すことをおすすめいたします。
ヒューマンアカデミーの通信講座『たのまな』では、クリスタルデコレーションのための講座を行っております。目指したいデコ技術によって、2級、準1級、1級の3段階に分かれており、目指すレベルに合わせて学んで行くことが可能です。

また、ヒューマンアカデミーのデコレーションアートの講座では、国際的な資格であるクリスタルデコラティブアーティストの資格を取得ることが可能です。クリスタルデコラティブアーティストの資格は、職業資格の認定を世界100ヵ国以上で行っているPEARSON社が認定した世界初の資格となりますので、デコレーションアートに関するデザインやスキルを習得して活躍したい方には非常におすすめの資格になります。

クリスタルデコラティブアーティストの資格レベルは2級ではデコを行うにあたっての基礎的な技術のスキルを試されます。準1級では、デコデザインの基礎的な「整列」「格子」「ランダム」などのデザイン技術があるかをチェックされます。1級では、「人物ポートレートデコ」「ホットフィックス(熱接着)による布へのデコ」などの複雑なデザインに加えて高度なデザインの技術を身に付けているか審査されます。

また、準1級と1級の講座では職業レベルの高度な技術を身に付けそれに関する資格を取得できますので、デコアーティストを目指している方や、将来デコに関するお店を開業されることを目指している方にはおすすめの講座内容となります。

デコでデザインをするには、“バランス”と“正確さ”が大事です。

“バランス”と“正確さ”が大事

クリスタルデコレーションの資格試験での採点ポイントは、デザインバランスと共に綺麗な位置でストーンが配置されているかなどの基本的な技術を重要視しています。例えば、クリスタルデコラティブアーティスト2級の場合、接着剤が適量で、きちんと固定されているかという点から採点します。実際、どんなに華やかなデザインであっても、ストーンがすぐにはがれてしまったり、ふちからストーンがはみ出たりしているなどの美しくないポイントがあるだけで、作品の魅力が減ってしまうと思います。

携帯などの小物にデコレーションアートを行い「可愛い!」「買ってよかった」と喜んでもらうためには、美しくストーンを貼り付ける正確な手先の技術や、デザインした柄のラインなどをみださないバランス感覚が必要になってきます。

クリスタルデコレーションについて学んでいけば、学んでいくほど、様々なデザイン表現が可能になっていきます。色々なデザインが出来るようになってくるとクリスタルデコレーションはますます楽しいものとなることでしょう。

デコの資格のコラム|通信教育・通信講座のたのまな
Pagetop