クリスタルデコレーションの通信講座・通信教育トップ > コラム一覧 > 在宅でも資格を活用して仕事をしていく
コラム
10在宅でも資格を活用して仕事をしていく

クリスタルデコレーションの仕事が出来る技術を持っていると証明するには、どうすればいいのでしょうか。技術を証明するのであれば、資格を取得することが最も簡単な方法だと思います。他の業界と同じく、デコにも技術を証明する資格があります。デコの資格については、一般的な資格があるわけではなく、各スクールや教育機関によって推奨している資格が異なるという現状があります。

また、資格取得を目指すといっても、子育て中のお母さんですと、スクールなどに通う時間も取ることも難しいと思います。できるだけ在宅で取得できる資格を目指すのがおすすめです。デコレーション業界は、現在発展していると言われています。可愛いデコ電やデコグッズは幅広い年代に人気で、今後が期待できる資格の1つとも言えるでしょう。デコの仕事は、在宅で作業できるので、在宅ワークを探している主婦からも注目を集めています。在宅でデコの資格を取得して仕事につなげていく方法をご紹介していきます。

世界標準の資格 PEARSON認定のクリスタルデコラティブアーティスト

世界標準の資格 PEARSON認定のクリスタルデコラティブアーティスト

ネイルアートのように統一基準がなかったデコレーション業界ですが、現在注目されているのは世界基準の資格認証機関であるPEARSON認定の資格です。PEARSONとは、ロンドンに本部がある世界で100ヵ国以上の展開する大規模な教育サービス会社です。以前PEASONは、「Edexcel」という機関名で2014年9月より変更され、PEARSON社のEdexcel認定は、現在PEARSON認定(PERASON Asuured)に統一されています。
クリスタルデコラティブアーティストはPEARSONが認定した世界基準の資格なので、今後、デコレーションの技能を証明する標準資格に成長する可能性を持っています。資格は、2級と準1級、1級の3種類あります。取得すると、それぞれ国際的に通用する称号が与えられます。2級の資格はクリスタルデコレーションを行える基礎的な技術を持っているという証明になります。準1級の資格は、「Crystal Decorative Artist® Advanced(クリスタルデコラティブアーティスト アドバンスド)」の称号が取得でき、1級の資格では「Crystal Decorative Artist® Professional(クリスタルデコラティブアーティスト プロッフェショナル)」の称号が授与されます。準1級と1級の資格は、デコレーションアートを仕事として行うことが出来るスキルがあるという証明書となります。在宅で仕事を行うには、信用が第一となりますので、PEARSON認定の資格は強い味方となることでしょう。

在宅でPEARSON認定のクリスタルデコラティブアーティストの資格を取る

在宅で仕事したい方は、仕事を始める前の勉強の段階でも、在宅で行いたいと思う方が多いかと思います。ヒューマンアカデミーの通信講座『たのまな』では、在宅でPEARSON認定のクリスタルデコラティブアーティストの資格を取ることが可能です。2級の資格を取得できる講座や仕事が出来る証明となる準1級の資格、1級の資格までそれぞれのレベルにあった勉強を在宅にて行うことが可能です。

講座では、クリスタルデコレーションのエグゼクティブ講師によって直接添削の指導を受けることが可能です。在宅で学ぶことは1人で勉強を行っていく事になりますが、クリスタルデコレーション講座では、添削提出と質問は無制限となっておりますので気になることがあったら在宅のまま、無制限でデコを仕事としているエグゼクティブ講師の方にアドバイスをもらえます。

また添削課題はすべてスワロフスキー®・クリスタルを使用して行います。実際に販売されているデコ作品と同じストーンを使用するので、完成した作品は美しく、実際にデコの仕事にしたときの作品作りもイメージしやすいでしょう。

資格を取得したら在宅でデコを仕事に

公式オンラインショップ『decolier(デコリエ)』

PEARSON認定のクリスタルデコラティブアーティストの資格を取得したら、早速、在宅でデコレーションアート作品の作成をして、販売したいと考えるかたも多いと思います。そんな方におすすめなのが、公式オンラインショップ『decolier(デコリエ)』です。これはクリスタルデコレーション講座1級で、「Crystal Decorative Artist® Professional(クリスタルデコラティブアーティスト プロッフェショナル)」の資格を取得した人が出店を行える仕組みとなっています。『decolier』のサイトでは、出店する際にアーティストとして紹介をしてくれるので、自身でサイトを開設したら、そのサイトの紹介なども行うことが可能です。

在宅で仕事をするためには、自身の作品を宣伝して知ってもらうことが必要です。それゆえに宣伝することには、時間も手間もかけることが必要です。そんな中で、『decolier』のようなサイトはプロモーションの大きな手助けになります。

まったくの初心者からデコレーションの資格を取得し、在宅でデコアーティストとして仕事を行う流れはお分かりになりましたでしょうか。

ご紹介した流れ以外にも様々な方法で、デコラティブアーティストとして活躍している方もいらっしゃるでしょう。どんな流れをとる場合であっても、在宅で活躍していくためには、プロッフェショナルとして基本的な知識と技術を身に付けていくことが不可欠です。また、デコの基本的な知識とスキルを身に付けることで、今後在宅で他の仕事をするにあたってもこのスキルを活かすことが出来るかと思います。講座でしっかりと基礎を学ぶことは今後の在宅仕事に役に立つかと思います。

デコの資格のコラム|通信教育・通信講座のたのまな
Pagetop