通信講座・通信教育で資格取得、ネイル・クリスタルグルーデコ・ペット・医療・心理等なら「たのまな」

『ラボ小学校英語インストラクター養成講座』



2011年度から、いよいよ小学校での外国語活動が必修となります。それにともない、たのまなでは『ラボ小学校英語インストラクター養成講座』を開講!教育現場での英語活動のノウハウ、指導のあり方、とくに絵本やCDなどの教材を使った授業教案作成などをしっかりレクチャー!現職の小学校の先生はもちろんのこと、「得意な英語力を有効に使いたい。」「これを機に子どもの英語教育に携わってみようかな・・・。」など、ちょっと興味がある方も、まずはこちらをぜひご覧ください♪





『担任の先生が一人でも授業ができるカリキュラム。豊富な教材。』
当講座は学級担任一人でも授業ができるよう、教案が作成されています。豊富な絵本やCDを使って、「答えは一つだけ」という授業ではなく、誰もが参加できる、相互に学びあう姿勢を育てていきます。子供達の自発性を促し、「英語嫌い」を作らない英語活動を行います。
『まずは日本語を大切に。先生と児童の想像力で作る授業内容です。』
この講座で学んでいただく英語活動の方法は、基本的に日本語で行います。はじめて指導される方でもこれまでのご自身の指導力を発揮しながら、英語活動ができます。

『講座修了後も万全なバックアップ体制で、あなたの英語活動をサポートします。』
ラボ・テューター(英語指導者)としてラボ・パーティ(自宅教室)を開設する場合には、開設初年度指導料収入の保証や、ご出産・ご病気の際の休講保証制度など、様々なサポート体制があります。
お子様がいらっしゃる方にとって、まずはご自身のお子様が最初の生徒になるのではないでしょうか? お知り合いの方や近所のお子さんたちを交え、生徒を増やしていきましょう。
『小学校の非常勤講師(地域サポーター)として活躍できる十分なカリキュラムで講座が構成されています。』
学校で授業を行なう場合には、教案(授業案)が必要です。この講座では、指導の考え方のポイント、授業展開などを学習後、オリジナルの教案を作成します。つまり英語の歌と物語を使った教案を作る力や指導する力を身につけることができます。非常勤講師・地域サポーターの英語活動にはそれぞれの地域により条件が異なります(教員免許が必要な場合もあります)。各地域の条件・状況については、お調べいただくことになります。




特に「この資格」を持っていなければいけませんと言うことはありませんが、接するのは子供だけではありません。生徒のご両親と話し合うこともあるでしょう。誇りを持って仕事に取り組むためにも、子供が好き、資格の保有だけでなく、社会人としての一般常識も必要となってきます。あえて申し上げるとすれば、以下の資格を保有することをお勧めします。
●TOEIC600点程度 / ●英検準2級程度

▼TOEIC®とセットになったW英語講座をご用意しました!▼
・ラボ小学校英語&新TOEIC®TEST500 W英語セット
・ラボ小学校英語&新TOEIC®TEST650 W英語セット
添削課題(添削2回)を終えられましたら、ラボ教育センターより修了証を発行いたします。
『外国語活動』を担当する教師として、小学校で子供たちに英語を教えます。また、地域によっては「英語のスキルがある」と認定されれば、特別講師として英語活動のサポートに携わることもできます。英語活動を実施したい保育園や幼稚園では、子どもたちを指導する先生を求めています。(最近では保育士免許の受験資格が緩和されたこともあり注目が高まっています)テューター・スクールと呼ばれる研修を受ければ、ラボ・テューターとして、自宅や集会所などで教室を開講することができます。教室を開講する時には様々なバックアップを受けることができ、また自分のライフスタイルに合わせて教室運営ができるので有効な選択肢だといえます。

アメリカL.Aでインターンシップ(アシスタントティーチャー)を体験してみませんか?
公立小学校クラス(1年〜5年/6歳〜11歳)およびキンダーガーデン(日本の幼稚園年長クラス/5歳)、またはYMCA主催のプログラムにて、アシスタントティーチャー(補助教員)として授業に参加します。英語圏本場のアメリカでスキルUP!
【アメリカ研修(インターンシップ[アシスタントティーチャー])を詳しくみる】




たのまなの小学校英語養成インストラクター講座は当社と子どもの英語教育実績を持つラボ教育センターで研究開発された通信講座です。当講座を受講されるとラボ教育センターのカリキュラムに沿った内容で学習を進めていきます。■ラボ教育センター HPをご覧ください。


『英語と一緒にもっと大切なことも・・・』
ラボ教育センターは人と人とのコミュニケーションに必要な「言語/社会力 教育プログラム」です。
ラボ・パーティは1966年にスタートし、その教育方針は現在もしっかり根づいています。




ラボ・パーティを主宰する指導者のことを呼んでいます。
教える人としてのTeacher[先生]ではなく、「家庭的な雰囲気を大事にしながら教育活動を進めていく」という意味を込めてTutor[家庭教師]つまりラボ・テューターとよんでいます。
ラボ・パーティのラボはlanguage[言語] laboratory[研究所]の意味、とくにlaboratoryの意味をもって“子どもたちのあつまり”というpartyと結んでLaboParty(ラボ・パーティ)と固有名詞化しています。週に1度開かれるラボ教育センターの教室のことをラボ・パーティと呼んでいます。

月に一回、テューターを集めた研修会があります。ベテランのテューターから知識を習得するいい機会です。パーティを運営していて出てくる悩み・疑問点などの相談は全国にネットワークがあるラボ教育センターの担当者が親切に相談にのります。

★相談の例)
○夫の転勤のため、自身が運営するパーティを維持できなくなった
  ⇒本部から引き継ぎのテューターを派遣いたします。
○妊娠・出産のため、一時休止したい
  ⇒本部からピンチヒッターのテューターを派遣いたします。




  • お名前: 野田 知美>
  • ご職業:主婦/ラボ・テューター>
  • 家族構成:4人家族>
  • お住まいのエリア:神奈川県川崎市 在住

「出産ギリギリまでレッスンをし、出産後3ヶ月で復帰。日頃わんぱくな小学生ラボっ子(ラボ・パーティの会員)たちが、私を労って、積極的に活動するように・・・。」
出産のときはラボ・テューター休講補償制度を利用し、代行のテューターにクラスをお願いしました。自宅以外の貸会場でもレッスンをしていたので、とても助かりました。出産ギリギリまでレッスンをし、出産後3ヶ月で復帰。日頃わんぱくな小学生ラボっ子(ラボ・パーティの会員)たちが、私を労って、積極的に活動するようになり、また保護者の方から「子どもたちにとってもいい刺激になった」と言われたのは嬉しかったです。ある親御さんから、「妊婦の近くにいる経験なんてそう無いからいい体験」と前向きに言ってもらえた時は本当にやっててよかった!と思えた瞬間でした。


「おなかの中にいるときから、ずっとラボに触れていたからか、1歳半になった今では、歌を口ずさんだり踊ったりするのが非常に早いです。」
どんな仕事でも、子育てとの両立は難しく、特にこのご時世わが子を預ける施設を探すのが難しい状況です。そんな中、ラボ・テューターの仕事は自宅で出来て、毎日レッスンがあるわけではないので、産後3カ月経って完全復帰!そばにわが子を置いておんぶしながらレッスンすることもありました。おなかの中にいるときから、ずっとラボに触れていたからか、1歳半になった今では、歌を口ずさんだり踊ったりするのが非常に早いですし、まず何よりも楽しんでいることが嬉しいです。眠たくてぐずったりすると大変な時がありますが、そんな時ラボっ子たちはテューターを助けなくちゃ!と“自立心”が芽生える様です。


「近い将来、赤ちゃんグループのレッスンをやりたい!と思っています。・・・この素晴らしさと、成長の面白さを多くのママに体験して欲しい! 」
近い将来、赤ちゃんグループのレッスンをやりたい!と思っています。一カ月でも早い時期からラボに触れる事の良さを我が子で実感。赤ちゃんを持つママたちには、「まだ早い」と懸念されがちですが、実は「もう遅い」に近付いてしまっているのかも!?と感じる事さえあります。歌を歌っても本を読んでも何の反応も無い赤ちゃんの時期。しかし、それは赤ちゃんなりに蓄積している時期で、発語と同時に成果が爆発!この素晴らしさと、成長の面白さを多くのママに体験して欲しい!と思っています。



子育てをしながら仕事をするのはどんな仕事でも大変な事ですが、ラボには世界の歌や踊り、お話が揃っているので、ママの仕事が子供にプラスになることがいっぱい。「大変!」と思えば大変ですが、「楽しい!」と思いながら出来る仕事の一つであるのは確か。ましてや、自分の子供がそばに居ればなおさらですよね。いろんな年齢の子どもたちと触れ合うこともでき、保護者の方からはもちろん、ラボッ子たちからも我が子を可愛がってもらえて、まるでたくさんの兄弟がいるようなもの!とても贅沢で貴重な場だと思いますよ。




  • お名前:庵原由美子
  • ご職業:ラボ・テューター/ 幼稚園教諭
  • 家族構成:4人家族(お子様: 有 )
  • お住まいのエリア:東京都江戸川区 在住

「子どもの大好きな『ごっこ遊び』で英語と日本語の物語に親しんでいく、という考え方に深く共感しました。と同時に、自分自身も子どもにそういう場を提供したいと思いました。 」
テューターとの出会いは子どもの幼稚園でラボを導入することになり、園長先生から「庵原さん、研修に通ってテューターになったら、うちでクラスを持たない?」とお話をいただいたのがきっかけです。研修に通い、子どもの大好きな『ごっこ遊び』で英語と日本語の物語に親しんでいく、という考え方に深く共感しました。と同時に、自分自身も子どもにそういう場を提供したいと思いました。最近の子どもたちは英語の歌が好きなので歌や絵本の読み聞かせにとても喜びます。数をこなして慣れているので、子どもの集中度が違うように思います。


「“備えあれば憂い無し”頑張って時間管理し、余裕を作ることが常に課題」
また、ラボ・パーティではたくさんの年齢の子どもたちと長いスパンで接するので、大きい子達の子育てを経験したり、話を聞いたり、また幼稚園で受けるお母さま方からの相談にも「子どもの発達」という観点からお話しすることができます。大好きな子どもたちと日々過ごせるのはもちろん、自身の英語のブラッシュアップになり、『教える』立場になると、ラボ・パーティの準備や研修など、本当に一生懸命英語に取り組みます。逆に自分が教えられる側ならこんなに身につかないのではないかと思います。また、たくさんの子どもたちと向き合うことで、自分の子育てにはずいぶんと参考になりました。テューターとして、幼稚園教諭として、母として・・日々充実していますが、時には忙しさにアップアップしてしまうことも。“備えあれば憂い無し”と言いますから、頑張って時間管理し、余裕を作ることが常に課題です。


「今後の抱負は・・・海外ホームステイに出向くこと。」
今後の抱負はラボ・パーティの国際交流プログラムの引率者として海外ホームステイに出向くことです。子どもが独り立ちしたら毎夏でも行きたいくらいです。


ラボ・テューター、幼稚園教諭、母、としてやるべきことは似ているようですが細部にわたるとそれぞれ違うので「時間が足りない!」と感じるのは当然かと思います。どの分野にも余裕をもって1〜2週間のペースでできるようにTO DOリストを書き出しておくといいですね。書き出してみると、頭の中がすっきり整理できますよ!仮に出来なかったとしても「ま、いっか!」くらいのゆっくりペースでこなしてくださいね♪





ラボ小学校英語インストラクター養成講座
特集