通信講座・通信教育で資格取得、ネイル・クリスタルグルーデコ・ペット・医療・心理等なら「たのまな」

クラウドソーシングとは?

求められる人材へステップアップ! 協会認定がスキルの証

  • クラウドソーシングとは?
  • クラウドソーシング事業者について
  • WEBライティング実務士について
  • 資格取り扱い対策講座について
  • 合格者レビュー

クラウドソーシングとは?

クラウドソーシングについて

クラウドソーシングとはCrowd(群衆)と Sourcing(業務委託)を組み合わせた造語です。
仕事を発注したい企業や個人が、インターネットを通じて不特定多数の人々に仕事を依頼したりアイディアやデザインを募集したりするためのWEBサービスの名称として使われています。

米国WIRED誌のコントリビューティング・エディターであるジェフ・ハウ(Jeff Howe)氏が2006年6月に同誌「クラウドソーシングの台頭(The Rise of Crowdsourcing)」内に寄稿したブログ記事で初めて「クラウドソーシング」の定義を発表されたと言われています。

専門家や業者に仕事を依頼する従来の仕事依頼方法に対して、必ずしも専門家やプロではなく、その仕事に見合うだけの知識や技術を持った方の労働力を活用するので、仕事を依頼する側にとって、多くのメリットがあります。

また、仕事を受ける方にとっても様々な可能性があるため、フリーランスの方だけでなく、学生や主婦、ビジネスマンの登録も多く収入源として、副業として、おこづかい稼ぎの場として、仕事をしています。

海外では様々の企業がクラウドソーシングを活用しています。また日本では2009年頃からクラウドソーシングの利用が本格化したと言われています。2011年の東日本大震災以降から、場所や時間にとらわれない働き方の需要に伴い、クラウドソーシングも広がりをみせています。

自宅で好きな時間に好きなだけ仕事ができる。それがクラウドソーシングの働き方です。
自宅で好きな時間に好きなだけ仕事ができる。それがクラウドソーシング!! マンガで説明!!

クラウドソーシングの基本的な仕組み

クラウドソーシングは、簡単にいうとインターネットを活用することで、世界中の企業と個人が直接つながり、仕事の受発注を行うことができるサービスです。

発注者(仕事を依頼する人)がインターネット上のウェブサイトで受注者(仕事を受ける人)を公募して、仕事を依頼する働き方の仕組みです。発注者と実際に会って業務内容のミーティングをすることはほとんどなく、仕事の依頼から納品まですべてパソコン上で行うことができます。現在ではWEBライティングの仕事が多く、フリーランスの方も多くが登録しておりクラウドソーシングのみで生計を立てる方もいるほどです。

オンラインで直接つながりマッチング

クラウドソーシンングでの仕事は、30代女性の子育て層にも人気が出ています。またシニア層についてもクラウドソーシングの利用者は増加傾向にあるなど、幅広い性別や年齢層での利用や認知度が高まっています。

クラウドソーシングの種類

クラウドソーシングの業務は多岐にわたり、いくつかの形態に分類されており、主な種類は下記となります。

プロジェクト形式

応募してきた受注者と仕様や見積りなどを交渉したうえで最適な受注者を選んで契約する形式です。一人もしくは複数の方と契約し、案件を段階的に進めていくものです。

コンペ形式

公開した依頼に対して集まった複数の案件の中からマッチングしたものを採用する形式です。
複数のアイディアから最適なものを選びたい発注者に向いています。

マイクロタスク形式

一つの大規模な仕事を細分化・単純化することによって複数の受注者が分担して同時に作業をする形式です。例えばHPのコンテンツ作成などで記事作成が多いなどの依頼に向いています。

急成長するクラウドソーシング市場

急成長で市場が伸びている理由 国内クラウドソーシング市場規模推移と予測
  • ネット上でWebライティングやWebデザインなどの仕事を発注することで会社内にない技術を得ることができる。
  • 仕事を依頼される人は、時間や場所にとらわれず、自分のペースで、自分の好きな仕事をチョイスして働くことができる。
  • 仕事を出す側も受ける側も、相手都合に合わせなくてよい。
クラウドソーシングの中でも、特に仕事の依頼が多いのはライティングです。今後のクラウドソーシングの広がりに伴ってライティングの需要は更に増えてくることが予測されます。もちろん定年も関係なく働くことができます。
ページトップに戻る
  • クラウドソーシングとは?
  • クラウドソーシング事業者について
  • WEBライティング実務士について
  • 資格取り扱い対策講座について
  • 合格者レビュー

クラウドソーシング事業者について

様々なクラウドソーシングサイトについて

国内のクラウドソーシング市場の拡大とともに増加してきました。平成26年度で市場規模408億円のクラウドソーシング市場は、将来的に1兆円規模の市場までに成長すると言われています。ECサイトの市場規模が平成26年度には16兆円規模の市場にまで成長したことを考えるとクラウドソーシング市場も今後大きく成長する可能性を秘めています。

今後大きな発展を遂げるクラウドソーシングですが、その中でリアルワールド、ランサーズ等のクラウドソーシング事業者が、一般社団日本クラウドソーシング検定協会を設立し受注者の知識や技術の基準を定める検定を創設しました。

クラウドソーシングのメリット

インターネットを通じて自宅でもできる仕事が増えることにより、フリーランスや在宅勤務など、働き方として多様化してきました。そのひとつとしてあげられるのがクラウドソーシングを使った働き方です。企業に雇用され、決められた時間に決められた場所で勤務するスタイルではなく、自分に合った新しいスタイルで働くことができます。

受注者と受注者のメリット

クラウドソーシングを活用するうえでの受注者・発注者のメリットを挙げていきます。

受注者(仕事を受ける側)のメリット 発注者(仕事を依頼する側)のメリット
仕事を選べる クラウドソーシングならば得意な分野のみを選んで仕事を受けることもできるので、自分の強みを最大限に活かして報酬を得ることが可能です。自分のレベルが上がるとともに様々な仕事に挑戦をすることも楽しみの一つとなるでしょう。すべての作業を一人でこなすため、大きなやりがいを感じられるはずです。自分の得意な分野に特化しライティングをすすめる楽しみや未知の仕事に挑戦する喜びを得ることもできます。 業務の効率が向上する 記事作成などの時間がかかる作業をクラウドソーシングに依頼することにより作成にかかわっていた時間を営業活動や制作業務などに活用することができ、業務の効率を向上させることができる。このようにクラウドソーシングの特性を利用して双方の得意な仕事のみを任せ合えるのは、クラウドソーシングならではのメリットといえます。
好きな時間に働ける 基本的に仕事を開始する時間も終える時間も自分で決めることができます。また仕事を持った方や定期的に空き時間を確保できない方でもスキマ時間をうまく使えば収入アップも期待ができます。短い時間で完了できるマイクロタスクの案件や、アイディア募集などのコンペ形式の案件もありますので、自分のスタイルにあった働き方で仕事を選べます。 制作費用を抑えられる イレギュラーに発生した業務や月末のみ多忙になる会計処理など作業ボリュームに波がある場合、クラウドソーシングを活用することで業務をスムーズに進めることができます。コンスタントに発生する作業ではないけれど現状では人員不足だといったケースはよくあることだと思います。必要なときに必要な量だけクラウドソーシングに業務を依頼することで雇用を増やすよりも、制作費用を抑えることが可能になります。
仕事の場所を選ばない コネクションが無い、特定のクライアントもいない、それでもフリーランスの仕事を始めた。様々な事情を持った方でも仕事を得られるのがクラウドソーシングのメリットです。地方にいながら都内の仕事を受けることもでき、また外国語ができれば海外の仕事に挑戦することだってできるのがクラウドソーシングの特徴といえます。自分の能力を十分に発揮し収入を得ている方も多くいます。 作業時間の短縮ができる ひとつの作業を分担したり複数の業務を同時進行したりすることで、作業ボリュームを抑え業務時間を短縮できるのがクラウドソーシングの利点です。プロジェクトの時間を調整できる分、複数件抱えている業務をより早く対応することも可能になります。また低予算で依頼を受けた業務の対応にもクラウドソーシングを有効活用できるのではないでしょうか。
打ち合わせの手間や交通費がかからない クラウドソーシングでは実際にクライアントと会って打ち合わせすることは稀です。クライアントとはメールでのやりとりが基本になります。場合によってはチャットやSkypeで打ち合わせをするケースもありますが、打ち合わせ場所へ向かうための交通費や打ち合わせスペースの準備などの手間はかかりません。 ビジネスパートナーを探せる 実際にいくつかのプロジェクトを任せ、受注者の仕事状況を見ることができるクラウドソーシングは人材を探すためのひとつのツールとなるかもしれません。仕事を発注した人物が、安定した作業内容やビジネスマナー等で信用ができる方だった場合、長期的に業務を依頼できる心強いパートナーになることもあります。
クラウドソーシングを使うことで、時間や場所を問うことなく国内の地域や国境の垣根さえも超え、好きな時に好きな場所で仕事を受けることが可能になりました。さらに自分の得意分野のみをターゲットにして仕事を受注することもできるので、自分の価値や得意分野の権威を高めながら、新たな分野にも挑戦できます。これまでクライアントや発注元が都心部に集中し、実際に会って打ち合わせができない状況がありました。そのため、地方に住むフリーランスの方は都心部の人に比べて仕事の依頼数が少なくなってしまい活動が難しいとされてきました。しかしクラウドソーシングの広がりとともに登録者は新たな活躍の場を得ることができました。クラウドソーシングを把握し上手に活用することでご自身にあった新しい働き方を見つけることもできます。
ページトップに戻る
  • クラウドソーシングとは?
  • クラウドソーシング事業者について
  • WEBライティング実務士について
  • 資格取り扱い対策講座について
  • 合格者レビュー

WEBライティング実務士について

日本クラウドソーシング検定協会とは

クラウドソーシングを利用して仕事を受注する方の能力開発と活躍の場を広げることを目的とした、クラウドソーシング関連の事業者により設立された業界団体のことです。クラウドソーシング上で仕事をするための知識・技術のスタンダードを定めた日本初のクラウドソーシングに関する検定の運営と資格認定を行う協会です。

日本クラウドソーシング検定協会では『WEBライティング技能検定』を認定資格としてクラウドクリエイターに本検定の情報を発信し、多くのWEBライティング実務士の輩出を目指します。
※日本クラウドソーシング検定協会ではクラウドソーシングで働く方に敬意を表しクラウドクリエイターと呼ばれております。

アスキーで記事が紹介されました 日本クラウドソーシング検定協会
「WEBライティング技能検定」は、クラウドソーシングサービスを利用してWEBライティング業務を行うためのライティング技術やビジネスマナー等に関する検定試験です。 これまで、仕事を発注する側は、実際に案件を発注しないと仕事を依頼した人のスキルがわからないという問題がありましたが、資格合格することで、WEBライティングの技能やマナーの基準をクリアした人材であることを証明できます。また検定試験合格者には、各クラウドソーシングサイトで使うことができる「WEBライティング実務士」のIDが付与され、合格証・認定カードを手にできます。この合格者IDを使うことにより各クラウドソーシングサイトで様々な特典を得ることができます。

WEBライティング実務士について

WEBライティング技能検定合格証書

日本クラウドソーシング検定協会認定が運営するクラウドクリエイター資格
『WEBライティング実務士』【民間資格】

「WEBライティング技能検定」は、クラウドソーシングサービスを利用してWEBライティング業務を行うためのライティング技術やビジネスマナー等に関する検定試験です。これまで、仕事を発注する側は、実際に案件を発注しないと仕事を依頼した人のスキルがわからないという問題がありましたが、資格合格することで、WEBライティングの技能やマナーの基準をクリアした人材であることを証明できます。また検定試験合格者には、各クラウドソーシングサイトで使うことができる「WEBライティング実務士」のIDが付与され、合格証・認定カードを手にできます。この合格者IDを使うことにより各クラウドソーシングサイトで様々な特典を得ることができます。

WEBライティング技能検定特典について

WEBライティング技能検定の資格を取得することで、自分のライティング技能のスキルを明確にすることができます。そのことによりクラウドソーシングの仕事も、今よりもレベルが高く報酬の高いものや自分の得意な分野の仕事ができるようになります。更に合格者には様々なクラウドソーシングサイトで特典を受けられますので、WEBライティングでの活躍の場を広げることができます。

次のクラウドソーシングサービスの会員に登録しており、且つ『WEBライティング実務士』の資格取得者については、次の優遇を受ける事ができます。

ランサーズ株式会社 株式会社リアルワールド
Lancers(ランサーズ) CROWD(クラウド)
Lancers

2008年に設立されたクラウドソーシング事業のパイオニア企業。仕事依頼総額 680億円以上、 仕事依頼件数 83万件以上の日本最大級のクラウドソーシングプラットフォーム「ランサーズ」を運営。現在141種類の業務内容がプラットフォーム上で受発注されている。時間や場所にとらわれない新しい働き方の創造を目指している。
※数値はいずれも2015年12月時

『WEBライティング実務士』特典

クライアント向けメールマガジンにて、オススメの人材として『WEBライティング実務士』資格取得者を紹介いたします。サービス運営者である『ランサーズ』からPRすることにより、『WEBライティング実務士』資格取得者の信頼度が一層増します。結果、仕事の受注率が向上します。

CROWD

2005年に創業。創業前から構想していたクラウドソーシング事業を2008年に開始。
リアルワールドサービス全体の会員数は917万人以上、サイト上で行われた作業は5,000万件を超えている。
マイクロタスク型に特化したクラウドソーシングサイト事業運営企業。

『WEBライティング実務士』特典

毎月のランキングポイント(10位まで)を2倍付与いたします。 資格取得後1年間以内の獲得ポイントが10万円分を超えた方には、お仕事を継続していただいたボーナスとして1万円分のポイントを追加付与いたします。案件の優先配信による安定的な供給に努めます。

株式会社ウィルゲート 株式会社ちょびリッチ
サグーライティングプラチナ ちょびリッチ
サグーワークス

国内最大級の記事作成特化型クラウドソーシングサービス。
「いつでも・どこでも・誰でもできるお仕事提供サービス」を目指し、会員数も発足から2年強で10万人を超える。

『WEBライティング実務士』特典

サグーライティングプラチナの記事報酬が永久5%アップいたします。
レベルアップする度にもらえるボーナス報酬が2倍になります。(総計22万円相当)

ちょびリッチ

「ちょ びリッチ」は、会員数135万のポイントを付加価値とした、総合ショッピングモール。
提携ECサイトは500社以上。年間物流額が40億円を突破。会員は、20代〜40代 のアクティブで情報に敏感な女性が中心。

『WEBライティング技能士』特典

「ちょびリッチ」では「ちょびッとワーク」というクラウドソーシングコンテンツを運営しており、クラウドソーシング案件の受注は「ちょびッとワーク」からお申し込みください。
ちょびリッチのサイト内にある合格者ID入力ページからIDを入力していただくことで200ちょびポイントをプレゼントいたします。

『WEBライティング実務士』に合格した方には以下のような特典を受けることが可能となります。特典を実施するクラウドソーシング事業者は続々と増えていきます。ご期待ください。詳しくは以下のバナーでご覧いただけます。
上記のクラウドソーシング事業者が実施する特典サービスは急に変更となる場合がございます。最新の情報につきましては下記『WEBライティング実務士特典のご案内』よりご確認ください。

『WEBライティング実務士』特典のご案内
ページトップに戻る
  • クラウドソーシングとは?
  • クラウドソーシング事業者について
  • WEBライティング実務士について
  • 資格取り扱い対策講座について
  • 合格者レビュー

WEBライティング技能検定講座

日本クラウドソーシング検定協会の公式テキストを使用し合格を目指す講座です。
WEBライティング技能検定講座テキスト

教材について

「WEBライティング技能検定」は、クラウドソーシングサービスを利用してWEBライティング業務を行うためのライティング技術やビジネスマナー等に関する検定試験です。これまで、仕事を発注する側は、実際に案件を発注しないと仕事を依頼した人のスキルがわからないという問題がありましたが、資格合格することで、WEBライティングの技能やマナーの基準をクリアした人材であることを証明できます。また検定試験合格者には、各クラウドソーシングサイトで使うことができる「WEBライティング実務士」のIDが付与され、合格証・認定カードを手にできます。この合格者IDを使うことにより各クラウドソーシングサイトで様々な特典を得ることができます。

講座のポイント

講座のポイント
通信講座の詳細についてはコチラ
「雇用関係によらない働き手」における人材育成・教育訓練のあり方について
作家 原田まりるさんがWEBライティング技能検定を受験し合格されました!
プロのライターが受験したWEBライティング技能検定の感想が『GETNAVI』に掲載されました。
IT企業も社員教育用の研修教材として、WEBライティング技能検定講座を多数導入!!〜導入実績のご紹介〜

WEBライティング技能検定詳細について

クラウドソーシングでのWEBライティングを行うにあたり重要な内容を網羅した教材です。
講座内容は『WEBライティング技能検定講座 基礎編』、『WEBライティング技能検定 実践編』2冊の教材。
それぞれの問題集が2冊。クラウドソーシングでの業務の進め方などを記載した『付録資料 クラウドソーシング案件の手引き』等、クラウドソーシングでWEBライティングをする際に重要な情報が集約された講座です。

基礎編ではビジネスマナーや個人情報保護、セキュリティなどが、実践編では文章作成技術や検索エンジンに関する知識などが記載されています。

「WEBライティング技能検定」の試験は日本クラウドソーシング検定協会でおこなっており、試験日や受験料などの詳細については以下の表のリンクよりご確認ください。
WEBライティング実務士になって資格も知識もすべて活かせるクラウドソーシングでのお仕事を始めてみてはいかがでしょうか?

資格名称 WEBライティング技能検定【民間資格】 試験概要はこちら
受験資格 「WEBライティング技能検定講座」の受講者 協会認定教材はこちら
試験日程 毎月1回 試験日程の詳細はこちら
受験料 ¥6,000円(税込)
受験会場 在宅
試験形式 択一と記述式 問題例についてはこちら
試験内容 制限時間90分以内に基礎編25問、実践編25問、文章作成の実技試験4問を回答
合格ライン 8割以上の理解度 資格認定証についてはこちら
資格運営団体
試験に関する
お問合せ先
一般社団法人 日本クラウドソーシング検定協会(CPAJ) 協会ホームページはこちら
ページトップに戻る
  • クラウドソーシングとは?
  • クラウドソーシング事業者について
  • WEBライティング実務士について
  • 資格取り扱い対策講座について
  • 合格者レビュー

WEBライティング実務士 合格者レビュー

『WEBライティング実務士』の資格を取られた小祝可奈子さんにインタビューをしてみました♪
小祝 可奈子さん

WEBライティング技能検定、第1号合格者の小祝可奈子さんの合格者インタビューです。
以前は美容師・ヘアメイクアップアーティストとして活躍していた小祝さん。今は2児の母となり、育児や家事に追われる日々を過ごしていました。そんな中、空いた時間を使って働きたい!また社会と繋がれるよう仕事を始めたい!と思いWEBライティング技能検定に挑戦。見事合格されました。WEBライティングやクラウドソーシングの知識がなかった小祝さんが受講勉強をはじめる様子やこれから受験される方へのアドバイスも含めお話いただきました。ぜひご覧ください。

  • クラウドソーシングをやってみようとしたきっかけ
  • 教材を使って勉強開始
  • パソコンを使っての模擬試験・本試験について
  • クラウドソーシングサイトに登録
  • WEBライティング技能検定を受験して変わったこと
インタビュー記事詳細はコチラから
ページトップに戻る

関連サイト

  • 日本クラウドソーシング検定協会認定クラウドクリエイター資格
  • 日本クラウドソーシング検定協会
特集