疑問・質問は受講前にスッキリ解決!お問い合わせはお気軽に★|医療事務資格取得ならヒューマンアカデミー「たのまな」通信講座

医療事務資格Q&A

医療関連に関わるよくあるご質問をご紹介します。

医療業界のこと

医療機関は景気は関係あるんですか?

病気は景気に関係なく降りかかってくるものです。世の中の景気が悪かろうとそれで病気になる人が減るわけではないので、景気に左右される事無い業界です。

医療事務の職業は、休日はどのようになっていますか?

原則的には医療機関の休診日にあわせたお休みになります。病院はサービス業でもありますので、年末年始や、ゴールデンウィークに出勤となることもあります。
特に正社員であれば、レセプト期間と言われる月末〜翌月10日は、残業もあります。

病院と診療所の違いはなんですか?

病院の場合、外来患者数が多いため、効率よく仕事をこなす事が求められます。そのため、診療所や薬局などでの医療事務と違い、医療事務の業務内容によって分業化されています。業務は多岐に渡り、医事課や受付、外来クラークなどがあります。
反対に小さな病院や診療所は、総合病院や大学病院に比べると来院する患者数が少ないため、医療事務に関する業務も少人数でおこないます。そのため、大きな病院では受付や会計が分業されているケースがほとんどですが、小さな病院や診療所では受付から診察券の発行、カルテの発行・整理、会計業務、院長や医師の秘書業務といったことまで様々な業務を一手に引き受けます。
病院の医療事務の場合、他に比べて専門的に仕事が学びたい人がおすすめです。診療所での仕事は医療事務に関する業務を幅広く身に付けたい人にとっては非常に適した職場です。

医療事務を目指すにあたって

医療事務に向いているのはどんな人でしょうか?

医療機関といっても、現場で求められる人材は一般の企業と変わりません。正確さ、スピード、コミュニケーション能力などチームの一員として求められる力は一般の企業と同様です。
また、医療業界はサービス業とも言われており、丁寧な接客やマナーも求められます。
かつ、医療事務のお仕事は病院の経営を左右する重要な業務ですので、問題意識が高く、細かい気配りが出来る人が求められていると言えます。

医療知識は何もないのですが、医療事務になれますか?

もちろんです。たのまなの受講生様は未経験/初学者の方がほとんどです!
教材が届いてすぐの時点では、専門用語や計算式に「えぇ思ってたよりむずかしそう!」と思う方もいらっしゃいますが、進めていくうちに、実は自分の生活に関わることだということに気付くはずです。
病院に行ったことがない人はいないはずです。きちんと学ぶことが、医療事務への第一歩です♪

学習をするのに、学歴は関係ありますか?

ありません。どなたでもご受講いただけます。
ただし、専門的な用語も多く、見慣れない漢字が多く出てきます。自分で調べて読めるようになれば問題ありません。また、簡単な計算が必要になります。ですが、テキストに沿って進めていけば理解できるものです。

医療事務の資格について

どの医療事務資格を取ればいいかわかりません。

医療事務資格はすべて民間の資格となっており、名称や試験形態は違うもののその違いによって、就職や、業務に優劣がつくことはありません。
資格を選ぶときは、自分がどのような職場で働きたいか、どのような業務に就きたいか、どのレベルまで目指したいかなど総合的に判断して決めるとよいでしょう。こちらのサイトのお仕事徹底解剖ページもご参照ください。
その上で、サポートや、学習方法や目指したい資格を参考にして選ぶようにしましょう。

一番就職に有利な医療事務の資格は何ですか?

医療事務の資格は、前述のようにすべて民間の資格ですが、診療報酬請求事務能力認定試験という資格試験がございます。
こちらの試験に合格すると、国家資格のように資格を持っていることで特別な権限が与えられるものではございませんが、持っている人の実力を認定する試験となっています。
合格率3割前後の比較的難易度の高い資格になりますが、その分認知度も高いので、医療機関によっては就職に有利に働いたり、資格給として毎月の手当てが出るところもございます。
正社員での就職や、医事課のようにレセプト業務を中心に行う業務への就職を検討されていらっしゃる場合は、診療報酬請求事務能力認定試験に挑戦されることをお勧めいたします。

医科と歯科はどう違うのですか?就職にはどちらが有利ですか?

いずれの学習もレセプト業務の内容や算定方法を学んでいきますが、医科ではカルテの読み取りに必要な医学用語や、注射・投薬・検査の点数計算などを学びます。一方、歯科では歯の名称や記号などの歯科に関する知識が必要になります。
それぞれの難しさ自体はさほど変わりませんが、医科の方が広範囲な知識を求められます。
どちらが有利という言い方はできませんが、活躍フィールドの範囲が広いことや、求人数のことを考えると就職のしやすさでいえば、医科を選んでおいたほうがよいかもしれません。
歯科医院に勤務したい人は、最初から歯科を選んでおけばいいでしょう。

通信講座で取得した資格は、履歴書にかけるの?

もちろん書いていただくことができます。大事なのは、資格取得の方法や、名称ではなく、その資格を取得するためにどのような努力をしたのか、どのような気持ちで資格取得をしようと思ったのかを伝えることになります。
履歴書に記載の上、面接ではそういったことまでアピールできるように準備をしましょう!

勉強の方法について

どうやって医療事務の勉強をすればいいのかわかりません。

医療事務の学習には、大きく分けて3通りあります。
1.通学講座で学ぶ 2.専門学校に通う 3.通信講座で学ぶ
それぞれにメリット、デメリットがございますので、ご自分のライフスタイルや、予算などのご条件にあった学び方を選びましょう。
学習方法によって、就職や、取得資格に優劣が出ることはありません。自分のペースで学習したい、同じゴールを目指す仲間と学びたい、集中できる環境で学びたいなど、ご希望は一人一人違ってきますので。
資料請求をして見比べたり、説明会に参加したり、直接問い合わせたりなどして、自分にあった受講を選びましょう♪

コンピュータの勉強もした方がよいのでしょうか?

どんな学習もマイナスになることはありません。
医療の業界もIT化が進んでおり、今後も含めて現場での業務に欠かせないスキルの1つです。
実務についてから先輩や同僚から教えてもらうということも出来ますが、特に未経験の状態で就職活動をする際には他の人と差をつける強い武器となるはずです。

独学でも医療事務の資格は取得できますか?

医療事務の資格試験には、受験資格を設けていない試験も多くあります。ですから、独学で目指すことは出来ます。
しかし、市販の参考書や問題集を使うとなると「何をどうしたらいいかわからない」「何を到着点とすればいいのかわからない」といったようなことに陥りがちです。
効率よく、無駄なく学習するには講座を受けることをお勧めします。

どこの医療事務講座が一番いいですか?

もちろん「たのまな」です!と言いたいところですが、自分が納得いく講座を受講していただくことが一番です。
講座内容や、受講料金、サポート内容などを含めて「絶対資格取るぞ!」と思える講座を選びましょう。

就職にあたって

未経験でも仕事は見つかりますか?

はい、未経験でも問題ございません。ヒューマンアカデミー受講生・修了生の皆さまには、リソシア就業サポートがございます。医療・介護系業界ですと、「経験者優遇」の求人を目にすることが多いかと思いますが、リソシアで取り扱う求人の約8割が未経験可です。お仕事をしながら、スキルを身につけていただき、徐々にキャリアアップしていきましょう。

年齢が高いと不利ですか?

医療事務のお仕事は、診療報酬請求事務という専門的で、かつ医療機関の経営に関わるお業務が中心になりますので、年齢ではなく、スキルを重視して採用されます。
一般的に20歳から45歳までという求人が多いですが、医療機関によって「何を基準に採用するか」という点は異なります。
命に関わる現場ということで、若い方よりも落ち着きのある年配の方を多く採用するという医療機関もございます。

就職先は紹介してくれますか?

受講中も修了後も、ヒューマンアカデミーの受講生・修了生の就業を支援するためにヒューマン・グループの総合人材サービス会社「ヒューマンリソシア」が就業サポートを行っております。医療・業界との強いパイプとノウハウを活かし、みなさまのご活躍を全力サポートしています。就業のご意志がある方は、まずはリソシア登録を行ってください。

講座について

どの講座を受講すればいいですか?

ピッタリ講座診断や、お仕事徹底解剖ページを参考にしてみましょう!
それでも迷ったら、お問い合わせください。

「教育訓練給付制度」には対応していますか?

たのまな独自の医療事務給付制度を実施しています!
詳しくは、「たのまな医療事務給付制度のご案内」ページを見てみてください♪

資格試験は、どこで受けるんですか?

たのまなの「医療事務講座」で取得可能な「医療保険士」の試験は在宅試験になります。
「診療報酬請求事務能力認定試験」については、会場受験となり、例年全国主要都市17か所での開催となっております。

質問には回数制限があるのでしょうか?

たのまなでは「質問回数は無制限!」何度でも、納得いくまでご質問ください!

添削課題に期日はあるのでしょうか?

学習の目安のために「サポート期間」を設けておりますが、添削課題はいついつまでに出さなくてはいけないなどの決まりはありません。
学習の進捗にあわせて、ご自分のペースに合わせてご提出ください。

在籍期間が過ぎても学習が終わらなかったらどうなるのでしょうか?

「無料サポート期間延長制度」があるので、ご安心ください。

講座料金、お支払い方法、返品について

割引などの サポート制度はありますか?

『たのまな』では、ある一定の条件を満たされているとお得な割引制度を利用し講座のお申し込みができます。
■継続割引サポート
第一歩を踏み出し輝き出した受講生・修了生様のさらなるスキルアップやキャリアアップを応援させていただくサポート制度です。
◇通学講座入学金OFF
※¥30,000-以上の通信講座をお申し込み頂いた受講生・修了生様限定
◇通信講座10%OFF
※条件なし

■お友達・ご家族紹介割引サポート
『 たの まな』で学ぶ受講生・修了生様だけではなく、お友達やご家族の方、周りの方とともに輝き続けてほしい、そしてその喜びを共有していただきたいと願いを込めたサポート制度です。
◇通学講座入学金OFF
◇通信講座10%OFF
◎ ご紹介くださった受講生・修了生様には・・・
『たのまな』DVDレッスンからお好きなDVD1本、または『たのまな』必勝キューピーをプレゼント!!

■セット割引サポート
第一歩を踏み出す方の大きな可能性を育てるお手伝いがしたい、と思いサポート制度を作りました。
◇通信講座2講座目以降10%OFF

■ペア割引サポート
◇お友達やご家族など2名様以上で同時受講申込の場合、お2人とも10%OFF

※講座1個につき適応できるサポートは1つです。
お申し込み確認後 、一番お得となる割引サポートを適応いたしますので、ご安心ください。

上記、3つの割引サポートをご用意しております。
詳しくは『たのまな』割引サポート制度をご参照ください。

割引対象ですが、申込画面には割引の額が表示されないのですが、大丈夫ですか?

お申込画面には割引後の金額が表示されません。
お申し込み直後に「注文確認」のメールが自動配信されますが、ヒューマン通信教育センターから改めて割引処理したお支払金額、ご注文内容などの確認のメールをお送りいたしますのでご安心下さい。
(土日/祝日にご注文いただいたお客様に関しましては、翌営業日に返信いたします。)

受講料のほかに追加料金がかかることはありませんか?

最初にお知らせする講座料金以外に必要な受講料金は、郵便で添削課題や質問票を郵送する郵便代のみです。
ただし、講座によっては修了後に「講習会」や「実務研修」等の有料サービスを希望者の方のみおこなっている場合があります。また、資格試験をご受験される場合は、実施団体へ支払う受験料が必要となります。
講座に関連する資格試験の受験方法等は、教材に同梱された「受験の手引き」を参考にして試験日や受験料などをご確認ください。

受講料の分割支払いは可能ですか?

『たのまな』には5通りのお支払方法があり、分割できるのはクレジットカードか教育ローンになります。

□クレジットカード(一括・分割)
□教育ローン(分割)
□銀行振込(一括)
□コンビニエンスストア(一括)
□代金引換(一括)

詳しくは 「お申し込み方法」 をご参照ください。

クレジットカードで購入しようとしてもエラーが出て利用できません。なぜでしょうか?

クレジット カード決済のエラーにつきましては、大きく分けて2つのパターンがあります。
(1)決済選択時のエラー
クレジットカードのご入力内容に誤りがある場合にエラーとなります。
※カード会社・名義人・番号・分割回数・有効期限を再度ご確認ください。
※カードの期限の「月」と「年」の入れ間違いが多いようです。
(2)購入完了時のエラー
購入完了時にエラーが発生する場合、クレジットカードの与信等何らかの理由によりエラーがでてます。
詳細につきましては、直接カード会社にご確認ください。
※クレジットカード決済でエラーが出てきた時は、「入力した情報のご確認」か「他のカードのご利用」をお願いいたします。使用できないカードにつきましては、直接カード会社にお問い合わせください。

オリコローンを申込したのですが、URLが送られてきません。どうしてでしょうか?

当校からお送りしたメールが受信できない可能性があります。
携帯電話をご利用の際にはathuman.comドメインの「たのまな」からメールが届くように受信設定の変更をお願い致します。
※メールが届かないなどご不明な点はご遠慮なくご連絡下さい。(0800-111-4959またはtanomana@athuman.com)

配送料はかかるのでしょうか?(海外発送含む)

全国どの地域へも無料とさせていただいております。
また、転送コムを通じて、海外在住者も通信講座をご受講いただけます。
教材は転送コムを通じて発送いたします。海外発送料金は、別途転送コムにお支払下さい。

■海外発送 お申込手順
・事前に転送コム無料会員登録にて、会員登録を行って下さい。
・受講料のお支払いはクレジットカードのみ対応いたします。
・転送コムより取得した送付先住所(日本国内)を、発送先に入力して下さい。
「お届け先選択」で「別の住所へ送る(1か所)」を選択して下さい。
(送付先住所例) 東京都品川区○○○*-**-** TS***** (*は数字等が入ります)
・日本国内の転送コム倉庫に教材を発送します。到着後、転送コムからご利用料金をお知らせします。
・転送コムにてお支払手続き完了後、教材を海外へ発送いたします。

■教材到着後(質問・添削課題)
・学習のご質問は、メールのみ承ります。
・添削課題の提出は、ご自身にてお願いいたします。
・提出された添削課題は、転送コムを経由して返送いたします(一回の返送ごとに海外発送料が必要になります)。

※海外発送料は、荷物の重量・お届け先によって変動いたします。転送コムにてお見積できます。
※重量は解答用紙の枚数・テキストなど、封入物により変動いたします。
※お届け先にて、関税・消費税が必要になる場合がございます。

消費税は講座料金に含まれているのでしょうか?

各講座、商品の価格にすべて含まれております。

領収書は発行してもらえるのでしょうか?

はい。ご希望の方には発行させていただきます。
領収書の発行をご希望される方は、ご注文画面内に表示される「ご要望等がありましたらご記入下さい」の入力フォームに次の例のように必要事項をご入力ください。

■ 宛名:たのまな 花子 様
■ 但書:通信教育代

※特にご指定がない場合は、領収証の但し書きに『通信教育代』と記載させていただきます。
但し書きの記載内容については、ご希望に添えない場合もございますのでご了承ください。

教材や商品は交換や返品はできるのでしょうか?

お受け取りされた教材や商品をご確認された 後、返品をご希望された場合は開封される前でしたら、商品到着後8日以内であればご返品できます。(返送する送料のみご負担いただきます。)
また万一、教材・商品に汚損・破損・乱丁・落丁等があった場合には、速やかにお取り替えいたします。(もちろん返送する送料は当社負担とさせていただきます)
詳しくは 「お申し込み方法」をご参照ください。

無料資料請求メールでお問い合わせお電話でのお問い合わせ 0800-111-4959(フリーコール)