トップクラスのネイリスト向け!ネイリスト技能検定試験1級とは|通信教育・通信講座のたのまな

コラム
01ネイリスト技能検定試験1級について

全国にネイルサロンがオープンし、多くの人がネイリストとして活躍しています。 ネイルサロンの開業はもちろん、ネイリストとして就職する際にも、プロとしての知識と技術が備わっているのかどうかを見るために、資格の有無は重視されるようになっています。
ここでは、ネイリストの資格試験の中でも上級者向けである「ネイリスト技能検定試験1級」の内容についてご紹介します。

ネイリスト技能検定試験について

ネイリスト技能検定試験について

まず、ネイリスト技能検定試験とはどんな試験なのかについて見ていきましょう。

目的と実績
ネイリスト技能検定試験は、国際的に活躍することのできるネイリストの育成を目的として実施されている資格試験で、ネイル業界で最も権威があるとされています。
プロのネイリストとして、正しい知識とスキルの向上を目指すことができる、実践的な検定試験でもあります。試験は1級から3級まで分かれており、飛び級なしで受験していくことになります。
1997年からスタートしたネイリスト技能検定試験は、2017年12月時点で受験者数の累計は約76万4,000人、有資格者は約46万人となっています。

実施機関
ネイリスト技能検定試験の実施機関は、公益財団法人日本ネイリスト検定試験センター(JNEC)です。2012年7月に内閣総理大臣から公益財団法人として認定されています。

ネイリスト技能検定試験1級の概要

ここからは、ネイリスト技能検定試験1級について、詳しく見ていきます。試験勉強をスタートするまえに、どんな知識と技術が求められるのか、 また受験資格やスケジュール、筆記試験の免除制度などについても確認しておきましょう。

求められる技術と知識
ネイリスト技能検定試験は1級から3級まで分かれており、最高レベルの1級は、トップクラスのネイリストとして求められる、総合的な知識と技術を備えているかどうか見られます。
特に、実技試験が難しく、「ネイルイクステンション」では「スカルプチュアネイル」と「チップ&オーバ―レイ」の2種、「ネイルアート」ではメインアートを3Dアートとする「ミックスメディアアート」の技術が審査されます。

受験資格
ネイリスト技能検定試験は飛び級なしの受験となるため、1級の受験資格は「ネイリスト技能検定試験2級取得者のみ」となります。2つの試験を同時に受験することはできません。
また、いずれの級も、試験当日に実技試験のモデルが必要になります。モデルは男女不問で、15歳以上の人に限ります。実技試験は2時間半にわたる長丁場になるため、当日のスケジュールに支障のない、協力的な人に依頼するようにしましょう。

受験料
ネイリスト技能検定試験1級の受験料は、消費税込みで11,000円です。Web申込みの場合、支払い方法はクレジットカード決済かコンビニ決済で、ほかに郵便振込用紙による申込みも可能です。
申込み後に受験をキャンセルしたり、受験級や会場の変更をしたりすることはできないため、注意しましょう。また、試験施行の中止以外の理由では、受験料の返金はありません。

受験日程と試験会場は?
ネイリスト技能検定試験1級は、春期(4月)と秋期(10月)の年2回開催となっています。合格発表は開催月の翌月になります。
1級の試験の所要時間は、出席確認と事前審査10分、実技試験150分、実技審査60分、筆記試験準備及び筆記試験で55分、計約4時間半の長丁場です。

試験会場は1級から3級いずれも、札幌・盛岡・仙台・東京・名古屋・新潟・金沢・大阪・広島・高松・福岡・沖縄の12会場が用意されています。

筆記試験免除について
ネイリスト技能検定試験には、筆記試験の免除制度があります。前回の試験結果が「筆記のみ合格」だった場合、次の試験で同じ級を受験する際に筆記試験が免除されるというものです。
該当者は申込みの際、筆記試験免除記入欄に、前回の受験番号を記入します。また、筆記試験免除受験者に対しての割引きや返金制度はありません。

ネイリスト技能検定試験1級の試験内容

ネイリスト技能検定試験1級は、筆記・実技それぞれどんな試験内容になっているのでしょうか?
また、合格基準や気になる実技の採点方法を確認しておくことも大切です。2017年度秋期の試験内容を参考に、それぞれ簡単に紹介していきます。

筆記試験・実技試験の内容
ネイリスト技能検定試験1級の筆記・実技試験それぞれの試験内容は次のようになっています。

<筆記試験の内容>
筆記試験の所要時間は40分です。択一問題のマークシート形式となっています。おもな出題内容としては、次のとおりです。

・ネイルの歴史
・衛生と消毒
・化粧品学(材料、内容成分、効果等)
・爪の構造(皮膚科学)
・爪の病気とトラブル(爪の生理解剖学)
・ネイルケアの手順
・イクステンションの手順
・その他、実践的施術全般
・プロフェッショナリズム など

いずれもプロフェッショナルのネイリストに求められる、高い知識が必要になります。

<実技試験の内容>
1級の実技試験は、事前審査に10分、本試験に150分を要します。まず事前審査では、次の3項目が審査対象とされています。

・テーブルセッティングと消毒管理
・モデルの爪の状態
・ミックスメディアアート用のチップの状態

そして本試験では、次の実技が審査されます

・ネイルイクステンション:スカルプチュアネイル、チップ&オーバーレイ
・ネイルアート:ミックスメディアアート

3D制作も含まれるネイルアートは、実際のネイルサロンでの需要を考えると必要性は低いと思われるかもしれません。 しかし、総合的なスキルが必要となる、トップレベルのネイリストを目指すのであれば必須スキルであるともいわれています。 トップレベルの技術を備えたネイリストだけが、ネイリスト技能検定試験1級に合格できるということです。

合格基準・実技採点方法は?
ネイリスト技能検定試験1級の合格基準や、特に難関とされる実技試験の採点基準を見ていきましょう。

<合格ライン>
試験それぞれの合格ラインは次のようになっています。

・筆記試験:100点満点中80点以上
・実技試験:50点満点中38点以上

<実技の採点方法>
50点満点の実技試験は、以下の10項目をそれぞれ5点満点で採点していきます。

・スタイリング(スクエア・オフ)
・ハイポイントの位置
・フリーエッジの長さ、厚みの均一性
・強度と耐久性
・Cカーブ20〜30%
・キューティクルラインのスムーズさ
・表面の仕上がり、光沢・気泡の状態
・チップの装着状態(チップオーバーレイ、ミックスメディアアートを含む)
・イクステンションTOTAL
・ミックスメディアアート

1級では作業工程は見られず、仕上がりで判定されます。詳しい減点対象や失格対象についても、 事前に日本ネイリスト検定試験センターが試験要項で案内しているため、しっかり確認しておくことが大切です。

合格した場合のメリットは?
ネイリスト技能検定試験1級に合格することで、どんなメリットが得られるのでしょうか?

1級取得者はプロフェッショナルのネイリストとして認められるため、ネイルサロンへの就職に困ることはなくなるでしょう。 ネイルサロンによっては、1級合格者のネイリストだけを採用する方針のところもあります。
しかし、1級で審査されるスキルはネイリストとしてはプラスアルファのものです。 ネイリストは、ネイルサロンにおける経験値が何よりも重視される仕事であるため、現場での仕事が未経験である場合は、2級と同等のスキルとして見られるケースもあるようです。

試験勉強に役立つ通信たのまなの講座

ネイリスト技能検定試験1級に確実に合格するためには、的確な試験対策が必要です。 高い技術が求められるため、通信講座のみでの合格は難しく、通学で学習することが合格の近道となります。
たのまな講座「ネイル検定パーフェクトコース」では、プロのネイリストに求められる知識と技術を学ぶことができる、 1級合格に向けたカリキュラムを用意しています。1級のコースでは実技試験対策として、全国30ヵ所のヒューマンアカデミー校舎で、プロの講師からの指導を受けることができます。
講師からの直接の指導を受けることで、1級合格に向けて着実に知識と技術を身に付けることができるでしょう。

ネイルの通信講座のコラム|通信教育・通信講座のたのまな
  • 資料請求はこちら!
  • ご質問・気になること、何でもお気軽にお問い合わせください

ネイルの通信講座のコラム | ネイルの通信講座に関してのコラムは、ネイリストを目指すにあたってJNEC、JNA資格の取得、セルフケアやジェルの扱い方、サロン開業を目指すにあたって気になることなどを解決致します。