ジェルネイルの技術を証明するJNAジェルネイル技能検定試験とは|通信教育・通信講座のたのまな

ネイルの通信講座・通信教育トップ > ネイルのコラム一覧ページ > JNAジェルネイル技能検定試験について
コラム
01JNAジェルネイル技能検定試験について

ネイルサロンのメニューの多くがジェルネイルとなっている今、安全で高い技術のジェルネイルの施術が求められています。 NPO法人日本ネイリスト協会(JNA)が実施する「JNAジェルネイル技能検定試験」は、取得することでプロのネイリストとして、ジェルネイルの正しい知識と安全且つ高度な技術を備えていることを証明することができる検定試験です。
ここでは、JNAジェルネイル技能検定試験がどんな試験なのか、初級・中級・上級それぞれのポイントとともにご紹介します。

JNAジェルネイル技能検定試験について

JNAジェルネイル技能検定試験について

まずは、JNAジェルネイル技能検定試験の実施団体や、検定試験の目的について見ていきましょう。また、例年の試験日やスケジュールを参考に、日程についてもご紹介します。

実施団体と目的
日本ネイリスト協会は、1985年に設立された歴史ある団体です。ネイルに関するスキルの研修や検定試験による資格認定などの事業を通して、 健全で誰もが楽しむことができるネイルの普及や、ネイリストの人材育成を行っています。
JNAジェルネイル技能検定試験は、「お客様が安心して施術を受けられる健全なジェルネイルの普及を目的」に実施されている試験です。

試験日とスケジュール
JNAジェルネイル技能検定試験は、初級・中級・上級の3つのレベルに分かれています。受けるレベルによって試験日が異なる場合もあるため、よく確認しておきましょう。
試験は夏期と冬期の年2回となっており、JNAジェルネイル技能検定試験の公式サイトから都度発表があります。
申込みは、試験日の4ヵ月ほどまえからスタートし、申込み期間は1ヵ月半程度となっています。試験日の翌月に合格発表があり、合格者には合格証と資格バッジが渡されます。

JNAジェルネイル技能検定試験 各級の概要

ここからは、JNAジェルネイル技能検定試験の初級・中級・上級それぞれの概要を見ていきましょう。 各レベルによって求められる知識や技術の難度や試験内容はもちろん、受験料などについても異なるため、よく確認して申し込むことが大切です。

JNAジェルネイル技能検定初級試験
JNAジェルネイル技能検定試験の初級の基準は、「ネイルケアのベーシックマスターとジェルネイルを施術するために必要な基礎的知識と技術の修得」となっています。
ネイルケア及びジェルネイルの基本をマスターすることが目的といえるでしょう。

■受験資格
初級の受験資格は、義務教育を修了していることです。日本国内に受験票の送付先住所があり、義務教育修了者であれば誰でも受験が可能です。
また、実技試験のために15歳以上のモデルが必要になります。試験日当日のスケジュールに問題がないか確認し、依頼するようにしましょう。

■受験料
初級の受験料は9,720円(税込)となっています。コンビニ決済かクレジットカード決済が可能です。 申込み後のキャンセルや変更、試験中止以外の理由による返金はできないため、よく確認してから申し込むようにしましょう。
また、一部の試験免除者であっても、受験料割引の制度はありません。

■難度
JNAジェルネイル技能検定試験初級の難度としては、ネイリスト技能検定の3級と同じくらいとされています。
筆記試験では、ネイル及びジェルネイルに関する基本的な知識、実技試験ではネイルケアとジェルネイルの基本技術が見られ、 応用的な技術は求められません。まずは基本をしっかり押さえるところからスタートしましょう。

■試験内容
初級は筆記試験(30分)と実技試験(第1課題35分、第2課題60分)に分かれています。合格点は筆記、実技試験ともに、100点満点中80点以上です。
筆記試験はマークシート形式になっており、出題内容は次のとおりです。

・ネイルに関する基礎知識:衛生と消毒・爪の構造(皮膚科学)・爪の病気とトラブル(爪の生理解剖学)・ネイルケア及びジェルネイルの手順
・ジェルネイルに関する基礎知識

実技試験はテーブルセッティングなどの事前審査と、第1課題、インターバルを挟んだ第2課題に分かれています。内容は次のとおりです。

・第1課題:ネイルケア(両手10本)
・第2課題:ポリッシュカラーリング(左手5本)、ジェルカラーリング(右手5本)、ジェルアート(右手中指)ピーコック

指定カラーや使用できる用具・用材、採点方法などについても、JNAジェルネイル技能検定試験の案内から事前に確認することができます。

JNAジェルネイル技能検定中級試験
JNAジェルネイル技能検定試験の中級の基準は、「ネイルケアとジェルネイルを施術するためにプロとしてサロンワークに必要な専門的知識と技術の修得」となります。
初級と比較して、より専門的な知識と技術が求められるようになっています。

■受験資格
中級は、JNAジェルネイル技能検定試験の初級取得者が受験することができます。飛び級はできません。

■受験料
中級の受験料は、12,960円(税込)です。初級と同様に、申込み後のキャンセルや変更、個人的な理由による返金制度などは設けられていません。

■難度
初級と比較してより専門的な内容になっている中級は、難度も高くなっています。 第1課題では初級と同じくネイルケアを行ったあとにカラーリングも行うため、スピーディーな処理が求められます。
また、第2課題では、ジェルグラデーションやジェルイクステンション(クリアスカルプチュア)といった、ジェルネイルの高いスキルが審査されるため、しっかりと練習をしておきましょう。

■試験内容
中級は筆記試験(30分)と実技試験(第1課題30分、第2課題85分)に分かれています。合格点は筆記試験は100点満点中80点以上、実技試験は、100点満点中70点以上です。
筆記試験はマークシート形式で、出題内容は次のとおりです。

・ネイルに関する基礎知識:衛生と消毒・爪の構造(皮膚科学)・爪の病気とトラブル(爪の生理解剖学)・ネイルケア、ジェルネイルの手順・その他実践的施術全般・プロフェッショナリズム など
・ジェルネイルに関する基礎知識及び理論

実技試験は、テーブルセッティングやモデルの爪状態のチェックといった事前審査と、第1課題、インターバルを挟んだ第2課題に分かれています。内容は次のとおりです。

・第1課題:ネイルケア及びカラーリング(左手5本)
・第2課題:ジェルオフ(右手5本)、ジェルグラデーション(中指を除く右手4本)、ジェルイクステンション(クリアスカルプチュア)(右手中指)、ポリッシュオフ(左手5本) 、ジェルフレンチカラーリング(左手5本)、ピーコック

初級と同じく、指定カラーや使用できる用具や用材、採点基準などに関して、JNAジェルネイル技能検定試験の案内から事前確認ができます。

JNAジェルネイル技能検定上級試験
JNAジェルネイル技能検定試験の上級は「ジェルネイルのスペシャリストとして必要とされる総合的知識と技術の修得」が基準になっています。
3つのレベルのうち最も高い知識と技術が必要となる試験になります。

■受験資格
上級の受験資格を持つのは、中級合格者のみとなります。

■受験料
上級の受験料は、16,200円(税込)です。他の試験と同じく、申込み後のキャンセルや変更、個人的な理由による返金制度などは設けられていません。

■難度
初級・中級とは異なり、上級は実技試験のみとなります。 ジェルネイルのスペシャリストとして、合格のためには非常に高い技術とテクニックが必要になります。
施術するイクステンションの種類も多いため、正確さと速さ、そしてデザイン力も求められるといえるでしょう。

■試験内容
上級は実技試験のみで、試験時間は85分です。合格点は、100点満点中70点以上です。 実技試験の課題は、手指消毒後に、指定される5本の指それぞれにイクステンションを施していきます。

・ジェルクリアスカルプチュア(右手人差指・中指)
・ジェルチップオーバーレイ+指定されたテーマに沿ったデザイン(右手薬指)
・ジェルチップオーバーレイ(左手中指)
・ジェルチップオーバーレイ+フレンチルック(左手薬指)

免除制度について

JNAジェルネイル技能検定試験には、日本ネイリスト検定試験センター主催のネイリスト技能検定試験とあわせて受験する人もいることから、一部の試験に免除制度があります。 初級及び中級の受験者で、次の条件にあてはまる方は、実技試験第1課題の「ネイルケア」が免除されます。

・初級:ネイリスト技能検定試験の3級以上の資格取得者
・中級:ネイリスト技能検定試験の2級以上の資格取得者

免除を適用したい場合は、申込みの際に、ネイリスト技能検定試験の合格認定番号を入力します。複数の級に合格しているのであれば、最上位級の認定番号を入力しましょう。

また、初級及び中級の受験者で、前回の試験で筆記試験のみ合格している人は、筆記試験が免除されます。

JNAジェルネイル技能検定試験の対策は通信講座の活用がおすすめ

以上、JNAジェルネイル技能検定試験の概要についてご紹介しました。
いずれの級も、出題内容に沿った知識と、制限時間内に正確にネイリングを施すことができる技術が求められます。そのため、JNAジェルネイル技能検定試験の試験対策に特化したスクールや通信講座の受講がおすすめです。

たのまな講座「ジェルネイル検定(初・中・上級)コース」では、それぞれの試験レベルに応じた、合格に向けてのサポートを行っています。 全国のヒューマンアカデミー校舎では、JNAジェルネイル技能検定試験対策の授業を行っており、合格のためのポイントを講師から学ぶことができます。 また、ネイリストとしての就職支援も行っており、合格後のサポートも充実しています。

ネイルの通信講座のコラム|通信教育・通信講座のたのまな
  • 資料請求はこちら!
  • ご質問・気になること、何でもお気軽にお問い合わせください

ネイルの通信講座のコラム | ネイルの通信講座に関してのコラムは、ネイリストを目指すにあたってJNEC、JNA資格の取得、セルフケアやジェルの扱い方、サロン開業を目指すにあたって気になることなどを解決致します。