ドッグトレーナーの仕事内容を知りたい!|未経験からペットのプロ&資格取得を目指す!通信講座 ヒューマンアカデミー 「たのまな」

14ドッグトレーナーの仕事内容を知りたい!

ドッグトレーナーの仕事内容は犬の問題行動を解消して、基本的な動作をしつけることです。ドッグトレーナーという仕事は、非常にやりがいがあり、男性、女性問わず人気のある職業となります。日本の住宅事情では、ペットによる住宅トラブルが多く発生する可能性があります。無駄吠えの多い犬については、飼い主さん以上に、近隣の住民へ大きなストレスを与えかねません。飼い犬と快適に過ごしていくためには、犬に適切なしつけを行い、生活におけるルールを覚えさせることが重要となってきます。犬をはじめとするペットたちは、言葉が通じないがゆえに、間違ったしつけとなってしまっていることが多いです。きちんとした知識に基づき、ペットに合わせた適切な教育が必要です。また、無駄吠えや、甘噛みなどの問題行動はペットからのSOSである場合も多く、ペットである犬を理解しストレスを解消させていくことが大切です。

ペットの問題行動が続くことで、マンションに住む人とコミュニケーションをとることが難しくなってしまう、周囲の目を気にするあまりに飼い主さんのストレスを増して、ペットへの愛情を失わせる結果となってしまうという悲劇を起さないためにも、ドッグトレーナーによる支援は急務となっています。

ドッグトレーナーの基本的な仕事内容

ドッグトレーナーの仕事は、飼い主さんからの依頼で始まります。子犬の頃から始める基本的なマナーとルールのしつけだけでなく、成犬になってからのトラブルや問題行動の解消など扱う場合もあり、仕事内容も犬の状態もそれぞれに違います。
ドッグトレーナーは担当する前に、犬の状態から、どんな行動が問題となっているのか、飼い主さんがどこまでのしつけを期待しているか、普段の生活環境、犬と飼い主さんの関係性などを正確に把握していかなければいけません。その後にヒアリング項目に基づきそれぞれの犬に合った、しつけ方法を試していきます。それぞれの犬に合った、しつけ方法を見つけていくことがドッグトレーナーの仕事となります。
一方で、飼い主さんがペットの犬に対する関わり方も重要なものとなります。プロフェッショナルであり、技術を持ったドッグトレーナーが犬をしつけて、言うことを聞かせるだけでは本当の目的の達成にはなりません。それぞれの犬が家庭の中で家族と快適に共存することが最終目標となります。ドッグトレーナーの仕事内容には、飼い主さん自身に飼い犬をきちんとしつける方法を指導していくことも含まれています。飼い主さん自身で飼い犬をコントロールしていくことで、初めてトレーニングの目的が達成されます。
また、しつけに対する飼い主さんと共通理解を得ることも必要です。トレーナーのしつけ方と飼い主さんのしつけ方がバラバラでは、犬が戸惑い、しつけの効果が思うように出せなくなってしまうからです。ドッグトレーナーの仕事内容は地道なものになりますが、行ったトレーニングによって多くの飼い主さん、ペットたちが幸せになる仕事です。

ドッグトレーナーの活躍の場

仕事内容の次に、ドッグトレーナーの活躍の場についてお話していきます。ドッグトレーナーの就職先、または独立開業をする時の選択肢として、ペットブームとともに徐々に話題を集め始めたドッグトレーニングの教室があります。ドッグトレーニングスクール、しつけ教室などの名前で開講しており、さまざまな目的を持ったトレーニングが行われています。犬のトレーニングには、家庭の中で飼われるためのマナー、しつけだけでなく、ショーやアジリティなどの競技会への出場、ドッグスポーツへの参加などの目的のものもあります。基本的なスクールのトレーナーでは、飼い主さんから一時預かったり、飼い主さんと共にトレーニングを行ったりすることになる為、飼い主さんとのコミュニケーションも必要となります。教室に通ってくる犬を預かってトレーニングを行うスクールでは、犬のしつけだけでなく、送迎なども仕事内容に含まれていることがあります。

訪問型のドッグトレーナーになる

訪問型のドッグトレーナーは、広いスペースを独自に持つ必要がないため、独立起業もしやすいでしょう。とはいえ、自宅でトレーナーを迎え入れてトレーニングをしていくため、信頼関係を築く必要性が高く、クチコミや知人の紹介などで顧客の幅を広げていくことが重要です。また、移動時間がかかり、それぞれの家で個々に対応することになるため、一度に多頭のトレーニングが可能な教室型に比べて、収入の確保が難しいこともあります。訪問型では、各家庭を訪問して、自宅や日常の散歩コースなどを利用してトレーニングを行います。家庭で飼うために必要な基本的なトレーニングが主となります。生活空間でトレーニングを行うと同時に、トイレトレーニングやお散歩するなど飼い主のしつけ指導を行います。

ドッグパークでのトレーニング

ドッグトレーナーの仕事には、飼い主さんから犬を預かってしつけ、トレーニングを行う他にも、ドッグショーやふれあい型のテーマパークで飼育されている犬のトレーナーという仕事内容もあります。ショーなどのプロを育てるトレーナーとして、また、ショーのハンドラーとしての仕事などもあります。その反面、グルーミングやゲージの清掃など総合的に世話と管理を行うため、幅の広いスキルが問われます。ドッグトレーナーの他にハンドラーとしての技術や資格も求められることもあります。

ドッグトレーナーの仕事内容は、それぞれの職場によっても大きく変わることがあります。基本的な仕事内容は犬のトレーニングですが、飼い主さんが犬に何を求めているかによって訓練する内容も変わります。ドッグスクールは主に家庭内で生活するにあたって必要なしつけを行っている所が多いですが、ショーなどに出場する為のトレーニングを行っている場所もあります。ですので、就職時に自分の目指す方向と仕事内容があっているかを確認しておかなければいけません。ドッグトレーナーの仕事内容は幅広く、様々な場が用意されておりますので、資格を生かし活躍を目指していきましょう。

コラム一覧

ドッグトレーナーの仕事内容は子犬などにしつけだけでなく無駄吠え、噛み癖などペットの問題行動の解消を行います。飼育アドバイスを行うことで飼い主との信頼関係も重要となります。