ペットのトレーナーの仕事の種類|未経験からペットのプロ&資格取得を目指す!通信講座 ヒューマンアカデミー 「たのまな」

19ペットのトレーナーの仕事の種類

最近、飼い犬の正しいしつけ方や飼い方の指導を行う、しつけ教室やトレーニングスクールが人気を集めています。ドッグカフェやトリミングサロンと提携したイベントを行っていることも多く、ペットを飼っている人であれば一度は耳にしたことのある人も多いのではないでしょうか。ペットトレーナーとは、ペットが人間と心地よく暮らすためのルールを教える職業です。それぞれの犬には個性があり、また生活環境や飼い主の性格も異なります。ペットにルールを教えていくにはそれぞれの犬に合った方法で指導を行わなければいけません。ペットトレーナーは飼い主と犬とに向き合いつつ、それぞれの犬に合った最適な方法を模索していかなければなりません。言葉を話せないペットと飼い主を繋ぐ懸け橋として、非常に意義のある職業となります。

ドッグトレーナーの仕事

ペットのトレーナーの中でも特に需要が高いのがドッグトレーナーです。ペットを飼うためには、ペットとの生活を快適にするためにいろいろなルールを教える必要があります。近年小型犬の需要が急速に増え、ペットを室内で飼育することが多くなってきています。室内でペットを飼うためには、トイレや散歩、留守番などのルールをしっかりと教えていかなければなりません。とはいえ、初めて犬を飼う人にとって動物のしつけは予想以上に難しいのが実情です。
ひとつ間違えると飼い主の言うことを聞かずに、勝手な行動をして、周囲の人に迷惑をかけたり、最悪の場合には怪我をさせたりする危険性もあるものです。ドッグトレーナーは、こうしたリスクを減らして、大切なパートナーとしての犬の持つ魅力、能力を引き出すお手伝いをします。マテ、フセなどの訓練だけでなく、トイレのしつけや散歩のさせ方など生活の初歩的な動作のトレーニングも行います。

ドッグのトレーナーとして必要なこと

ドッグトレーナーとしては、技術や知識を学ぶことだけでなく、生き物としての共感と愛情を持っていることも大切なことです。トレーニングの成果としては、しつけのノウハウやどれだけレベルの高い技をできるようになれるかといった部分に重心を置きがちですが、深い愛情を持って根気よく楽しみながらする方法こそがドッグトレーナーの職業の大切なポイントとなります。早く成果を出して、問題行動を抑えたいと思うことも当然ですが、トレーニングでは根気よくペットと向き合う姿勢が必要です。真摯に、ペットと向き合っていくことで様々な発見があり、多くの発見を重ねることでよりペットに適したしつけを行うことが可能となります。
飼い主にペットとの向き合い方を示すこともドッグのトレーナーの大きな役割となります。しつけやトレーニングのやり方を教えるとともに、ペットへの愛情のかけ方を伝えることでペットとの生活がより充実したものとなります。

ドッグトレーナーは飼い犬トレーニングだけでなく、警察犬や盲導犬、災害救助犬など特別な任務を持つ使役犬の訓練等を行うこともあります。ドッグトレーナーとしての活躍の場は幅広く、企業に所属するか、独立した運営を行うか、またどのようなスタイルでトレーニングを行っていくかで収入面でも異なります。

ペットに関連する職業の中でもドッグトレーナーは、ペットと向き合う機会が多く、仕事を行う中で、ペットの感情を読み取ることができるようになり、ますます動物が好きになれる職業であるといえるでしょう。やりがいも大きく、フリーランス等で働いていくことでマイペースな仕事を行うことも可能ですので、生涯にわたり活躍できる職業であるといえるでしょう。

トレーナーに関連した講座も多く、取得する資格によって活躍の場も異なりますので、将来どのような働き方をしたいかをイメージしながら勉強をしていくことが大切です。

コラム一覧

ペットのトレーナーの仕事は、ドッグトレーナーを始め、様々ものがあります。取り扱う犬や猫の特性や生体の知識などを身につけて、専門家としての腕を磨かなければいけません。