通信講座・通信教育で資格取得、マクロビオティックA級プログラムは「たのまな」

注目の「マクロビオティック」の基礎と専門課程を段階的に学べます

マクロビオティックA級プログラム
マクロビオティックS級プログラム

一括払い 各248,400円(税込)

詳細

月々7,800円~

クチコミ

印部分をクリックまたは、タップいただくとクチコミの内容が表示されます。

  • 講座概要
  • 費用詳細
  • 学習の進め方
  • 教材について

講座概要

「マクロビオティック」は日本発祥の食の哲学

>講座概要

マクロビオティックとは、日本では1907年に玄米を主食、野菜・漬物・乾物などを副食とする食事を基本に、食材や調理法のバランスを考える食事法で、これに端を発した食の哲学・学術です。このマクロビオティックは欧米で普及し、ファーストフードや肉食といった欧米型食生活の欠点が顕著に表面化すると共に再び脚光を浴び、ハリウッドセレブや著名人をはじめとする富裕者層に、近年人気を博しはじめました。本講座では、日常の食生活にマクロビオティックを取り入れるために必要な理論と、それを実践するレシピを修得することができます。

欧米の影響と近年の「食の不安」という国内事情から、起源を同じくする日本発の食事法が逆輸入的に名前を「マクロビオティック」に変えて戻ってきたことになります。海外の著名人が実践して「美と健康」を取り戻していることから、そもそもの発信国である日本でも注目を浴びるようになりました。 WHOの統計で日本は平均寿命、健康寿命共に世界一の長寿国となっています。医療の要素はもちろん、食生活や食習慣が健康に長生きする為と注目され近年、欧米でも日本の食事をベースにしたマクロビオティックが注目されています。

「マクロビオティック」は日本発祥の食の哲学

>講座概要

マクロビオティックとは、日本では1907年に玄米を主食、野菜・漬物・乾物などを副食とする食事を基本に、食材や調理法のバランスを考える食事法で、これに端を発した食の哲学・学術です。このマクロビオティックは欧米で普及し、ファーストフードや肉食といった欧米型食生活の欠点が顕著に表面化すると共に再び脚光を浴び、ハリウッドセレブや著名人をはじめとする富裕者層に、近年人気を博しはじめました。本講座では、日常の食生活にマクロビオティックを取り入れるために必要な理論と、それを実践するレシピを修得することができます。

海外の著名人が「美と健康」のために実践するマクロビオティック

>講座概要

欧米の影響と近年の「食の不安」という国内事情から、起源を同じくする日本発の食事法が逆輸入的に名前を「マクロビオティック」に変えて戻ってきたことになります。海外の著名人が実践して「美と健康」を取り戻していることから、そもそもの発信国である日本でも注目を浴びるようになりました。
WHOの統計で日本は平均寿命、健康寿命共に世界一の長寿国となっています。医療の要素はもちろん、食生活や食習慣が健康に長生きする為と注目され近年、欧米でも日本の食事をベースにしたマクロビオティックが注目されています。

  • prev
  • next

講座のポイント

  • 基本から「マクロビオティック」を楽しみながら学べます

    基本から「マクロビオティック」を楽しみながら学べます

    日常の食生活にマクロビオティックを取り入れるために必要な理論とそれを実践するレシピを修得し、修得したスキルを証明するための検定試験を受験していただきます。マクロビオティックには、「動物性の食材は使わない」「精製された砂糖や香辛料はできるだけ使わない」といった特徴がありますが、普段との料理との違いを確かめながら、無理のない範囲でマクロビオティック料理の基本を学ぶことが可能です。

  • 「LTA理論」により解答を創造する力を養います

    「LTA理論」により解答を創造する力を養います

    本講座の理論カリキュラムは、「LTAプログラム」に基づいて設計されており、これは「理論(Logic)」「考える(Thinking)」「解答(Answer)」の頭文字をとったもので、テキストから知りえた内容について、まずは自らの意思でしっかり「考え・調べ・模索する」ことを行うことで「解答を導く力」を養います。

  • 実習することで「生涯のスキル」を身に付ける

    実習することで「生涯のスキル」を身に付ける

    「食の知徳の一番の出番は調理場である」。この考え方を基づき、オリジナルの実習カリキュラムを作成しています。自宅のキッチンで機会あるごとに、学習した理論を実践し、一時的ではない「生涯のスキル」を身に付けていただきます。習得した知識は「生活学習」として、日常へ浸透していきます。

  • 入門過程から専門課程へステップアップ

    入門過程から専門課程へステップアップ

    「マクロビオティックA級プログラム」は入門課程です。受講修了後、さらに知識を深めたい方は専門課程である「準食学士対応プログラム」へステップアップできます。準学士対応プログラムは「食学S級」「美容食学S級」「マクロビオティックS級」「食学指導者養成」の4種類が用意されており、修了するとビジネスやライフワークに役立てたい方など、将来像に合った専門課程への道が開けます。

  • prev
  • next

教材について

  • 理論と実習が一体となったカリキュラム構成

    理論と実習が一体となったカリキュラム構成

    理論カリキュラムでは、マクロビオティックの基礎知識をまずは学び、オーガニック食材や玄米といった植物の持つパワーを理解しながら食材について学んでいきます。その後、陰陽の理解を深めながら、実際に料理をするためのポイント、ライフスタイルについて学びます。理論カリキュラムで学んだ知識は、レシピを通じて実習で試すことができるので、レシピの料理を継続的に試すことで、健康で楽しいライフスタイルを実践することができます。

  • カリキュラムごとにレポートを提出

    カリキュラムごとにレポートを提出

    毎月1カリキュラム進めると、バランスよくレベルアップできるよう設計されています。理論と実習で、決められたカリキュラムごとに、レポートを提出します。レポートは各カリキュラムごとに5段階の評定が行われます。

  • 自分だけの「マイテキスト」が作れるテキスト構成

    自分だけの「マイテキスト」が作れるテキスト構成

    テキストは、テキストページを見ながら気づいたこと、調べたこと、もっと深く知りたいと思ったことなど、メモページに随時記入していくことで、ご自身だけのマイテキストが完成します。このメモの部分が、学習中の知識やスキルの向上を伸ばすことはもちろんですが、ご自身が「食学を提供する立場」になった時に、自身の源として活用することが可能になります。

  • 食材の陰陽が一目でわかる「食材陰陽一覧」

    食材の陰陽が一目でわかる「食材陰陽一覧」

    マクロビオティックを学んでいくと、陰陽五行思想の概要や、食材の陰陽について学びます。教材にある「食材陰陽一覧」を見れば、自分が普段食している食材の陰陽を知るだけでなく、自分に必要な食材を、すぐに一覧から探すことができます。

  • prev
  • next

教材詳細

マクロビオティックA級プログラム

  • 標準学習期間12ヶ月
  • 在籍期間12ヶ月
  • 添削回数12回
  • 教材発送一括
一括払い

価格:248,400円(税込)

分割払い例

36回 〔初回:9,281円、2回目以降:7,800円〕

マクロビオティックS級プログラム

  • 標準学習期間12ヶ月
  • 在籍期間12ヶ月
  • 添削回数12回
  • 教材発送一括
一括払い

価格:248,400円(税込)

分割払い例

30回〔初回:9,348円、2回目以降:9,200円〕

  • ※ヒューマンアカデミーたのまなでは通信講座のみ開講しています。
  • ※本講座は、IFCA国際食学協会と提携した通信講座です。
【ご注意】

分割払い例は目安として「教育ローン」でのお支払いの場合を掲載しています。 クレジットカードでの分割のお支払い目安については、「お申し込み方法」をご確認ください。

こんな方にオススメ

  • マクロビオティックを生活に活かし、健康で幸せなライフスタイルを過ごしたい
  • 食事を通して「治したい」「変えたい」「良くなりたい」と思っている
  • 食学を通じて将来ビジネス、指導者レベルまで成長したい

学習の進め方

  • STEP1

    理論カリキュラムで学習 STEP1

    まずテキストから情報を得て、通常のステップである「解答」を知る前に、自らの志向で考え、調べ、模索し自らが解答を創造する力」を養います。

  • STEP2

    実習カリキュラムで学習 STEP2

    「食の知徳の一番の出番は調理場である」「実例を数多くこなすことが一番の実習」という考え方でカリキュラムを設計しています。ご自宅や職場のキッチン等で、レシピに沿って実践してください。

  • STEP3

    カリキュラムごとにレポート提出 STEP3

    カリキュラムごとに理論、実習セットで「カリキュラム課題レポート」を提出します。レポートは理論、実習共に5段階で評定が行われます。評定には講師によるコメントが記されていますので、復習することをお勧めします。

  • STEP4

    カリキュラム修了後「修了証書」が発行 STEP4

    マクロビオティック「A級」「S級」それぞれのカリキュラム修了後は、「修了証書」が発行されます。修了証書受領後、「マクロビオティックA級」「マクロビオティックS級」の検定試験の受験が可能になり、受験合格後、IFCA会員の申請・登録をすることで、資格証明書が授与されます(ただし「マクロビオティックS級」の検定試験は、入門課程である「マクロビオティックA級」の検定合格者が条件となります)。
    ※IFCA会員登録制度(個人会員の場合)※
    入会金:10,800円(税込)
    年会費:25,920円(税込)

よくあるご質問

  • 質問サポートはありますか?
  • カリキュラムの内容や、テキストで分からないことがあれば、同封された「Q&A用紙」を使って質問することができます。提出方法は、①添削レポートと同封、FAX、お手持ちの封筒で郵送、の3種類です。返信には、通常3週間前後+往復の郵送期間のお時間をいただきます。
  • 検定試験について教えてください
  • ■「マクロビオティックA級」受験資格■
    「マクロビオティックA級プログラム」の受講を修了した方です。受験料は10,800円(税込)。在宅にて受験が可能です。

    ■「マクロビオティックS級」受験資格■
    入門課程である「マクロビオティックA級」の資格証明書をお持ちの方で、「マクロビオティックS級プログラム」の受講を修了した方です。受験料は10,800円(税込)。在宅にて受験が可能です。

  • 資格証明書の申請について教えてください
  • 「マクロビオティックA級」の検定試験に合格された方は、合格通知受領後、IFCAに会員登録することで、資格証明書が授与されます。個人会員の場合、入会金10,800円(税込)、年会費25,920円(税込)かかります。法人会員の場合、21,600円(税込)、年会費51,840円(税込)かかります。登録自体は、すべてのIFCA検定・認定試験を含め、初めて登録する際に、1回のみ納付いただきます。
    ※「マクロビオティックS級」の検定試験に合格された方は、資格証明書の発行にあたり、すでにIFCA会員に登録済みですので、入会金・年会費は別途かかりません。
  • サポート期間の延長はありますか?
  • 受講期間は1年間です。ただし万が一、期間内に受講修了できない場合、1年単位で無期限無料延長が可能です。

教材詳細

教材詳細
教材
  • 1.理論カリキュラムテキスト 1冊
  • 2.実習カリキュラムテキスト 1冊
  • 3.理論カリキュラムレポート 1セット
  • 4.実習カリキュラムレポート 1セット
  • 5.食材陰陽一覧表 1枚
  • 6.Q&A用紙 20枚
  • 7.封筒 15セット(予備3セット)
主要教材
内容紹介
  • 1.理論カリキュラムテキスト

    テキストから情報を得て、通常のステップである「解答」を知る前に、自らの志向で考え、調べ、模索し自らが解答を創造する力」を養います。

  • 2.実習カリキュラムテキスト

    「食の知徳の一番の出番は調理場である」「実例を数多くこなすことが一番の実習」という考え方でカリキュラムを設計しています。ご自宅や職場のキッチン等で、レシピに沿って実践してください。

カリキュラム
  • ■マクロビオティックA級プログラム 理論カリキュラム■

    1.マクロビオティックの基礎知識

    ・マクロビオティックについての歴史や基礎知識を学ぶ

  • 2.マクロビオティックの実践に向けて

    ・マクロビオティックと栄養学の違いを学び、マクロビオティック実践へ向けての準備をする

  • 3.食材を知る PART.1(玄米と雑穀)

    ・オーガニック食材や、玄米をはじめとする植物の持つパワーを知る

  • 4.食材を知る PART.2(旬の野菜)

    ・旬の野菜に秘められたパワーや、季節ごとの野菜について学ぶ

  • 5.食材を知る PART.3(豆類・種子とナッツ・きのこ・海藻)

    ・豆、乾物、加工食材、くだものなどについて学ぶ

  • 6.食材を知る PART.4(その他の食材)

    ・調味料、香辛料について学ぶ。また、嗜好品との付き合い方について考える

  • 7.陰陽の理解を深める

    ・陰陽五行思想の概要や食材の陰陽を学ぶ

  • 8.「献立」を考える

    ・食材との向き合い方や献立づくりのポイントについて学ぶ

  • 9.料理のポイント

    ・調理器具や料理の基礎知識を学び、料理の心がけについて考える

  • 10.正しい「食べ方」

    ・食に対する心構えや食育について学ぶ

  • 11.マクロビオティックのライフスタイル

    ・マクロビオティックを生活に活かし、健康で幸せなライフスタイルを過ごす方法について考える

  • 12.マクロビオティックで人生を広げる

    ・健日本の食の現状、また世界が抱えるさまざまな問題について考える

  • ■マクロビオティックA級プログラム 実習カリキュラム■

    1.基本のレシピ
    2.春のレシピ1(3月)
    3.春のレシピ2(4月)
    4.春のレシピ3(5月)
    5.夏のレシピ1(6月)
    6.夏のレシピ2(7月)
    7.夏のレシピ3(8月)
    8.秋のレシピ1(9月)
    9.秋のレシピ2(10月)
    10.秋のレシピ3(11月)
    11.冬のレシピ1(12月)
    12.冬のレシピ2(1月)
    13.冬のレシピ3(2月)

  • ■マクロビオティックS級プログラム 理論カリキュラム■

    1.マクロビオティックと食学

    ・バランスの良い食事とは
    ・マクロビオティック実践における素朴な疑問や不安への対応

  • 2.栄養素の知識

    ・マクロビオティックと栄養学の関わり
    ・体内で働く栄養素についての基礎知識

  • 3.食生活の課題

    「食の欧米化」による、食生活の実践と今後の課題
    ・食の汚染に関する基礎知識

  • 4.マクロビオティックとデトックス

    ・デトックスの効果と必要性
    ・デトックスに必要な知識と方法を学ぶ

  • 5.移行期の反応と陰陽五行の知識

    ・移行期の好転反応とは何か
    ・森羅万象と陰陽五行

  • 6.健康状態の判断

    ・体調や体質の陰陽バランスの見極めと対処
    ・望診の基礎

  • 7.バランスの調整

    ・陰陽調節の原則と調整法の活用

  • 8.マクロビオティックダイエット

    ・体重コントロールの基礎知識
    ・体質による留意点と体重コントロール

  • 9.生活習慣病とマクロビオティック

    ・病気が進行する段階を知る
    ・生活習慣病の実態と症状別配慮

  • 10.マクロビオティックビューティースキン

    ・肌の美容と基礎知識
    症状別肌トラブルへの対応

  • 11.ライフステージとマクロビオティック

    ・年代別の食生活における留意点と配慮
    ・アンチエイジングと健康寿命

  • 12.社会のニーズとマクロビオティック

    ・マクロビオティックと食生活指針
    ・社会のニーズへの食学の活用

  • ■マクロビオティックS級プログラム 実習カリキュラム■

    1.離乳食
    2.幼児期
    3.思春期
    4.中年期
    5.老年期
    6.むくみすっきり
    7.身体を温める
    8.アンチエイジング
    9.代謝を上げる
    10.簡単デトックス2DAYプラン
    11.タイプ別 簡単ドリンク
    12.伝統食

資格概要
資格概要 資格名 マクロビオティックA級
マクロビオティックS級
資格区分 民間資格
資格概要
メリット
傾向

IFCA所定の応用課程を修了したのち、「食学士認定試験」を受験、これに合格すると「食学士」としての認定を受け、「食学士」となることができます。「食学士」になるまでには、在宅受験で食学A級、美容食学A級、マクロビオティックA級のいずれかに合格後「準食学士」を取得して「応用課程」を修了しなくてはなりません。

受験資格

■「マクロビオティックA級」受験資格■
「マクロビオティックA級プログラム」の受講を修了した方(ただし18歳以上)。

■「マクロビオティックS級」受験資格■
入門課程である「マクロビオティックA級」の資格証明書をお持ちの方で、「マクロビオティックS級プログラム」の受講を修了した方です。受験料は10,800円(税込)。在宅にて受験が可能です。

試験日程 随時
受験料 検定受験料として、10,800円かかります。「マクロビオティックA級プログラム」の検定試験に合格された方は、合格通知受領後、IFCAに会員登録することで、資格証明書が授与されます。個人会員の場合、入会金10,800円(税込)、年会費25,920円(税込)かかります。法人会員の場合、21,600円(税込)、年会費51,840円(税込)かかります。登録自体は、すべてのIFCA検定・認定試験を含め、初めて登録する際に、1回のみ納付いただきます。
受験会場 在宅試験が可能です
試験形式 -
試験内容 -
合格ライン -
申込み
問合せ先
IFCA国際食学協会 担当指導部
〒151-0073
東京都渋谷区笹塚2-19-3 大成ビル3F
http://www.shokugaku.net/