医療事務の通信講座とは|医療事務資格取得ならヒューマンアカデミー「たのまな」通信講座

Human 楽しく学んで、花咲かそう。たのまな

ヒューマンアカデミーの通信講座

コラム

02医療事務の通信講座とは

医療事務は特殊な知識が必要となる、専門性の高い仕事です。医療事務の勉強をするためには、色々な方法があります。中でも、通信教育を利用した学習は、仕事をしながらスキルアップをしたい、家事の合間に技術を身につけたいという方にはとても有効な方法といえるでしょう。

通学で医療事務を学ぶことと通信講座で医療事務の資格取得に向けて勉強する違いは何でしょうか。ここでは、通信講座を利用して医療事務を学ぶ特徴などをご紹介していきます。

医療事務の通信講座ではどんなことを学べるのか

医療事務の通信講座ではどんなことを学べるのか

医療事務の仕事に就くにあたり、必ず取得しなければいけない資格は特にありません。しかし実際のところ、無資格者よりも有資格者の方が、そして全くの未経験者よりも経験や医療事務に関連した知識がある人の方が採用されやすいといわれています。医療事務の通信講座は、初心者から専門的な知識や実際に医療事務として活躍するにあたり必要な技術を身につけることが可能です。また、通信教育は、資格取得を目指すための方法としてもおすすめです。

通信講座では、様々な医療事務の資格試験に合格できるようなカリキュラムが組まれた講座があります。専用の通信講座を受講することで、資格取得のために必要な知識が身につくように設定されています。特に医療事務資格の最高峰とも呼ばれ、就職時の強いアピールポイントとなる『診療報酬請求事務能力認定試験』への対策をとっている通信講座は人気の高い講座です。

医療事務の仕事のメインは、レセプト(診療報酬請求)業務です。通信講座では診療点数表の見方から、実際にレセプト(診療報酬請求)を作成する方法を身につけることが可能です。また、通信講座の中には、電子カルテやレセプト業務をパソコンで行うための医療事務ソフトを使用していく講座もあります。現在では、ほとんどの医療施設でレセプト用のコンピューターを導入しているといわれており、医療事務ソフトを扱えるということは大きなアピールにつながるでしょう。

通信講座にはそれぞれ特徴がある

通信講座の医療事務に関するコース内容は、どれも同じというわけではありません。
まず気を付けなくてはならないのは、資格取得を目標とする勉強内容が通信講座によって違うということです。医療事務の資格は非常に多岐にわたります。通信講座が提供している資格の取得に向けたカリキュラムが組まれているため、何の資格を取得できる通信講座なのか事前によく調べる必要があります。「診療報酬請求事務能力認定試験」のみに特化した通信講座もあれば、「医科2級医療事務実務能力認定試験」や「2級医療秘書実務能力認定試験」など幅広く働く場所を目指せる通信講座もあります。そのためカリキュラムは、通信講座によって大きく異なります。

また、学習期間も通信講座の内容によって異なる点にも注意しましょう。1年間のカリキュラムもあれば、半年以下の短期間のカリキュラムを採用している通信講座もあります。マイペースに学習できるのが通信講座の魅力ですが、サポート期間についても確認すると良いでしょう。

通信講座を選ぶ際のポイント

通信講座を選ぶ際のポイント

通信講座で医療事務の勉強をしようと思った時、どのような点に気を付けて選べば良いのでしょうか。下記には通信講座を選ぶ際のポイントを挙げていきます。

1.自分の取得したい資格を明確にする
資格取得は、一人で学習を進めていく上で大きなモチベーションにつながります。医療事務の仕事には、資格が必須というわけではありませんが、資格を取得することで就職、転職の際のアピールにつながります。医療事務に関連した資格は複数あり、取得したい資格を明確にしていくことが大切です。医療事務の中でも、自分の就きたい業務を調べ、その仕事にあった資格を取得することで、その後のステップがスムーズになります。学習を進める前に、方向性をしっかりと定めましょう。

2.教材内容を確認する
医療事務の講座は、専門用語やレセプト作成という専門的な技術を学ぶ講座です。わからない点や疑問点は多く出てくるかもしれません。その際に、質問サポートを利用できるのはもちろんですが、忙しい中での学習になるので、質問が出ない分かりやすい通信講座であることが選ぶポイントとなります。テキストや点数表だけでは、レセプト作成上の解釈が難しいので、それを分かりやすくフォロー、解説する映像講義があると、ストレスなく学習できますね。

3.就職時のサポート体制を見る
医療事務の通信講座を受講する方の中には、就職や転職を目的とする方も多いことでしょう。通信講座修了生に対して就職のサポートをしている講座もあり、そのような講座を選ぶことをおすすめします。
通信講座『たのまな』を主催するヒューマンアカデミーでは、全国に通学生の校舎も構えています。総合スクールの強みを活かし、全国の校舎にアドバイザーを配置しています。近くの校舎で、経験豊富な就職アドバイザーに直接、個別相談をすることが可能です。

4.法改正の際の対応
医療事務のメイン業務である、診療報酬の請求業務の中で必須となる保険点数については、年々改正があり、最新の情報に常にアンテナを立てて学習を進めていく必要があります。『たのまな』では、年間で最低3回は教科書の改正ポイントを見直しするとともに、法改正があった際には、随時教材の修正や補足資料を発行しています。

通信講座で学ぶことは、医療事務の資格を取得するためにとても有効で確実な手段です。パンフレットを取り寄せたり、ホームページで調べたりするなど、自分に合った学習方法を見つけていくことが大切です。