通信講座・通信教育で資格取得、ネイル・クリスタルグルーデコ・ペット・医療・心理等なら「たのまな」

ブリーダー講座(平田さん)

受講生の声レポート Voice

ブリーダー講座

モニターの声一覧に戻る

平田千鶴さん

平田千鶴さん (39歳) 主婦

繁殖から譲渡まで、子犬の置かれている環境の向上のお手伝いができたらという平田さんにブリーダー講座受講の感想をいただきました。

ブリーダー講座を詳しく見る

興味を持ったきっかけは?

平田さん
昨年ペットショップでパグの子犬を購入したのですが、たった2ヶ月後で生後6ヶ月のその子犬は壊死性髄膜炎(パグ脳炎)と診断されてしまいました。苦しい3週間の闘病の末、その短い命を終えました。先天的な疾患をもつ子犬が産み出されてしまう悲劇。まだ幼い子犬が苦しみながら命を落としていく姿を、なす術も無くただ見守る事しかできないというのは、とても辛いことでした。
そして最近、図らずも飼い犬が妊娠・出産。難産の末、帝王切開での出産で子犬は無事生まれましたが、何らかの疾患を持っていると思われる子犬が中に一匹。
子犬の生と死、両方を経験して改めて健全な出産の難しさと大切さを痛感したことがきっかけです。本当はこの講座を終了してから出産に立ち会えたらよかったのですが、今後の健全な子犬の誕生のために、しっかりとしたブリーディングの知識を身に着けたいと思います。

教材の感想は?

平田さん
現在4頭のパグを飼育しているので、繁殖についての考え方が改まったこと。健康管理が行き届くようになったこと。獣医さんにかかる時に、踏み込んだ話が出来るようになったこと。もっと専門的な知識を身につけたいという意欲がわいたこと。様々なことで、愛犬の日々の健康管理にとても役立っています。

教材

実際に愛犬の妊娠・出産を経験済みですが、難産のため病院での帝王切開だったので通常の分娩は経験できなかったのでDVDはとても参考になりました。

学習はどのように進めましたか?

平田さん
私は専業主婦で子供もいないので、時間的な余裕がありましたし、この講座を受講する前に既に愛犬の妊娠、出産を経験していたこともあり、<繁殖飼育学> 特に妊娠兆候から子犬の成長、食事管理、健康管理あたりは実践で培った知識がある程度身についていたので、比較的スラスラと進めることが出来ました。
はじめは一通り3冊のテキストに目を通していき、イメージしにくい所や、分かりづらい所はDVDを見たり、クラフトドッグを作ることで補完し、添削課題を解くといった感じで進めていきました。課題で解けなかった問題はテキストを参考に再度解きなおしていきました。

受講をして役に立った点は?

平田さん
お散歩が学習の場になりました。様々な犬種、様々な特性。今までなんとなく見過ごしてきた犬たちの行動が<犬種標準学>を学んだことで理解できたり興味深かったり・・・。健康チェックもいろいろなことを意識するようになりました。
また、自分ではシビアに考えていたつもりのブリーディングでしたが、学んでみると考えていた以上に実際は難しいことだと感じました。スタンダードの維持、向上はとても時間のかかる大変なことなんだと痛感しました。

ペット

お散歩の時に出会う様々な犬たちを実際に見たり、触らせてもらったり、また一緒に遊んだりすることで外見的な特徴、性格や行動を観察するようになりました。

3ヶ月学習をしてみた感想はいかがでしょうか?

平田さん
愛犬が水頭症と診断されたので、もっと専門的な知識を身につけたいと思ってます。
パグ脳炎と水頭症。短頭種に多い病気を愛犬たちがそれぞれ患うというかなしい経験を無駄にしない為に、もっと勉強して同じ病気を持つ飼い主さんたちのサポートが出来るようになればと、今は思ってます。

ペット

愛犬たちにはグルーミングや体の各部位のチェックなど、より細かく行うようになりました。

たのまなコメント

過去に愛犬で悲しい思いをされている平田さん。このブリーダー講座は共感しつつ進めていただいたことと思います。学習した知識をまずは愛犬たちに、そしてゆくゆくはブリーダーとしてのご活躍を応援しています!
このたびは受講いただきましてありがとうございました。