通信講座・通信教育で資格取得、ネイル・クリスタルグルーデコ・ペット・医療・心理等なら「たのまな」

フードアナリスト検定講座モニターレポート第1回

講座モニターレポート Monitor

フードアナリスト検定講座モニターレポート

フードアナリスト検定講座モニターレポート

“食”に関する知識・教養を身につけ、お料理のサービスや食空間を総合的に評価・分析する“スペシャリスト”を養うための講座。モニターには、教材や講座の感想、学習したことで日々の生活がどのように変化したかなどをお聞きしたいと思います。お楽しみに!

フードアナリスト4級講座を詳しくみる

〜モニターはこの人!〜

東京在住 細川様 (34歳) 会社員
東京在住  細川様 (34歳) 会社員
自分が知った知識を周囲にも広めたいと思っています!
  • 第1回モニターレポートはこちら
  • 第2回モニターレポートはこちら
  • 第3回モニターレポートはこちら

受講生の声一覧に戻る

フードアナリスト検定講座を勉強しようと思ったきっかけは?

食事を作ることも・食べることも以前から大好き!

毎日必ず食さなければならない「食事」に関しては、常々興味を持っておりました。近年食品で添加物・劇薬等の混入などで騒がれておりますが、どのような物なら安心して食べられるのか関心を持っていたという点もポイントです。

ただ、「フードアナリスト」という職業は、たのまなを見るまで知りませんでした…

フードアナリストはご存知なかった細川さん。ただ、食に対しての興味が高かったことが今回のきっかけになったようですね。学習を進めていくうちに、知識がどのように深まっていくのかが楽しみです。
それでは肝心の教材の印象について伺ってみます。

たのまなフードアナリスト検定講座教材のご感想は?

ワクワクしながら梱包を開けました!

どのような教材が入っているかワクワクしながら梱包を開けました。
ただ、箱の割に中身が少しだったので、もう少し箱を小さくした方が良いのでは?

ご意見ありがとうございます。たのまなでは教材だけではなく配送方法についての見直しも随時行なっております。頂いたご意見は今後の参考にさせて頂きます。
それでは具体的に教材それぞれについてはいかがでしょうか?

教材

格付けとフードアナリスト倫理規定 「ミシュラン」は毎年 どこのお店が星いくつだった等テレビなどでもアナウンスされておりますが、実際どのような規定概念があるのか知らなかったので面白かったです。

食空間の知識と教養 日本の食文化は世界中の見本になるのではないか?と感じました。四季があることにより、種類が豊富でとても良い国だと再認識いたしました。

食空間コミュニケーション 「日々時間のない生活であっても、食事をとっている時間を「コミュニケーション」の時間にしたいと思いました。

菓子・パン 以前パンを習ったことがあったので、懐かしく勉強させて頂きましたが知らなかったこともあったのでためになりました。

サービスとテーブルマナー レストラン等は良く行くので知っている知識・マナーが多かったですが、あえて今さら聞けない・・・と言うことも書いてあったのでとても勉強になりました。

インテリアとテーブルコーディネート コーディネートによって、食事の味付けの一種になると思いました。

  • 第1回モニターレポートはこちら
  • 第2回モニターレポートはこちら
  • 第3回モニターレポートはこちら

たのまなコメント

教材に関するご意見ありがとうございます。今後の開発の参考とさせて頂きます。

フードに関することだけではなく、語学にも着目している細川さん。学習意欲旺盛な様子がうかがえます。しっかりと知識を自分のものにして役立ててくださいね。
次回のレポートもお楽しみに!