通信講座・通信教育で資格取得、ネイル・クリスタルグルーデコ・ペット・医療・心理等なら「たのまな」

「就職・転職サポートパック」のご案内






就活本や面接対策マニュアルで書かれている「自己分析」。“自分を客観的に評価して自分に合った仕事を選ぶ”一般的な役割はこのように捉えられがちであるが、「自己分析」が本当に必要な理由をご存知ですか?
人事担当者は、「自己分析」が出来ていない人=仕事上のパフォーマンスが悪い人と考えています。

〇自分の“得意”“不得意”分野が分からない
 =何を学べばいいか分からない
〇自分が他人にどのように見られているか分からない
 =他者とのコミュニケーションが取れない

多くの方が、自己分析の結果「積極的である」「何事にも前向き」と抽象的な言葉でせっかくの潜在能力をアピール出来ない例が多いです。
ではどうすればよいのか?
「就職面接対策の新常識」では正しい自己分析の活用術や他者からのフィードバックの受け方、自己PRの作り方から、仕事選びの基本、面接の基本など、2万人以上面接をした人事のプロだから言える!語れる!「今まで知らなかった!」「迷信に惑わされていた!」という就活の基本が盛りだくさん。



交流分析・エゴグラムは、TA(transactional analysis)という心理学の理論に基づいて、知らなかった本当の自分に出会う「自己分析」のためのツールです。交流分析・エゴグラムによる自己分析方法は、企業研修、人事研修、新卒・中途採用などあらゆる場面で使用されています。本講座では、このTAの理論に基づいて、いくつか自分を知るためのチェックテストを行っていきます。テストの結果は、自分の6つの人格(パーソナリティ)を折れ線グラフで表すエゴグラム(自我状態グラフ)とあなたが人とコミュニケーションを取る時、どんなスタンスでいるかを表すOK図表に現れます。

〇エゴグラム(自我状態グラフ)
 =自分の“得意”“不得意”分野が分かる
〇OK図表=
 自分が他人にどのように見られているか分かる



マイクロソフトが認定する世界共通資格「マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)」は、累計受験者数が300万人を超える超人気資格。業種・職種を問わず、幅広い仕事に役立つ実務能力として求める企業は数多く、履歴書に書きたい資格の定番です。

大量のデータの管理・分析が可能
→ 売上・商品情報・顧客管理の効率化 → 売上UP

企画書/案内文の作成が可能
→ 提案力・コミュニケーション力UP




滝 一実氏
(医療保険学院学院長/(財)日本医療保険事務協会評議員)

「なんとなく医療事務」という人が多い中、資格の名称より、その人がどういう資質を持っているかの方が遥かに大切とされます。また医療事務スタッフの仕事としてはレセコンという専用のパソコンを使用しますが、与えられた事務をこなすだけではなく、在庫管理や発注など病院の経営の要となる業務も意識的にやっていきたいという意欲の高い方が評価される傾向にある故、パソコンスキルが高いことでアピールチャンスが増えることは間違いありません。


別府 武彦氏
(医療福祉情報実務能力協会 理事長)

医療事務と同じく、資格の名称よりも人柄や資質が医療機関では重視されます。医師事務作業補助者は、診断書/紹介状の記載、電子カルテの入力など医師の業務を一部負担します。医師と同じように医学専門用語も理解しておかなければならないので、就職はゴールではなくスタートという意識を持ちましょう。業務内容からもちろんWord/Excelは使いこなせないと仕事になりません。


横 美穂氏
(マナー教育インストラクター。過去、グランドホステスとして航空会社勤務。)

求められるスキルは第1にコミュニケーション能力/マナーです。つまり人柄重視ですから、あなたが付け焼刃の形式的な履歴書や面接をすれば確実に採用側は見抜くでしょう。第2に求められるのは、ファイリング能力やスケジュール管理能力です。膨大な資料をまとめるという仕事もありますから、業種によって異なりますが、パソコンスキルとしては、最低でもブラインドタッチが出来なければ仕事になりません。


山田 和宗氏
(簿記専任講師)

会社の経理や財務は、「経理・財務の経験がある方」もしくは「日商簿記2級以上の資格取得者」が優遇される傾向にあります。「業種」ではなく「職種」を絞っての就職活動になるため用意周到に情報収集していないとせっかくのチャンスを逃してしまう可能性もあります。ちなみに会社ごとに独自の会計ソフトを導入している場合が多いので、一見パソコンスキルは必要ないと思われますが、原価計算/予算管理などを任される仕事によって関数の知識は必須になるため、念のためWord、Excelの基本操作は覚えておきましょう。


貴志 友紀子氏
(ブライダル・ヒューマン・ソリューションズ株式会社)

新卒はもちろん中途でも人気の高い職種ですので、各社それぞれ毎年、趣向を凝らした採用方法が取られています。筆記・面接ともに聞かれることもテーマもバラエティ豊か。それゆえ、ありきたりな就職活動本で、志望動機や長所短所…を丸暗記…といった面接対策をするのではなく、どんなテーマが出ても、具体的なエピソードを交えてあなたらしさを表現できるように訓練しておきましょう。式が近づくにつれて、見積や進行表を完成させなければなりません。たとえば、見積は関数が組まれているので、数式を理解していないと合計額を間違ったまま提出してしまったり…とパソコンスキルは二の次だが、基本的なWord/Excelの知識があると業務上困らないことが多いです。

特集