通信講座・通信教育で資格取得、ネイル・クリスタルグルーデコ・ペット・医療・心理等なら「たのまな」

カラーデザイン検定2・3級対策講座 受講生の声レポート(石田さん)

受講生の声レポート voice

カラーデザイン検定2・3級対策講座

モニターの声一覧に戻る

石田美紀さん

石田美紀さん

フードコーディネーター試験に合格された石田さんに「カラーデザイン検定2・3級講座」をご受講していただきました。

カラーデザイン検定2・3級対策講座を詳しくみる

この講座に興味を持ったきっかけは?

石田さん
現在仕事で食品の商品開発を行っています。商品の特性にもっともあった色相のパッケージ制作を行うことでより売れる商品の開発ができると思います。デザイナーと打ち合わせを行うときも、ぼやっとしたカラーイメージを伝えて具現化してもらっていましたが、より具体的にカラー指示がだせることで深みのあるミーティングがで き、イメージどおりの商品が完成することができると思います。

教材の感想は?

石田さん
教材が到着したときは色が沢山あり、心が弾みました。色は人を明るくも落ち込ませることも和ませることもできます。家族が落ち着ける色使いを知りたい、仕事でももっと売れる商品をつくりたいのでたくさん勉強し、試験1発合格を目指したいと思いました。
色見本帳は、朝着ていく服のコーディネートの際、色味の合わせに故意的に使用したりしています。また、仕事柄商品を作成したりしておりますのでパッケージの色に悩んだ際使用し、デザイナーや印刷業者に以前よりも適格な色指示をだせるようになってきました。

どのような学習方法でしたか?

石田さん
主に週末の休みを利用し、教材を使用しながらDVDは集中してみます。 携帯にもDVDをダウンロードし、DVDを見ながら通勤しています。 耳慣れない言葉が多いですが、繰り返し聞いているうちに覚えていっています。 反復練習にはDVDを見る・聞くことが一番で、聞いているうちに自然と覚えていっています。

受講をして役に立った点は?

石田さん
まず、休日を朝勉することでだらだら過ごすことがなくなりました。また、外の色をみる為に外に出歩くようになりました。ここが私のライフワークの大きく変わった点です。通勤電車ではスマホばかりいじって下ばかり向いていましたが、中刷り広告をみるようになり気持ち背筋が伸びた気がしています。色は人の感情を豊かにしてくれます。気持ちの余裕をも持たせてもらえます。
今まで着用していた服は主に黒かグレーが多かったですが、最近は白やピンクベージ、赤など色のある服を買うようになりました。コーディネートに自信がなく、黒とグレーならはずれがないからとおんなじ色ばかり買っていましたが、自信をもって明るい色の服を購入できるようになったのは自分に合う色を知ることができたからだと思っています。

学習をしてみた感想はいかがでしょうか?

石田さん
現在企業PBを企画・製作するような商品開発の仕事をしております。カテゴリーは食品全般、ドリンク・お菓子・グロッサリー・日配・酒と多くのカテゴリーを作っています。開発する商品の特徴を最大限に引き出し、且つお客様が手に取りやすい親しみのあるパッケージを目指し製作にあたっています。仕事内容では、依然よりもデザイナーと密に話せるようになってきました。たとえばデザイナーにこのカップの中を茶色にしてほしいと依頼する際もパントーンの色指示をだせたりすることで業務効率化が図れています。また、パッケージのベース色を決めたあと、合わせる色の指示も出しやすく、商品の良さを十分にだせるようになってきました。
最近上司からは「センスがいい」「思わず買いたくなっちゃうね」なんておほめの言葉をいただけるようになりました。やっぱり褒められるのはいくつになってもうれしいですよね!今後は資格を取得し、プロとしての意見をしっかりいえるよう日々勉強を積み重ねていきます。

たのまなコメント

食品の商品開発をされている石田さん。講座内容には、食品やパッケージに関するカラーの知識も満載です。当講座で学んでいただいたカラーの知識をいかして、さらに魅力的な商品を開発してくださいね♪スタッフ一同、楽しみにしております!

>その他カラー講座受講生の声をみる