通信講座・通信教育で資格取得、ネイル・クリスタルグルーデコ・ペット・医療・心理等なら「たのまな」

フードアナリスト検定講座モニターレポート第3回

講座モニターレポート Monitor

フードアナリスト検定講座モニターレポート

フードアナリスト検定講座モニターレポート

“食”に関する知識・教養を身につけ、お料理のサービスや食空間を総合的に評価・分析する“スペシャリスト”を養うための講座。モニターには、教材や講座の感想、学習したことで日々の生活がどのように変化したかなどをお聞きしたいと思います。お楽しみに!

フードアナリスト検定講座を詳しくみる

講座モニターレポート Monitor

フードアナリスト検定講座モニターレポート

フードアナリスト検定講座モニターレポート

“食”に関する知識・教養を身につけ、お料理のサービスや食空間を総合的に評価・分析する“スペシャリスト”を養うための講座。モニターには、教材や講座の感想、学習したことで日々の生活がどのように変化したかなどをお聞きしたいと思います。お楽しみに!

フードアナリスト検定講座を詳しくみる

〜モニターはこの人!〜

東京在住 細川様 (34歳) 会社員
東京在住  細川様 (34歳) 会社員
自分が知った知識を周囲にも広めたいと思っています!
  • 第1回モニターレポートはこちら
  • 第2回モニターレポートはこちら
  • 第3回モニターレポートはこちら

受講生の声一覧に戻る

教材のフードアナリスト手帳をどのように活用されているのかを教えてください。

教材としてみなさまからご好評をいただいているフードアナリスト協会特製の食べ歩き手帳「フードアナリスト手帳」。細川さんがそれを見て実際に食べに行ったお店について伺いました。

フードアナリスト手帳

前から気になっていた焼鳥店、イタリア料理店に行ってみました!

フードアナリスト手帳は手のひらサイズの手帳なので、1店舗ごとにそれほど多くは記入ができないことから簡潔かつ、要領よくお店の雰囲気をコメントするトレーニングが必要と感じました。書くことに気を取られていると肝心の食事に集中できないことも・・・どんどん活用して慣れていきたいと思います。

食べに行ったお店のレポートをご紹介します。

食べに行ったお店
都内の焼き鳥屋さん
興味深かった点
コースが二種類あり、毎回その日のお薦めの部位を組み合わせて出てくるようなので何度行っても飽きない感じがした。
気づき・注目事項
店内も綺麗で、焼き鳥屋さんなのでとてもお洒落でした。照明・テーブル・椅子等洗練されえた内装でした。
食べに行ったお店
イタリア料理店
興味深かった点
前菜・メイン・デザート全てを毎回ワゴンで持って来てくれ、実際にお料理や素材を見せてくれパフォーマンス的にもとても素晴らしかった。
気づき・注目事項
店員さんのサービスもまたとても良く、居心地の良い空間でした。店内には生花が沢山あったのですが、どれもこれも綺麗に生けてあり見事でした。

3ヶ月を通して学習していただいた「フードアナリスト講座」。あなたの生活にどのように影響しましたか?

食材

意識するようになったことは”旬”
スーパーに行くと“旬”のものを選んで調理しようと思うようになりました。今は温室で育てることなどから段々その旬が薄れて、一年中何でも買うことができるけれど意識するようになりました。
お店の照明も気になるように
お店に行っても、店内の照明が気になるようにありました。今まで、テーブルクロスは気にはしていたものの照明はあまり意識していませんでしたが、そのお店の雰囲気などにマッチしているかどうか見るようになりました。今までは気が付きませんでしたが、照明によってかなりお店の雰囲気・風情は変わるのだと思いました。

これまで意識していなかったことを意識するようになること。
学んだことが自分の知識になっていることを実感していただく時だと思います。

教材には興味深いことが沢山書かれており、とても勉強になりました。食は人間が生きていくうえで必須です!
従い、勉強することは大事な事でありますし、食べることが好きな私とっては楽しみでもあります♪
なかなかこう言うお勉強をする機会がないので大変貴重な時間でした。

せっかく学習したことですので、日々の生活でより食について考えていきたいと思います。
この度はありがとうございました!

  • 第1回モニターレポートはこちら
  • 第2回モニターレポートはこちら
  • 第3回モニターレポートはこちら

たのまなコメント

細川さんが3ヶ月間学んだこのフードアナリストの知識。人にとって欠かせない「食べる」という行為がより豊かなものになるように、またせっかくなので「おいしく、楽しく」食べることに役立つといいですね。

細川さん、モニター受講ありがとうございました。そしてお疲れさまでした!