通信講座・通信教育で資格取得、ネイル・クリスタルグルーデコ・ペット・医療・心理等なら「たのまな」

保育士の給料・年収の相場は? |

Column11

保育士の給料、年収の相場

幼児教育の重要な役割を担う保育士。やんちゃで育ちざかりの子供たちに、一人ひとり目を配らなければならないたいへんなお仕事ですが、給与水準はどうなっているのでしょうか。保育士の給料や年収の相場についてご紹介します。

保育士全体の平均給与

まずは、保育士全体の平均給与を見てみましょう。
厚生労働省「平成28年賃金構造基本統計調査」によると、保育士全体(平均年齢36.0歳、平均勤続年数7.7年)の平均月額給与は22万3,300円、年間賞与は58万8,200円となっています。 つまり、平均年収は326万7,800円となります。

男女別の保育士の平均給与

続いて、男女別の保育士の平均給与を見ていきましょう。
同じく厚生労働省「平成28年賃金構造基本統計調査」によると、男性と女性の給与は以下のようになっています。

<男性保育士の平均給与>

平均年齢 31.3歳
平均勤続年数 6.2年
平均月額給与 24万8,300円
年間賞与 65万7,600円
平均年収 363万7,200円

■男性保育士の年齢別平均給与

平均年齢 勤続年数 平均月額給与 年間賞与 平均年収
20〜24歳 22.9歳 1.4年 20万400円 23万6,100円 264万900円
25〜29歳 27.6歳 4.3年 22万9,000円 61万3,400円 336万1,400円
30〜34歳 32.3歳 7.1年 25万8,300円 88万3,600円 398万3,200円
35〜39歳 36.8歳 8.2年 30万9,000円 111万3,400円 482万1,400円
40〜44歳 41.9歳 15.7年 30万2,500円 82万8,400円 445万8,400円
45〜49歳 47.9歳 15.1年 41万1,800円 151万7,200円 645万8,800円
50〜54歳 52.6歳 16.6年 40万7,200円 127万2,400円 615万8,800円
55〜59歳 59.2歳 15.2年 34万5,100円 73万3,400円 487万4,600円
60〜64歳 63.9歳 9.0年 22万700円 60万9,100円 325万7,500円
65〜69歳 66.5歳 20.5年 13万7,600円 27万1,200円 192万2,400円
70歳〜 78.3歳 52.5年 21万4,600円 40万2,300円 297万7,500円

<女性保育士の平均給与>

平均年齢 36.3歳
平均勤続年数 7.8年
平均月額給与 22万1,900円
年間賞与 58万4,200円
平均年収 324万7,000円

■女性保育士の年齢別平均給与

平均年齢 勤続年数 平均月額給与 年間賞与 平均年収
20〜24歳 22.7歳 1.8年 19万4,200円 34万8,900円 267万9,300円
25〜29歳 27.4歳 4.8年 21万1,000円 58万1,300円 311万3,300円
30〜34歳 32.2歳 7.2年 22万3,200円 59万1,700円 327万100円
35〜39歳 37.3歳 8.8年 22万3,300円 65万7,500円 333万7,100円
40〜44歳 42.3歳 11.7年 24万3,200円 74万5,500円 366万3,900円
45〜49歳 47.5歳 11.1年 23万3,800円 67万7,700円 348万3,300円
50〜54歳 52.6歳 11.9年 23万7,300円 66万4,800円 351万2,400円
55〜59歳 57.3歳 15.8年 25万6,500円 73万1,500円 380万9,500円
60〜64歳 61.7歳 18.0年 24万1,900円 65万3,600円 355万6,400円
65〜69歳 66.9歳 22.5年 29万7,800円 97万300円 454万3,900円
70歳〜 73.5歳 33.7年 31万700円 87万1,800円 460万200円

このように、男性保育士と女性保育士との平均年収には、約40万円弱の差があることがわかります。 ただし、全体の平均値と女性の平均値が近いことから、保育士の大部分は女性ということになります。

女性保育士の職場規模別平均給与

続いて、保育士が勤める施設の規模に応じて、給与に違いがあるかを見てみましょう。厚生労働省「平成28年賃金構造基本統計調査」によれば、以下のとおりになっています。

<施設の規模が1,000人以上の女性保育士の場合>

平均年齢 38.2歳
平均勤続年数 4.4年
平均月額給与 23万4,200円
年間賞与 27万1,900円
平均年収 308万2,300円

<施設の規模が100〜999人の女性保育士の場合>

平均年齢 36.3歳
平均勤続年数 7.3年
平均月額給与 22万4,600円
年間賞与 58万8,900円
平均年収 328万4,100円

<施設の規模が10〜99人の女性保育士の場合>

平均年齢 36.0歳
平均勤続年数 8.5年
平均月額給与 21万9,100円
年間賞与 62万3,100円
平均年収 325万2,300円

このように、規模が大きい施設になるほど、月額給与額は大きくなるものの、年間賞与額は低くなる傾向があります。一概に、大きな施設だから給与水準が高いとも言い切れません。

公立保育士と私立保育士の給与の違い

保育士は、施設の運営形態によって、公立保育士と私立保育士に分かれます。
公立保育士は、自治体が運営する施設で働く保育士のことです。自治体の職員になりますので、地方公務員扱いになります。公務員なので、育休制度などの福利厚生が充実している一方、転勤の可能性があります。 私立保育士は、民間で運営されている施設で働く保育士のことをいいます。転勤は基本的にありませんが、育休制度などが完備されているとは限らず、結婚や出産を機に、仕事を辞めざるをえないこともあります。

それでは、公立保育士と私立保育士で、給与面に違いはあるのでしょうか。
厚生労働省「幼稚園・保育所等の経営実態調査」によると、常勤の保育士の場合、公立保育士の平均月額給与額が28万7,431円であるのに対して、 私立保育士の平均月額給与は25万5,415円となっています(2013年)。つまり、公立保育士のほうが、1割以上も給与が高いということになります。

なぜ、このようなことが起こるのでしょうか?
その原因のひとつとして、勤続年数の違いが考えられます。公立保育士の平均勤続年数は11.8年であるのに対し、私立保育士は平均勤続年数8.5年となっています。
これは、先程ご説明したとおり、公立保育士の場合、育休制度をはじめとする福利厚生が充実しているため、長く勤められる環境で働いているからだといえます。 さらに、公務員は基本的に毎年昇給しますので、私立保育士と給与の差が出てくるというわけです。