通信講座・通信教育で資格取得、ネイル・クリスタルグルーデコ・ペット・医療・心理等なら「たのまな」

ケアマネージャー(ケアマネ)の年収・給料の相場は? |

Column13s

ケアマネージャーの給料、年収の相場

要介護者や要支援者のケアプランの策定を行うケアマネージャー(介護支援専門員)。豊富な経験に裏打ちされた介護のプロとしての役割は、今後さらに重要になっていきます。

ここでは、そんな気になるケアマネージャーの給料事情に迫ります。

ケアマネージャーの平均給与

まずは、ケアマネージャー全体の平均給与を見てみましょう。
厚生労働省「平成28年賃金構造基本統計調査」によると、ケアマネージャー全体(平均年齢47.7歳、平均勤続年数8.6年)の平均月額給与は26万6,000円、年間賞与は56万7,600円です。 つまり、平均年収は375万9,600円ということになります。

男女別ケアマネージャーの平均給与

同じく厚生労働省「平成28年賃金構造基本統計調査」によると、男性と女性のケアマネージャーの給与は以下のようになっています。

<男性ケアマネージャーの平均給与>

平均年齢 42.3歳
平均勤続年数 7.8年
平均月額給与 28万5,300円
年間賞与 63万300円
平均年収 405万3,900

■男性福祉施設介護員の年齢別平均給与

平均年齢 勤続年数 平均月額給与 年間賞与 平均年収
20〜24歳 24.0歳 2.9年 22万2,700円 40万6,300円 289万5,100円
25〜29歳 27.7歳 4.4年 23万1,100円 55万8,300円 333万1,500円
30〜34歳 32.4歳 5.9年 24万6,200円 58万3,200円 353万7,600円
35〜39歳 37.4歳 7.4年 25万5,900円 64万4,600円 371万5,400円
40〜44歳 42.4歳 7.8年 26万100円 62万800円 374万2,000円
45〜49歳 47.3歳 8.2年 26万2,000円 59万1,700円 373万5,700円
50〜54歳 52.5歳 7.4年 25万2,700円 55万300円 358万2,700円
55〜59歳 57.4歳 8.2年 23万6,100円 42万7,000円 326万200円
60〜64歳 62.3歳 7.1年 21万3,300円 285万2,100円 285万2,100円
65〜69歳 67.1歳 6.9年 17万4,700円 11万6,300円 221万2,700円
70歳〜 72.3歳 9.9年 18万5,300円 19万2,800円 241万6,400円

<女性ケアマネージャーの平均給与>

平均年齢 49.8歳
平均勤続年数 8.9年
平均月額給与 25万8,600円
年間賞与 54万3,800円
平均年収 364万7,000円

女性ケアマネージャーの年齢別平均給与

平均年齢 勤続年数 平均月額給与 年間賞与 平均年収
20〜24歳 24.0歳 3.9年 21万7,300円 55万500円 315万8,100円
25〜29歳 28.3歳 4.5年 24万8,700円 54万8,000円 353万2,400円
30〜34歳 32.4歳 5.6年 23万3,800円 45万8,900円 326万4,500円
35〜39歳 37.6歳 8.1年 25万3,000円 51万4,300円 355万300円
40〜44歳 42.6歳 7.7年 25万3,000円 53万9,000円 357万5,000円
45〜49歳 47.6歳 8.2年 26万4,800円 64万4,700円 382万2,300円
50〜54歳 52.4歳 8.0年 26万2,500円 52万8,200円 367万8,200円
55〜59歳 57.5歳 11.3年 27万800円 61万1,900円 386万1,500円
60〜64歳 62.1歳 10.9年 25万5,400円 50万9,100円 357万3,900円
65〜69歳 67.2歳 13.6年 23万1,200円 16万4,500円 293万8,900円
70歳〜 71.0歳 14.3年 26万8,700円 20万7,400円 343万1,800円

ケアマネージャーの職場規模別の平均給与

ケアマネージャーが働く施設の規模によって給与はどのように変わってくるのでしょうか? 厚生労働省「平成28年賃金構造基本統計調査」によると、以下のようになります。

<施設の規模が1,000人以上のケアマネージャーの場合>

平均年齢 47.9歳
平均勤続年数 7.5年
平均月額給与 26万9,500円
年間賞与 57万6,800円
平均年収 381万800円

<施設の規模が100〜999人のケアマネージャーの場合>

平均年齢 46.8歳
平均勤続年数 8.9年
平均月額給与 26万4,200円
年間賞与 64万7,100円
平均年収 381万7,500円

<施設の規模が10〜99人のケアマネージャーの場合>

平均年齢 48.8歳
平均勤続年数 8.7年
平均月額給与 26万6,900円
年間賞与 46万7,000円
平均年収 366万9,800円

施設の規模では、平均月額給与に大きな差は見られません。

介護業界の他業種(介護職員、看護職員、生活相談員など)との給与比較

それでは、ケアマネージャー以外の業種の給与はどうなっているのでしょうか。
厚生労働省「平成28年度介護従事者処遇状況等調査結果の概要」によると、常勤のケアマネージャーと他の業種の月額平均給与(2016年9月)は以下のとおりです。

  • ・ケアマネージャー:34万2,440円
  • ・介護職員:28万9,780円
  • ・看護職員:37万1,100円
  • ・生活相談員・支援相談員:31万5,940円
  • ・理学療法士、作業療法士、言語聴覚士または機能訓練指導員:34万3,890円
  • ・事務職員:30万7,350円
  • ・調理員:25万2,590円
  • ・管理栄養士・栄養士:30万9,120円

取り上げられている職種の中では、ケアマネージャーは3番目に高い給与となっています。介護職員とは2割近い差があります。

どうすればケアマネージャーの給与が上がるか

ケアマネージャーとして給与を上げるには、どうすればいいのでしょうか。
まず、現在勤めている事業所で、経験を積むことです。やはり勤続年数が長いと、給与面は優遇される傾向があります。 また、実績が認められ、事業所で管理職を任されるのも給与アップにつながります。管理職手当のような形で、基本給にプラスされるようになります。
そして、もうひとつの手段が、給与面で条件の良い他の事業所へ転職することです。ケアマネージャーとしてのこれまでの実績と先方のニーズがマッチすれば、今よりも給与面が改善される可能性があります。転職サービスに登録して、エージェントに相談してみるのもいいでしょう。