通信講座・通信教育で資格取得、ネイル・クリスタルグルーデコ・ペット・医療・心理等なら「たのまな」

公務員保育士になるには? |

Column14s

公務員保育士になるには

安定していて、長期で働くことができるというイメージのある「公務員保育士」。保育士の中には、「公務員保育士になりたい!」と望んでいる人も多いのではないでしょうか?

そんな公務員保育士の実情をご紹介します。

公務員保育士とは

公務員保育士は、県や市などの自治体で運営する公立の保育園や児童福祉施設、養護施設などに勤める保育士のことを指します。地方公務員であることから、公務員保育士と呼ばれています

公務員保育士の特徴

公務員保育士には、どのような特徴があるでしょうか。私立保育園の保育士の違いにも着目しながら、項目ごとに見ていきましょう。

【毎年昇給する】

初任給の水準は、公務員保育士も私立保育園の保育士も、大きな違いはありません。
しかし、長期的に見ると、公務員保育士のほうが、私立保育園の保育士より給料が高くなる傾向があります。 なぜなら、公務員保育士は、基本的に毎年昇給する決まりがあるからです。そのため、年を追うごとに、公務員保育士と私立保育園の保育士で給与の差が生まれてきます。

もちろん、私立保育園でも毎年昇給するしくみを整えているところもありますが、全体的に少ないのが現状です。また、ボーナスや退職金が必ず出るのも、公務員ならではです。

【充実した福利厚生】

公務員保育士の平均給与が高い理由のひとつとして、勤続年数が長いことが挙げられます。ですので、私立の保育園に比べて、公立の保育園にはベテランの保育士が多く在籍しています。
保育士の勤続年数が長い理由のひとつに、福利厚生の充実による働きやすさが挙げられます。残業代がきちんと支給され、有給も取りやすい環境にあります。

また、公立の保育園は、結婚や妊娠出産、子育て期間中に育休を取得することができます。一方、私立の保育園では、育休制度がないところもあり、結婚や妊娠を機に辞めなければいけないケースも出てきます。
公立の保育園と私立の保育園の保育士で勤続年数や平均年齢で差が出るのは、この育休制度の有無が大きいでしょう。また、公立は育休制度を使うことで、長く勤めることができ、しかも毎年昇給するので、結果的に平均月給も高くなる傾向があるのです。

もちろん、私立保育園でも毎年昇給するしくみを整えているところもありますが、全体的に少ないのが現状です。また、ボーナスや退職金が必ず出るのも、公務員ならではです。

【転勤の可能性がある】

私立保育園には基本的に転勤はありませんが、公務員保育士の場合、採用された自治体のエリア内で、数年単位での転勤があります。もちろん、自分の希望が通らない可能性もありますので、注意が必要です。

公務員保育士になるには?

公務員保育士になるには、保育士資格を持っているか、取得見込みである必要があります。その上で、各自治体が実施している保育士採用試験に合格しなければなりません。
受験資格や選考方法、申込み方法、試験の時期は、各自治体によって違いがありますので、募集要項をしっかりチェックすることが大切です。
試験の時期も、自治体によってばらばらです。勤務したいエリアがある場合は、自治体に直接問い合わせをするなどして、情報収集を怠らないようにしましょう。

保育士採用試験は概ね、一次試験は筆記方式で、専門知識や一般教養が出題されます。また、自治体によっては、論文や作文の試験が出題されることもあります。
二次試験では、面接やピアノなどの実技試験、適性試験などを行います。中には体力測定を行う自治体もあります。その後、三次試験を行うところもあります。
試験に合格しても、必ず採用されるとは限りません。公務員の採用は、「採用候補者名簿」に最終合格者が登録され、その名簿に載っている人から、採用者が決定されるという方法を採っています。 名簿の登録には有効期間があり、その有効期間が切れるまでに採用の連絡が来なければ、改めて試験を受けなければいけません。

公務員保育士は、毎年募集があるわけではありません。基本的には、欠員が出て、採用が必要になった場合に募集があります。 公務員保育士は、安定性や育休制度などが充実していることから人気が高く、自治体によっては倍率が数十倍になることもあるようです。

公務員保育士になるために事前準備をしっかりと!

公務員保育士の仕事の特徴や試験内容について紹介してきました。
繰り返しになりますが、公務員保育士は人気があり、倍率も高いことから試験対策を万全にしておく必要があります。 そのため、通信講座などを活用して、各自治体の試験問題などをしっかり押さえて選考に望むようにしましょう。
公務員保育士になれば、安定して長く勤められる可能性が高くなります。希望の自治体で保育士の募集があった際は、積極的にチャレンジすることをおすすめします。