通信講座・通信教育で資格取得、ネイル・クリスタルグルーデコ・ペット・医療・心理等なら「たのまな」

ケアマネージャーとは? ケアマネの仕事内容を徹底解説! |

Column15s

ケアマネージャーの仕事内容

社会の高齢化に伴い、介護の必要性が年々高まっています。ケアマネージャー(介護支援専門員)が必要とされる現場も、今後さらに増えていくことでしょう。
介護が必要な人と、介護サービス事業者の橋渡し役であるケアマネージャーの仕事内容についてご紹介します。

ケアマネージャーとは

ケアマネージャー(介護支援専門員)は、2000年に介護保険制度が導入された際に設けられた職種です。介護認定を受けている要介護者・要支援者やその家族から、現在の状況などをヒアリングして、それに沿ったケアプランを作成します。

また、ケアプランにある介護サービスが実行できるよう、自治体やサービス事業者、施設など関係機関への連絡・調整を行います。ケアプランに基づき、要介護者・要支援者は介護サービスを受けることができます。まさに、介護をトータルコーディネートする役割になります。

ケアマネージャーの仕事内容

ケアマネージャーの仕事内容について、いくつか詳しくご紹介しましょう。

【ケアプランの作成業務】

ケアマネージャーの業務で重要なのが、ケアプランの作成です。
要介護者・要支援者からの相談を受けて、その現状を把握し、課題を洗い出してから目標を設定します。その目標を達成するために、具体的にどのような介護サービスを行うかを落とし込んだ計画書がケアプランです。

相談者が利用したいサービスといった要望を加味しながらも、設定した目標をきちんと達成するためには、どういったサービスが必要なのか、専門的な立場で提案することが求められます。 この一連の流れがケアプランの作成業務です。本人や家族がケアプランの内容に同意すれば、プランにあるスケジュールに沿って介護サービスが提供されます。

介護サービスが開始されると、ケアマネージャーは定期的に要介護者・要支援者を訪問して、ケアプランに沿って順調に介護サービスが行われているか、その都度確認をしていきます。 この業務をモニタリングといいます。その様子を踏まえて、必要があればケアプランをアップデートしていきます。

【要介護認定に関する業務】

介護保険制度で介護サービスを利用する場合、「要介護認定申請書」を自治体に提出し、要介護認定を受ける必要があります。ケアマネージャーは申請する本人の代わりに、申請書を作成することができます。
また、市町村からの委託を受けて、要介護認定申請を行った人のもとを訪問し、様子を見たりヒアリングしたりする「認定調査」も行います。

【給付管理業務】

介護サービス事業者は、介護給付費(利用者の自己負担分を除いたサービス利用料)を請求するために、国民健康保険団体連合会(国保連)に請求書と明細書を提出します。
しかし、実際に提供したサービスに基づいているかどうか国保連が判断するために、これとは別にケアマネージャーが「給付管理票」を国保連に提出します。
給付管理票とは、その月に予定したサービスが、きちんと提供されていたかを記した書類で、サービス事業者とのやりとりによって作成するものです。
国保連は、ケアマネージャーからの給付管理票と、サービス事業者からの明細書の内容をそれぞれ確認し、問題がなければ介護給付費をサービス事業者に支払います。

ケアマネージャーにどうすればなれるのか

ケアマネージャーになるためには、まず、保険医療福祉分野での実務経験が5年以上なければいけません。 具体的には国家資格(※)に基づく業務経験、もしくは生活相談員、支援相談員、相談支援専門員などといった相談援助業務経験が該当します。

※医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、義肢装具士、 歯科衛生士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士、管理栄養士、精神保健福祉士のいずれか

これらの条件を満たした人が、年に1度、各都道府県で行われる「介護支援専門員実務研修受講試験」の受験資格を得ることができます。
試験に合格したら、「介護支援専門員実務研修」を受講して都道府県に登録することで、介護支援専門証が交付され、ケアマネージャーとしての業務を行うことができます。

ケアマネージャーは、専門知識以外のさまざまなスキルも必要に

ケアマネージャーになるには、特定の業務での5年以上の実務経験が必要なため、今すぐになれるものではありません。 また、ケアマネージャーには、専門知識だけでなく、要介護者の方やその家族と正確にコミュニケーションをとる力やフットワークの軽さが求められます。 さらに、介護施設や医療機関と連携するための調整能力など、さまざまなスキルが求められます。
ケアマネージャーは、介護のプロとして、今後幅広いフィールドで活躍が望まれることでしょう。