通信講座・通信教育で資格取得、ネイル・クリスタルグルーデコ・ペット・医療・心理等なら「たのまな」

介護福祉士の仕事内容と資格取得について

Column17s

介護福祉士の仕事内容と資格取得について

お年寄りや体の不自由な方の生活サポートや指導を行い、介護現場で活躍する介護福祉士。人気の国家資格で、介護のスペシャリストとして働くことができます。
介護福祉士の資格を持つとどのような仕事に携わることができるのでしょうか。また、国家資格「介護福祉士」を取得するための、おすすめの方法についてもご紹介します。

介護福祉士の仕事内容とは?

まず、介護福祉士の仕事内容についてご紹介します。介護福祉士の仕事だからこそ実感できるやりがいや、どんな人に介護福祉士が向いているのかということについても見ていきましょう。

介護福祉士のおもな仕事内容

介護現場がおもな職場となる介護福祉士。社会福祉施設や老人ホームのほか、ホームヘルパーとして自宅を訪問して介護サービスを提供するというケースもあります。 介護の仕事は、「身体介護」「利用者へのアドバイス」「生活支援」という3タイプに分けられます。

・身体介護:食事や入浴、車椅子による移動補助など。生活に関わるさまざまな動作のサポートを行います。

・利用者へのアドバイス:介護サービス利用者やご家族に対して、介護に関するアドバイスをしたり、相談に対応したりします。

・生活支援:家事の手伝いや身の回りのお世話などのサポートを行います。

また、介護福祉士は、介護現場におけるリーダー的存在でもあります。専門知識やスキルを活かして、他の介護スタッフやヘルパーに指導も行います。 介護現場におけるスタッフの負担を軽減する役割もあるといえるでしょう。

介護福祉士の仕事の魅力

介護福祉士の仕事の魅力としては、次のようなことが挙げられます。

・老人ホームや保健施設、在宅介護サービスなど、介護サービスが求められる現場はさまざまで、需要の高い仕事である。
・現在は医師や看護師と介護福祉士が連携することも求められており、医療現場でも活躍できる。
・介護サービス利用者の自立支援に携わることができる。
・介護現場のリーダーとなり、介護スタッフの人材育成にも携わることができる。

医療やリハビリテーションの現場でも、介護福祉士の知識やスキルが求められる傾向があります。介護のスペシャリストとして、活躍できる現場も幅広いです。

介護福祉士はこんな人に向いている!

次のような人には特に、介護福祉士の仕事は向いているといえます。

・介護の専門知識と技術を身に付けて、キャリアアップに活かしたい。
・現在福祉現場で働いていて、より介護のスペシャリストとして知識やスキルを磨きたい。
・現場のリーダー的存在を目指したい。
・介護スタッフの人材育成にも携わりたい。
・医療やリハビリテーションといった現場で、他の分野のスタッフとも連携して働きたい。

介護福祉士の資格取得によるメリット

介護分野におけるプロフェッショナルとしての証明ともなる介護福祉士の資格。資格取得によって、以下のようにキャリアの幅が大きく広がります。

・介護のプロだと証明できるため、あらゆる福祉の現場で活躍できる。
・昇給や昇格・資格手当といった待遇面改善のチャンスもある。
・転職や再就職の際に有利になる。
・サービス提供責任者になれる。

サービス提供責任者は、訪問介護事業所で必要となるポジションで、訪問介護サービスの計画、運営を担います。ケアマネージャーとホームヘルパーのあいだに立ち、連絡調整をしたり、介護サービスの調整を行ったりします。

介護福祉士の資格取得によって、より責任のあるポジションに就くことができるのです。

国家資格「介護福祉士」の取得方法とは?

介護福祉士の資格は、介護福祉士国家試験に合格することで取得することができますが、 どのような取得方法があるのでしょうか?2016年度から修了が義務付けられた、「実務者研修」についても、併せてご紹介します。

介護福祉士国家試験の受験資格

介護福祉士国家試験の受験資格の取得方法には、養成施設ルート・実務経験ルート・福祉系高校ルートの3つがあります。

<養成施設を卒業する>

2017年度から、指定の養成施設を卒業すると、介護福祉士国家試験の受験資格が得られるようになりました。
また、2017年度から2021年度末までの養成施設卒業者の場合は、卒業以降の5年間、暫定的に介護福祉士資格が与えられます。この5年のあいだに、次のどちらかの条件を満たすことで、正式な介護福祉士資格が与えられます。

・卒業から5年以内に介護福祉士国家試験に合格する。
・卒業から5年間、介護現場で実務経験を積む。

<実務経験を積む>

3年以上介護関連の業務に従事しており、「実務者研修」を修了した場合、介護福祉士国家試験の受験資格を得られます。 なお、国家試験が実施される年度末(3月31日)までに3年間の実務経験を満たすという見込みがある場合も、受験資格が与えられます。

<福祉系高校を卒業する>

福祉系の高等学校または中等教育学校で、福祉関連の所定の教科目と単位数を修了して卒業した場合、介護福祉士の国家試験受験資格が与えられます。

実務者研修について

2016年度から、介護福祉士の国家試験の受験資格を得るにあたって、3年以上の実務経験に加えて「実務者研修の修了」が義務化されています。
実務者研修を通して、実践的な知識とスキルを得ることで、より高い質の介護サービスを届けられるようになります。

また、実務者研修では、医師や看護師だけに認められていた「たん吸引」や「経管栄養」の基礎知識についても学べます。対応できる介護現場の幅も広がるといえるでしょう。 実務者研修を修了することで、将来的にサービス提供責任者になることもできます。

たのまなの「介護福祉士受験対策講座」

最後に、たのまなの「介護福祉士受験対策講座」についてご紹介します。この講座では、忙しい人でも無理なく、介護福祉士国家試験の筆記試験合格に向けた対策をすることができます。

講義DVDと充実した問題集で筆記試験対策

たのまなの介護福祉士受験対策講座は、講義DVD・テキスト・模擬試験という短期集中型のプログラムとなっています。

・講義DVD

講義DVDには、筆記試験の出題範囲となっている、3領域・11科目が網羅されています。初めて介護福祉士の国家試験に挑戦する人・ 再チャレンジする人どちらの場合でも、目と耳で正確に理解しながら学習を効率的に進めることができます。自宅で時短学習ができるため、仕事などで忙しい人にもおすすめです。

・テキスト

試験の頻出問題の傾向に沿ったテキストです。試験が初めての人でも、試験の問題に慣れることができるでしょう。

・模擬試験

本番さながらの模擬試験を、全5回受けることができます。DVDで学習した内容を基にした、5択120問という本番の試験形式となっています。頻出問題や試験の傾向の研究によって作成された模擬試験を受けて、試験の雰囲気に慣れていきましょう。