スマートフォン向けページを表示

医療事務を通信で学ぶならヒューマンアカデミー「たのまな」通信講座

医療事務の通信講座・通信教育トップ
受講生・修了生のレビューはこちら

通信講座のたのまな医療事務のトピックスtopics

キャンペーン
2020年11月5日
【医療事務オンライン授業】学びの秋割キャンペーン開催中 今なら受講料15%OFF! 詳しくはコチラ
キャンペーン
2020年9月25日
【医療事務オンライン授業】秋期クラス開講直前 学習応援キャンペーン開催中!
今なら、お申し込みの方に学習に役立つ教材プレゼント(10月7日まで) 詳しくはコチラ

医療事務通信講座サポートについて

たのまなの医療事務通信講座では、お得なポイントをたくさんご用意しています。「医療資格をせっかく取るのであれば合格したい…」と思う方は多いはず。そんな方のために通信講座の『たのまな』医療事務講座が行っている8のサポートをご紹介します。8のサポートで通信の不安や疑問を解消します。

ポイントその1【医療事務合格サポート制度】
医療事務のプロとしての称号「医療保険士」試験に標準学習期間内に3回受験して合格に至らなかった場合、無償で再受講できる「合格サポート制度」を導入しています。
ポイントその2【無料サポート延長】
出産や結婚等思わぬトラブルで受講期間内に講座の勉強を終えられないかも…。医療事務通信講座では、ご自身の都合で受講を延長しなくてはいけなくなった場合でも、受講サポートの延長が可能です。追加料金がかからずに無料でサポートが延長できます
ポイントその3【サポートメール】
通信講座では、やる気のモチベーションの維持は重要です。あなたのモチベーションを下げないようにたのまな医療事務講座では、サポートメールで受講生を応援します。
ポイントその4【点数改正資料を無償で送付します】
2年に1度の割合で法改正があるといわれている医療分野に関して、たのまな通信講座では、1年に最低3回は教科書の改正ポイントを見直し、法改正の際には、すみやかに教材の修正や補足資料の配布を行っています。また医療事務の通信講座受講生には、改正点をまとめたオリジナル資料を無償で差し上げています。
ポイントその5【就転職サポート】
たのまなの医療事務講座で学んだ内容をきちんと生かせるよう、受講後、医療事務等として病院などに就職したいと考えている方の就職、転職活動をサポートします。
ポイントその6【添削課題提出は無制限】
通信講座では、添削課題は大きなポイントです。特に医療事務の分野では、専門的な用語も多く、なかなか添削課題に合格できないという方も。通信講座のたのまなでは、添削課題は、受かるまで何度でも提出可能です。
ポイントその7【質問回数も無制限】
通信の『たのまな』医療事務講座では、無制限で質問ができる制度があります。質問は、メール、郵送、FAXで受け付けており、回答はプロの講師によって納得がいくまで対応いたします
ポイントその8【学院長名で推薦書を発行】
就職、転職活動を応援するべく、たのまなの医療事務講座では、学院長名を使用した推薦証(受講経歴書)の発行をしています。習得スキルの一覧からカウンセラーのコメントも付けて書類選考時にあなたの就転職活動をサポートします。

医療事務の仕事は、病院や診療所、クリニックなどで、医療に関わる事務全般を行う仕事です。勤務時間は、病院の診療時間に応じるため、一般企業の就業時間に比べ若干早いことに加え、契約社員やアルバイトなどで、半日のみや週に2,3日といった勤務時間や出勤日を調整できる求人も多く、家事や子育てと両立しやすい仕事です。
また医療事務は、保険や身に着けたスキルを活かし全国どこでも活躍することが可能です。医療現場での仕事のため、保険請求や電子カルテの扱いなど専門的な知識を求められることも多く、スクールや通信講座などで勉強し、医療事務に関連する専門の知識を身につけることは、就職や転職の際には大きなアピールとなります。
通信講座のたのまなでは、資格取得で医療事務の就職、転職を応援します。医療事務は、病院の顔として患者さんと接し、医師や看護師の仕事を支える人の役に立つ、やりがいのあるお仕事です。