ジェルネイル技能検定試験について|通信教育・通信講座のたのまな

ネイルの通信講座 > コラム一覧 > ジェルネイル技能検定試験について
コラム
02ジェルネイル技能検定試験について

ジェルネイル技能検定

ネイルサロンに行ったことのある方であればジェルネイルと聞いてピンとくる方も多いと思います。
今ではジェルネイルを行っていないネイルサロンはほとんどないといっても過言ではなく、サロンのメインメニューとしてジェルのコースを掲げているネイルサロンも多いです。

ネイリストに関する検定の中には、ジェルネイルについての検定があります。ジェルネイル技能検定試験は、NPO法人日本ネイリスト協会により、ネイルサロンにてお客様が安心してジェルネイルの施術を受けられるよう、また健全なジェルネイルの普及を目的として開設されました。
2010年2月から始まった検定試験となり、第1回目の試験である初級検定試験でも4,610名もの受験者を記録した大変人気のある検定です。

ジェルネイル技能検定を取得することで、しっかりとしたジェルネイルの技術を保有していることの証明となり、現役で活躍しているネイリストの方も受験しているようです。
ネイリストを目指す上で、ジェルネイル技能検定は是非取得しておきたい検定といえるでしょう。

ジェルネイル技能検定には3段階

まずは、ジェルネイル技能検定試験の種類や内容についてしっかりと把握をしておきましょう。
ジェルネイル技能検定試験には3段階あります。それぞれの試験の内容、注意についてお話致します。

JNAジェルネイル技能検定初級試験

ジェルネイル検定を受験されたことがない方は、JNAジェルネイル技能検定初級試験からスタートすることになります。JNAジェルネイル技能検定初級試験は、義務教育を修了している方であれば、どんな方でも受験することが出来る試験となります。

試験内容は、実技試験と筆記試験となります。
まず初めに行われる実技試験は、第1課題と第2課題に分かれています。
第1課題は、両手10本にネイルケアを35分以内に行います。
第1課題と、第2課題の間には5分間の準備時間があります。
第2課題では左手、右手にそれぞれポリッシュカラーリングとジェルカラーリングを行います。ジェルを施した右手の中指にはピーコックというジェルアートを施します。第2課題は60分間の制限時間となります。

その後は、ネイル、ジェルネイルに関する基礎知識に関する筆記試験があります。
ネイリスト技能検定3級の取得者は、実技試験の第1課題(ネイルケア)が免除されますので、ネイリスト技能検定と一緒に勉強を進めると良いでしょう。

JNAジェルネイル技能検定中級試験

初級試験を合格すると次に挑戦できるのが、JNAジェルネイル技能検定中級試験です。
ジェルネイル技能検定の資格については、就職において中級以上の取得を条件とするサロンも多く、是非挑戦して頂きたい試験となります。

JNAジェルネイル技能検定中級試験の試験にも、実技と筆記があります。また、中級の実技試験でも第1課題と第2課題に分かれていますが、開始前のモデルの状態が初級とは異なります。

中級試験の前のモデルの手には、右手にはネイルケアを済ませた後にジェルカラーリングを施し、左手5本はネイルケアもカラーリングも何も行っていない状態で行かなければいけません。この状態から第1課題がスタートします。
第1課題では左手のみに、ネイルケア、ポリッシュでのカラーリングを行います。右手については何も施術しません。
その後、初級試験と同様に5分間の準備時間があります。
そして、第2課題では、右手のジェルをオフし、中指にはジェルでのイクステンション(クリアスカルプチュア)の施術を行います。中級課題でのカラーは単一に塗るのではなく、右手の4本指にはジェルカラーグラデーションを、そして左手5本のネイルカラーはオフをします。その後、ジェルフレンチカラーリングを施します。

中級試験の筆記では、ネイルに関する基礎知識とジェルネイルに関する基礎知識・理論から問題が出題されます。

JNAジェルネイル技能検定上級試験

ジェルネイル技能検定、いよいよ最後となるのがJNAジェルネイル技能検定上級試験です。上級の検定にも、中級試験までの取得が受験の条件となります。

JNAジェルネイル技能検定上級試験の内容は85分の実技試験のみとなります。
試験では、右手の人差し指と中指にジェルクリアスカルプチュア、右手薬指にはジェルチップオーバーレイ+テーマに沿ったデザインを行い、左手中指にはジェルチップオーバーレイ、左手薬指にはジェルチップオーバーレイ+フレンチルックです。
ここで注意すべきポイントとしては、手指間違いはもちろんのこと、ジェルチップオーバーレイでのチップのカラーはクリアかナチュラル、スタイリングはスクエアオフ、長さは5mm〜10mmなど細かな指定をしっかり守って施術をしていくことです。

JNAジェルネイル検定の準備

JNAジェルネイル検定の準備

JNAジェルネイル技能検定試験を受験するにあたり、検定に使用する商品については、メーカーからカラーまで細かくJNAが指定した商品のリストの中から選ばなければいけないという規定があります。
ですので、検定を受けるにあたりそれを揃えて検定に挑むことが大切です。
ジェルネイル技能検定試験を受験する前に使用する商品の申請を行う必要があり、普段使っている商品が検定の指定商品でない場合改めて検定用の商品を購入する必要があります。
ジェルは、メーカーやライトによって多少扱いが異なりますのでそういった点でも注意が必要となります。

JNAジェルネイル技能検定試験を目指すにあたり、「たのまな」では検定試験対策用の講座をご用意しております。検定試験対策用の講座をご選択頂くことで、検定試験に対応した商品にて効率的な学習を進めることが可能です。
また、JNAジェルネイル技能検定試験とネイリスト技能検定試験については、交互に受験をしていくことで、効率良く資格取得をしていくことが可能になります。
2種類の検定試験を目指す為のコースもご用意しておりますので、検定試験挑戦の際は、「たのまな」で効果的な学習を進めていきましょう。

ネイルの通信講座のコラム|通信教育・通信講座のたのまな
  • 資料請求はこちら!
  • ご質問・気になること、何でもお気軽にお問い合わせください

ネイルの通信講座のコラム | ネイルの通信講座に関してのコラムは、ネイリストを目指すにあたってJNEC、JNA資格の取得、セルフケアやジェルの扱い方、サロン開業を目指すにあたって気になることなどを解決致します。