ネイル検定3級に合格するには?|通信教育・通信講座のたのまな

コラム
01ネイリスト技能検定3級について

ネイリスト技能検定は、公益財団法人「日本ネイリスト検定試験センター」が主催する、「正しいネイリストの技術や知識の向上」を目的とした検定試験です。 難易度は1級から3級まであり、1級は「トップレベルのネイリスト」、2級は「サロンワークで通用するスキル」、3級は「ネイリストの基礎」を基準に採点されます。「将来的に1級・2級の取得を目指したい」場合、まずは登竜門である「ネイリスト技能検定3級」をクリアしなくてはいけません。

「今後ネイリストとして働きたいと考えている方」や、「セルフネイルのクオリティを上げたいと考えている方」の、ネイリストとしての基礎知識・スキルを持っているという証となるのが「ネイリスト技能検定3級」です。

SNSなどで「簡単だから独学でも大丈夫」という意見もありますが、一発合格を目指すためには入念な準備が必要不可欠です。 「ネイリスト技能検定3級」の取得に向けて、ネイル講座を活用ししっかりとした対策を行いましょう。
参考:公益財団法人ネイリスト検定試験センター「技能検定試験概要」

ネイリスト技能検定3級の試験内容

ネイリスト技能検定3級の試験内容

試験は、実技試験と筆記試験があります。受験資格は義務教育を修了している人なら、誰でも受験可能です。また、ハンドモデルは15歳以上で手指周りに疾患がない方でしたら、男女問いません。

▼実技試験と筆記試験
試験傾向は毎回大きな変動はなく、実技70分、筆記30分の時間配分で行われます。時間配分が難しいとされる実技試験について、詳しく見ていきましょう。

・手指消毒(1分)
・ポリッシュオフ(6分)
・ファイリング(12分)
・クリーンナップ(14分)
・ポリッシュカラーリング(25分)
・アート(8分)
・トップコート(3分)
・見直し(1分)
・計70分

ネイリスト技能検定では、「実技試験におけるタイムオーバー」は失格対象です。時間内にすべての工程を完了できるよう、準備が必要です。

また、筆記試験は30分間のマークシート方式です。
毎回「ネイリスト技能検定試験公式問題集」から出題されます。ヒューマンアカデミーのネイル講座を受講すると、教材として配布されるので、こちらの問題集を使って勉強することをおすすめします。

ネイリスト技能検定3級の試験の注意点

▼ネイリスト技能検定の採点方式に注目!
ネイリスト技能検定は、「減点方式」です。そのため満点を目指すよりも、「どれだけ減点されないか」がポイントになります。 例えば、手指消毒やテーブルセッティング、モデルの爪の事前審査は5点配分されています。テーブルセッティングに不備があれば、それだけで1〜5点の減点対象になってしまいます。
事前準備でクリアできる項目をしっかりと準備し、減点を少なくすることができます。ネイリスト技能検定の公式サイトに掲載されている実技採点基準に目を通しておくと、 試験官がチェックするポイントや、どこに注意すれば減点されないかなど、試験の全体を理解できるので試験前に確認しておきましょう。

▼ミスで失格はもったいない!失格対象をチェック
ネイリスト検定は失格対象となり、それだけで試験合格のチャンスを逃してしまう項目がいくつかあります。 実際に3級での不合格の多くは、気付かないうちに失格対象となる行動や、ストーンプッシャーやキューティクルオイルなど、失格対象になっている道具の持ち込みを行っている場合です。
本当に些細なことばかりなので、事前に失格対象となる項目をチェックしておきましょう。よくある失格理由の一例を紹介します。

・遅刻
会場によっては駅から距離のある場所もあります。余裕をもって試験会場にいきましょう。

・実技試験タイムオーバー
時間配分を意識した練習で、70分間で全行程を完了できるようにしてください。

・使用禁止の用具の持ち込み
キューティクルオイルや爪磨きシート、ドットペン、キッチン用品などを持ち込むと、事前審査の段階で失格になります。使わないものは持っていかない方が安心です。

・手指間違い
意外と多いのが、アートを施す指を間違えてしまうことです。試験で緊張しているせいか、アートを施す手指を間違えることもあるので、注意してください。

・私語
カンニング行為とみなされてしまった場合、どんなに完成度が高くても失格になってしまいます。モデルをお願いする場合、事前に受験中の私語はできない旨を伝えておきましょう。

参考:2017年秋期ネイリスト技能検定「試験概要」
注意)こちらは2017年秋期ネイリスト技能検定の実技採点基準です。必ず最新版のチェックをしてください。

▼実際の会場の雰囲気は?
地方会場では、受験者数は20名程ですが、都内の会場では、受講者800名近くになり、モデルさんも含めると1,600人以上もの人が集まることもあります。

試験会場での過度なおしゃべりは減点対象になるので、話をするときも小声です。「絶対に話してはダメ」というわけではなく、ネイリスト技能検定の試験概要にもあるように、 会場内で私語が多かったりマナーが悪かったりすると限定対象になります。また試験会場において、モデルが受験生にアドバイスや手助けをした場合、失格対象になるので私語は控えた方がいいでしょう、

「モデル・受験生は女性ばかりかな?」と思う方もいると思いますが、実際にはハンドモデルさん、受験生など様々な年代の男女が参加しています。

ネイリスト技能検定3級の試験対策

ネイリスト技能検定3級の試験対策

試験前には以下の準備を行いましょう。

▼タイマーを使った練習をする
ネイリスト技能検定3級の試験のポイントのひとつに、「実技試験におけるタイムオーバー」による失格があります。学習を進める中でキレイな仕上がりにしようと丁寧に時間を掛けると、 短時間で美しい仕上がりを作る練習をせず、試験ギリギリになって時間内に終わらないと気付くことがあります。

万全の状態で試験に臨むために、練習段階から時間を計るクセをつけましょう。試験にはタイマーの持ち込みが可能なので、試験に持っていくのもおすすめです。

▼ハンドモデルと時間が合わないときは自分の手で練習する
練習は、「本物の指」で行う方が効果的です。教材に入っているハンドくんで練習するのももちろんですが、キューティクル周りのケアやカラーリングに関してはできるだけ本物の方がいいでしょう。

その理由は、実際の爪はハンドくんほど大きくないこと、そしてポリッシュのにじみ方が異なるので、ハンドくんだけで練習すると後々の調整がとても大変だということです。 また、自分の手と他人の手ではケアのやり方も若干違います。自分以外の人の爪に施術をしてしっかりと練習しておくといいでしょう。

実際の試験は人間の手に施術するので、練習の割合を、ハンドくんと自分やモデルの爪を半々くらいで行えるといいでしょう。

▼スクーリングを活用する
ヒューマンアカデミーのネイル講座を受講すると、特徴のひとつであるスクーリングに参加することができます。「どれを持っていけばいいのか」「このやり方で大丈夫か」など、 通信講座では悩みをすぐに相談できる人が身近にいないため、ひとりで悩んでしまうこともあります。スクーリングを活用すれば、ご自身の悩みを直接講師に相談することができます。

1回4,000円で日本ネイリスト協会認定講師にアドバイスをもらえるので、スキルや検定の流れに不安がある方は是非参加してみてください。

■ネイリスト技能検定3級のための講座
ヒューマンアカデミーのネイル講座の教材最大の魅力は、実技・座学ともに試験に必要なものが揃っていることです。そのため、届いたその日から本格的な練習を開始することができます。

▼検定に使える用材
検定で必要になる用材がすべて入っているので、検定に向けた本格的な練習を気軽に始められます。例えば、ネイルケアに必要な用材や、ポリッシュ、検定時使用可能なウェットステリライザーなど、試験会場に持ち込める規定のものばかりです。

実際にイチからこれらの教材を集めようとすると、時間も労力もかかりますし、講座にセットになっているものを利用すれば、失格対象の道具を間違って買うこともありません。 また、ネイル講座受講者はネイル専門の問屋さんを活用できるので、消耗品を通常価格よりも、お得に購入できるのもうれしいポイントです。

▼プロの技術を間近で見られるカリキュラム
検定で審査される各工程を丁寧に収録したDVDは、ヒューマンアカデミー独自のカリキュラムです。細かい作業がわかりやすいように、「手元全体」「接写」「復習」と、ひとつの工程をさまざまな角度から複数回紹介しているので、ポイントを確認しながら学習を進められます。

▼現役プロネイリストが添削・アドバイス
ヒューマンアカデミーのネイル通信講座では、検定対策に特化した課題が用意されています。その課題を専用の封筒に入れて送ると、ヒューマンアカデミーに在籍している、JNA(日本ネイリスト協会)の認定講師が添削します。

納得いくまで何度でも添削可能なので、自分のスキルに自信がつくまで提出ができます。

最後に

「ネイリスト技能検定3級」は独学でも合格可能です。しかし、その先の2級、1級の合格を目指すには、プロのアドバイスや検定難易度に見合った教材が必要になってきます。
ヒューマンアカデミー・ネイル講座では、検定合格をゴールにしたカリキュラムやサポートが充実しているので、本気で資格取得を目指している方、仕事をしながら検定の勉強をしたい方におすすめの講座です。

今回ご紹介した「ネイリスト・ジェルネイル検定トータルコース」以外にもネイリスト検定3級取得を目指せるコースをご用意しています。

ネイルの通信講座のコラム|通信教育・通信講座のたのまな
  • 資料請求はこちら!
  • ご質問・気になること、何でもお気軽にお問い合わせください

ネイルの通信講座のコラム | ネイルの通信講座に関してのコラムは、ネイリストを目指すにあたってJNEC、JNA資格の取得、セルフケアやジェルの扱い方、サロン開業を目指すにあたって気になることなどを解決致します。