通信講座・通信教育のたのまなトップ > 全講座一覧 > 認定医師秘書(医師事務作業補助者)講座 資格試験

認定医師秘書(医師事務作業補助者)講座 資格試験

自宅で受験できる!
履歴書に書ける!
認定医師秘書™(医師事務作業補助業務実務能力認定試験)

在宅試験OK!
普段、学習している環境そのまま試験に臨めます

  • 暗記は不要!教材を見ながら受験できます

    ヒューマンアカデミー通信講座「たのまな」では、全国医療福祉教育協会が指定する教材で学びます。認定医師秘書™(医師事務作業補助業務実務能力認定試験)で出題される範囲は、すべて協会指定教材に網羅されています。暗記することが目的ではなく、教材の内容をいかに理解しているか、医師事務作業補助者が記載すべき書類をいかに正確に書けるか、を問う試験内容となっています。

  • 履歴書に書ける!知識の証明として就・転職に活用できます

    医師事務作業補助者として医療機関で配置されるためには、厚生労働省が定める32時間相当の研修が必要となります。本講座は、厚生労働省が定めるプログラムを網羅したカリキュラムです。また、修了後、医師事務作業補助者(認定医師秘書™)の資格を取得することで、32時間相当の研修課程を修めたことを証明することができます。

「認定医師秘書™(医師事務作業補助業務実務能力認定試験)」って?

医師事務作業補助者(認定医師秘書™)は、全国医療福祉教育協会が認定する認定医師秘書講座を修了し、試験に合格した者に与えられる称号です。医師事務作業補助者(認定医師秘書™)の資格を取得することで、32時間相当の研修課程を修めたことを証明することができます。
※ヒューマンアカデミー通信講座「たのまな」の認定医師秘書講座は、全国医療福祉教育協会の認定講座です。

 資格概要 

資格名 認定医師秘書™(医師事務作業補助業務実務能力認定試験)
資格区分 民間資格
受験資格 以下のいずれかに該当する者
1.当協会指定教育機関において認定医師秘書 講座の受講修了をした者
2. 医療機関において医師事務作業補助職として6ヶ月以上(32時間以上の基礎講習や研修等を修了している者を含める)の実務経験を有し、当協会規定の実務経験証明書において、実務経験保有者と確認が取れる者※医療事務、経営・管理に関する事務・看護・診療補助等は該当しない
試験日程 3月、7月、9月、12月

出願の際、本講座の「修了証」が必要となります。
※修了証の発行は、本講座の添削課題全6回において一定の成績を修めることが条件となります。 目指す試験に合わせて、下記の期日までに添削課題を提出してください。

第46回試験日2020年12月6日(日)
第46回添削課題締切日:2020年10月9日(金) 消印有効
▼願書提出期間:2020年9月28日(月)~2020年10月30日(金)消印有効

第47回試験日2021年3月28日(日)
第47回添削課題締切日:2021年1月29日(金)消印有効
▼願書提出期間:2021年1月25日(月)~2021年2月19日(金)消印有効
受験料 8,200円
受験会場 在宅試験
試験形式 学科・実技
試験内容 学科(医師事務作業補助基本知識)
実技(医療文書作成)
申込み・問合せ先 特定非営利活動法人 医療福祉情報実務能力協会

認定医師秘書(医師事務作業補助者)講座

  1. 講義DVD 5枚
  2. 講義テキスト 6冊
  3. 添削問題集 1冊(全6回分)
  4. 解答用紙(全6回分)
  5. 受講ガイド
  6. 質問票/返信用

お申込みはこちら