通信講座・通信教育で資格取得、AFP+2級FP技能士講座は「たのまな」

ファイナンシャルプランナー講座(2019年試験対策)

効率的にFPに必要な基礎力を習得する速習講座!

AFP+2級FP技能士 DVDコース

一括払い 64,000円(税込)/ 分割払い 月々6,600円~

AFP+2級FP技能士 DVD+eラーニングコース

一括払い 76,000円(税込)/ 分割払い 月々6,600円~

クチコミ

印部分をクリックまたは、タップいただくとクチコミの内容が表示されます。

  • 講座概要
  • 費用詳細
  • 学習の進め方
  • 教材について

講座概要

日常生活にも役に立つFPのスタンダード講座です

AFP+2級FP技能士講座

ファイナンシャルプランナー(FP)の学習内容には、人生の三大資金(教育資金・住宅資金・老後資金)をはじめ、金融商品(株・債券など)の特徴・投資分析、不動産登記・取引、生命保険・医療保険、所得税・消費税、遺言・相続税などのお金にまつわる幅広い知識が含まれています。

どの年代でも、どんな人でも必要不可欠なのに、学校では教わることのない身近な“お金”の知識がファイナンシャルプランナー(FP)です。これらの知識を体系立てて習得することで、自分自身で将来の人生設計(ライフプランニング)ができるようになり、今後の人生にとって大きなメリットとなるはずです。

日常生活にも役に立つFPのスタンダード講座です

生涯の生活設計

ファイナンシャルプランナー(FP)の学習内容には、人生の三大資金(教育資金・住宅資金・老後資金)をはじめ、金融商品(株・債券など)の特徴・投資分析、不動産登記・取引、生命保険・医療保険、所得税・消費税、遺言・相続税などのお金にまつわる幅広い知識が含まれています。

どの年代でも、どんな人でも必要不可欠なのに、学校では教わることのない身近な“お金”の知識がファイナンシャルプランナー(FP)です。これらの知識を体系立てて習得することで、自分自身で将来の人生設計(ライフプランニング)ができるようになり、今後の人生にとって大きなメリットとなるはずです。

ファイナンシャルプランナー資格取得のメリット

お金の知識

ファイナンシャルプランナーの資格取得のメリットはさまざまです。

「将来のキャッシュフローを作成することで、改善すべき点が良くわかった」
「今までわからず任せっぱなしだった保険を、自分で見直して節約できた」
「金融機関の担当者の説明が良く理解できるようになった」

など、さまざまな声をいただいています。

また、生活に役立つだけでなく、金融機関(銀行・証券・保険)や不動産・住宅メーカーはもちろんのこと、一般事業会社の総務や経理部に所属している方にも、ファイナンシャルプランナー(FP)の知識は大いに役立ちます。ファイナンシャルプランナー(FP)の幅広い知識をもって、トータル的なアドバイスが可能になりますので、お客様からの信頼も得やすくなるでしょう。

自分のライフプランが設計できるようになる「AFP+2級FP技能士」

「AFP」と「2級FP技能士」の2種類の資格取得が可能

本講座を修了し、試験に合格することで「AFP」と「2級FP技能士」の2種類の資格取得が可能です。

「AFP」は2級FP技能士の知識に加え、人生を「プランニング」する技術を学ぶことができます。実際の人生設計(ライフプランニング)では、2級FP技能士で学んだ「科目ごとの知識」を総合的に組み入れていくことが必要です。その実践的な技術を習得するための「提案書作成」が修了要件とされている「AFP認定研修」を受けることにより、より実践的なファイナンシャルプランニングを学ぶことができるのです。

  • prev
  • next

講座のポイント

  • 学び方で選べる「DVDコース」「eラーニングコース」の2種類を用意

    「DVDコース」「eラーニングコース」の2種類を用意

    テキストとDVDの講座だけでなく、スマホやタブレット、PCでも講義動画が視聴できる「eラーニングコース」もご用意。学習内容の定着・復讐にご活用できます。「スキマ時間」を効果的に活用できるので、学習効果もアップ!

  • 基礎からしっかり学ぶ「学習カリキュラム」

    FP講座の受講前にピッタリな入門講座「ゼロから始めるマネープラン講座」を用意

    ファイナンシャルプランナー(FP)は、6分野(ライフプラン・金融・保険・不動産・税金・相続)という幅広い知識を習得しますが、学校では教えてくれない知識ばかりですので、基礎知識を持っている人の方は少なく、ほとんどの方が初めて学ぶ内容ばかりです。

    本講座は、全て基礎から学習するようにカリキュラムが組まれていますので、初めての方でも安心して学習いただけます。

  • 最新の出題傾向や試験対策は、無料のリアルセミナーで学習

    無料のリアルセミナーで学習

    通信講座でありながら、試験前の直前対策として、試験対策セミナーを無料で開催いたします。法改正による改定事項や、出題傾向、試験に出やすいポイントを、ベテラン講師陣によるセミナー形式で直接受講できます(開催地:東京)。学習の疑問解消・モチベーションアップにつながること間違いなし! また、当日参加できない方や遠方の方も、後日インターネットの専用ページから収録映像を視聴できるので安心です。開催は12月・4月・8月の年3回を予定しています。

  • prev
  • next

eラーニングコースの特長

  • スキマ時間で視聴できるショート動画

    スキマ時間で視聴できるショート動画

    講義内容を10分以内に編集したショート動画ですので、通勤や日常生活のちょっとしたスキマ時間を活用して学習できます。忙しい人でも続けやすいのが特徴の学習スタイルです。

  • 全100問の確認テストもeラーニングで受講

    全100問の確認テストもeラーニングで受講

    講座の進捗状況にあわせて理解度をチェックする「確認テスト」が、全100問用意されています。eラーニング上で受講しすぐに採点されるので、添削による郵送のやり取りなどがなく、時間を有効に使うことができます。

  • 個々の学習進捗をしっかり管理

    個々の学習進捗をしっかり管理

    映像の視聴履歴を詳細に確認できるため、ご自身の学習スタイルを確立して、効率的な学びが可能です。積み上げてきた時間はモチベーションアップにも繋がります。

  • メールによる質問サポート

    メールによる質問サポート

    受講中にわからないところがあれば、質問機能システムを介してすぐに質問できるから安心です。スタートアップでお困りの時は、電話、メールにてサポートいたします。

  • 倍速再生(最大2.0倍)で学習効率アップ

    倍速再生(最大2.0倍)で学習効率アップ

    動画の再生速度を上げることで、学習時間を短縮させることができ、 効率良く学習を進めていただけます。
    また、連続再生機能も備わっているので、ストレスなくスムーズに次の学習へ取り組んでいただけます。

  • prev
  • next

教材について

  • 始めて学ぶ方も安心! 重要項目を習得しやすいテキスト

    「分かりやすさ」と「使いやすさ」が自慢の講義DVDとテキスト

    「初学者が読んでわかる!」をコンセプトに、生活や実務に役立つコラム、ケーススタディを網羅したオリジナルテキスト。制度改正の内容を、毎年反映して改訂しています。「重要ポイント」は太文字表記、「出題項目・改正事項」はマーク表記しているので、試験範囲と出題項目をしっかりと確認することが可能です。金融・不動産業界の方々はもちろんですが、初めて学習されるサラリーマン、OLや学生、主婦、退職後の方々にもわかりやすいと好評のテキストです。

  • テキストと提案書対策に対応した全24時間の映像講義

    全24時間の映像講義

    各テキストに対応した、全7分野の重要ポイントを集約した映像講義です。各分野の全体像やポイントを整理できるので、テキスト学習の理解度アップが図れます。また講師は、FP試験を熟知した業界トップクラスのベテラン講師陣です。実務経験も豊富なので、FP試験合格レベルの知識整理と学習ポイントを伝授して、合格ライン突破へ導きます。
    ※「DVDコース」の方はDVDで視聴、「eラーニングコース」の方はDVDとeラーニング両方の視聴が可能です。

  • 講座の修了案件の1つ「提案書課題」をサポートするツールと映像講義がセット

    「提案書課題」をサポートするツールと映像講義がセット

    「提案書」は、顧客の希望するライフプランの実現に向けて作成するもので、今まで学習した知識を活用できるか、実践するトレーニング課題となります。この課題は講座の修了要件として、「提案書」を作成して合格する必要があります。
    その提案書作成よりスムーズにする「提案書課題作成ツール」を、付属のCD-ROMに収録しています。「ワークブック」や「キャッシュフロー表」「提案書課題サンプル」などがWordやExcel、PDFファイルで収録。提案書作成の手順や、注意点などのポイントをわかりやすく解説してい映像講義も用意してますので、初めてという方でも無理なく作成できます。

  • 始めて学習されるOLや学生・主婦・退職後の方々にも分かりやすいと評判のテキスト

    始めて学習されるOLや学生・主婦・退職後の方々にも分かりやすいと評判のテキスト

    金融資産運用設計
    金融・経済・金融商品、資産運用に関する知識を学びます。ポートフォリオ理論について学ぶことにより、自分で資産運用を行うことに自信を持つことができます。
    不動産運用設計
    不動産に係る法規等や不動産の購入・譲渡などの税金について学びます。不動産の有効活用、不動産投資信託(REIT)など、これからの資産形成に不可欠な知識も含まれています。
    ライフプランニングリタイアメントプランニング
    マイホーム取得や子供の教育資金作り、老後の生活設計など、ライフプランを実現するための考え方や、社会保険の仕組みなどについて学びます。
    リスクと保険
    生命保険・損害保険などについて学びます。言われるままに加入するのではなく、自分で必要な保障を見極める知識が身に付きます。
    タックスプランニング
    所得税・法人税を中心とした税金に関する知識を学びます。確定申告を自分で行えるようになり、それによる節税効果も期待できます。
    相続・事業承継設計
    相続税や贈与税、財産評価などについて学びます。納税対策だけでなく、遺産分割の知識を身につけておくことで、予期せぬトラブルを回避できます。

  • prev
  • next

講座詳細

ファイナンシャルプランナー講座
AFP+2級FP技能士【DVDコース】

  • 標準学習期間3ヶ月
  • 在籍期間12ヶ月
  • 添削回数7回
  • 教材発送一括
一括払い

価格:64,000円(税込)

分割払い例

10回〔初回:7,121円、2回目以降:6,600円〕

ファイナンシャルプランナー講座
AFP+2級FP技能士【DVD+eラーニングコース】

  • 標準学習期間3ヶ月
  • 在籍期間12ヶ月
  • 添削回数7回
  • 教材発送一括
  • eラーニング視聴期間12ヶ月
一括払い

価格:76,000円(税込)

分割払い例

12回〔初回:6,941円、2回目以降:6,600円〕

  • 【お申込み前にご確認ください】
    ※ヒューマンアカデミーたのまなでは通信講座のみ開講しています。
    ※本講座は、山田コンサルティンググループ株式会社と提携した通信講座です。
    ※本講座は、受講期間・サポート期間の延長には対応しておりません。
    ※「ファイナンシャルプランナー講座」は教材改定のため、現在はご購入できません。販売の再開は11月を予定しております。ご迷惑をおかけいたしますが、予めご了承のほど、よろしくお願いいたします。
【ご注意】

※分割払い例は目安として「教育ローン」でのお支払いの場合を掲載しています。
クレジットカードでの分割のお支払い目安については、「お申し込み方法」をご確認ください。

こんな方にオススメ

  • 自分・家族の豊かな生活のために勉強したい
  • 将来の人生設計を自分自身でプランニングしてみたい
  • お客様への相談やアドバイスなど仕事に活かしたい
  • 企業内(金融機関・一般企業の総務等)でキャリアアップしたい

学習の進め方

  • STEP1

    「FP基礎(FP総論)」学習STEP1

    まず始めに「①FP基礎(FP総論)」の映像講義の視聴とテキストの学習を並行して進めます。全体像やポイントを整理してから、さらにテキストを熟読すると効果的です。

  • STEP2

    「確認テスト」で習熟度を確認STEP2

    各テキストごとに「確認テスト」が用意されています。確認テストはeラーニングでいつでも受講できますので、理解できるまで何度も挑戦しましょう(DVDコースの方も、確認テストはeラーニングで受講します)。

  • STEP3

    各分野のテキスト、映像視聴、確認テストを進めるSTEP3

    残り6冊のテキスト学習、映像視聴、確認テストを進めていきます。テキストの記載された数字の順番に学習することをお勧めします。
    ②金融資産運用設計
    ③不動産運用設計
    ④ライフプランニング・リタイアメントプランニング
    ⑤リスクと保険
    ⑥タックスプランニング
    ⑦相続・事業承継設計

  • STEP4

    「提案書対策」の映像を視聴しツールを使って作成STEP4

    「提案書課題」に取り掛かります。まずは「提案書対策」の映像を視聴し、付属のCD-ROM「提案書課題作成ツール」を活用して、課題を作成してください。

  • STEP5

    提案書課題を提出STEP5

    作成した提案書課題を、郵送で提出します。100点満点で60点以上で合格となります。

  • STEP6

    試験までは「FPダイジェスト基礎」で学習STEP6

    「FPダイジェスト基礎」は、重要ポイントのまとめと、理解度チェックのための「○×問題」を融合させた試験対策教材です。実技対策の計算問題も盛り込んでいますので、基礎力チェックや応用力養成に最適です。

  • STEP7

    試験直前にリアルセミナーに参加STEP7

    試験直前に開催予定の「試験対策リアルセミナー」に参加。試験対策の講義を無料で行います。試験前の仕上げとして、ご活用ください。

  • STEP8

    2級FP技能検定試験に挑戦STEP8

    「2級FP技能士」の試験は年3回(1月・5月・9月)行われます。通信講座の受講期間は1年間ですが、標準学習期間は3~6ヵ月となりますので、計画的に学習しましょう。

よくあるご質問

  • どのような職業の方が多いですか?
  • 金融機関勤務の方が圧倒的に多い、という印象が強いようですが、そうでもありません。これは受講目的が仕事のためだけはなく、自身の生活に役立つ知識を得るために受講する方が増えたといえるでしょう。どんな職業の方にもFP知識が必要ということになります。
    「仕事のために」という目的では、金融機関の方に加え、不動産業界勤務の方や一般企業の総務・経理部所属の方も増えています。また、システム関係の方もいらっしゃいます。これは、金融機関のシステム開発等に携わる場合に、ベースとなる知識があった方がコミュニケーションが取りやすく、製品完成度も高まるというお考えからのようです。
    「生活のために」という目的では、特に家計管理を目的とした主婦、自身の資産管理やキャリアアップを目的としたOLや製造・メーカー等の一般企業にお勤めの方が多く、就職を目的とした学生も増えてきました。
  • どのような年代の方が受講していますか?
  • 20代から30代を中心に、大学生から70代のシニア層まで、幅広い年齢層が受講されています。FPの学習内容が、どの年代にも必要不可欠な「お金」の知識であることが、受講生の年代からもお分かりいただけます。
  • 男女比はどのくらいですか?
  • 数年前、開講当初は圧倒的に男性が多かったのですが、最近では女性が急増しています。家計管理という目的で主婦の方やキャリアアップを目指すOLの受講生が増えてきたからです。
  • 1から始めるのですが、学習についていけますか?
  • どの科目も基礎から学習していただきますので、大丈夫です。FPの学習分野は幅広いため、全分野の基礎知識を持っている人の方が少ないはずです。FP講座では、全て基礎から学習するようにカリキュラムが組まれていますので、初学者でも安心して学習していただけます。
  • 講座の修了条件は?
  • AFP資格取得のためには、受講開始から1年以内に講座を修了する必要があります。
     ・提案書合格
     ・確認テストの実施(eラーニング)
  • 「提案書」とは?
  • 受講の最終仕上げとして作成するレポートです。「ある一家から資産運用の相談を受けた」という「提案書課題」がありますので、FPとして提案内容を考え、レポートを完成させていただきます。FP講座で学んだ知識で、お客様が満足される提案書を作成してみてください。課題は講座の修了要件のひとつです。提出後採点され、100点満点中60点以上で合格となります。自分で考え、実践することで、学んだ知識が身につきます。
  • 「提案書」は初学者でも作成できるのでしょうか?
  • 提案書作成のための知識は受講しながら得られます。付属のCD-ROM「提案書作成ツール」には、作成のために活用できるワークシートやQ&A、キャッシュフロー表が収納されているので、効率的に作成することができます。「提案書対策」の映像講義もありますので、1人で作成するのが不安な方も安心です。
  • 「提案書課題」が不合格の場合はどうなるのでしょうか?
  • 万一不合格の場合は採点結果の通知と一緒に、減点箇所をお知らせいたします。指摘を受けたところを修正して再提出していただきます。受講期限内であれば、合格点の60点以上得点できるまで何度でも対応いたします。

教材詳細

教材詳細
教材
  • 1.FPテキスト(全8冊)
  • 2.解説DVD(全7枚)
  • 3.FPダイジェスト基礎編
  • 4.提案書課題
  • 5.提案書対策DVD
  • 6.提案書課題作成ツール(CD-ROM)
主要教材
内容紹介
  • ●FPダイジェスト基礎編

    重要ポイントのまとめと、理解度チェックのための「○×問題」を融合させた試験対策教材です。実技対策の計算問題も盛り込んでいますので、基礎力チェックや応用力養成に最適です。
カリキュラム

●FP基礎

FPの定義やFPの社会的役割、ファイナンシャル・プランニングの全体像およびそのプロセス、FPビジネスの実際、NPO法人日本FP協会の役割などについて学習します。また、投資顧問業法や税理士法、弁護士法、著作権法などの各種法令の遵守についても併せて学習します。
・FP基礎Ⅰ FP概論とパーソナルファイナンスの領域
・FP基礎Ⅱ FPの手法・知識・実務領域を認識する

●金融資産運用設計

金利に関する基礎知識や金融市場の仕組み、金利の変動要因などマーケット全般に関する事項について学習します。また、預貯金や郵便貯金、債券、株式、投資信託などの特徴や種類、マル優制度、預金保険制度、ポートフォリオ理論の基本的な考え方などについても併せて学習します。
・金融資産運用設計Ⅰ 経済・金融の基礎知識と安全性金融商品
・金融資産運用設計Ⅱ 収益性金融商品と積立貯蓄
・金融資産運用設計Ⅲ その他の金融商品と現代ポートフォリオ理論

●不動産運用設計

不動産の保有・売買・賃貸借等で必要となる権利関係、法令、税金などの基礎知識を中心に、不動産の有効活用や相続対策としての不動産運用に関する知識までを学びます。前段は宅地建物取引主任者の学習に通じるものがあります。
・不動産運用設計Ⅰ 権利関係および賃貸借について理解する
・不動産運用設計Ⅱ 法令上の制限と不動産マーケット、税金について理解する
・不動産運用設計Ⅲ 売買・賃貸借の実務と有効活用、不動産投資について理解する

●ライフプランニング

ライフプランとは何か、なぜライフプランが必要なのか、FPの根幹を成すともいわれるこの分野の意義を踏まえて、ライフプランを作成する際に必要となる基礎的な知識を学びます。また、多くの人が必要とする教育資金設計・住宅資金設計や、生活する際に知っておくと何かと便利な知識・知恵を学習します。
・ライフプランニングⅠ ライフプランニングの考え方と手法
・ライフプランニングⅡ ライフプラン策定上の基礎知識

●リタイアメントプランニング

日本の社会保障制度について学びます。健康保険等の公的医療保険制度、国民年金や厚生年金等の公的年金制度、労災保険や雇用保険等の労働保険全般を学習します。さらには厚生年金基金や確定拠出年金等の企業年金制度等も学習します。
・リタイアメントプランニングⅠ 社会保険の概要(労災・雇用・医療)
・リタイアメントプランニングⅡ 公的年金の概要と老齢給付
・リタイアメントプランニングⅢ 公的年金の障害・遺族給付と企業年金等

●リスクと保険

さまざまなリスクが存在する現代社会において、顧客の家庭生活や企業活動の中で発生する多様なリスクにどのように対処していくか、対策を立てるための知識を学びます。さらに対処方法として、保険(生命保険・損害保険・第三分野の保険)の活用方法を学びます。
・リスクと保険Ⅰ リスクマネジメントの基礎・生命保険の仕組みと商品知識
・リスクと保険Ⅱ 約款の基礎知識・リスクマネジメントと生命保険設計
・リスクと保険Ⅲ 損害保険の仕組みと商品知識・保険制度
・リスクと保険Ⅳ 保険と税金

●タックスプランニング

日本の税金制度を理解するための基本的知識として所得税と法人税を中心に学習します。所得税は、仕組み、所得の分類と取扱い、所得の金額計算と損益通算、所得控除と税額控除など、法人税は、仕組みと内容、役員や従業員と会社の間で貸し借りや譲渡があった場合の取扱いなどです。他に、住民税や消費税も確認します。
・タックスプランニングⅠ 所得税の概要
・タックスプランニングⅡ 所得税の計算の流れを理解しよう
・タックスプランニングⅢ 譲渡所得の税金と特例制度
・タックスプランニングⅣ 法人税の仕組みと計算方法を理解する
・タックスプランニングⅤ 法人税にかかわる周辺知識

●相続・事業承継設計

相続についての法律上の基礎知識、一定額以上の相続財産を引き継いだ人が負担する相続税についての計算方法を学びます。また、主に相続税を軽減するための相続対策と、中小企業オーナーに相続が発生した場合の事業承継対策を学びます。
・相続・事業承継設計Ⅰ 相続・相続税の基礎知識
・相続・事業承継設計Ⅱ 相続税納付税額の計算と相続対策の基本的考え方
・相続・事業承継設計Ⅲ 土地評価と土地相続対策
・相続・事業承継設計Ⅳ 自社株評価のポイントと事業承継対策の基本的考え方

●提案書課題

講座の修了要件である提案書課題の作成について、提案書作成の手順と注意点を学びます。提案書課題や作成のためのワークブック、Q&Aが盛り込まれた「提案書課題」、提案書課題の作成をよりスムーズにする『ワークブック』や『キャッシュフロー表』、『提案書課題サンプル』などをwordやExcel、PDFファイルで収録したオリジナルCD-ROM「提案書課題作成ツール」をご用意しています。

●確認テスト

講座の進捗状況にあわせて理解度をチェックする問題(100問)を掲載した「確認テスト」をご用意しています。
資格概要
資格名
  • AFP(Affiliated Financial Planner)
資格認定機関
  • NPO法人日本FP協会
資格取得基準
  • 本試験(2級ファイナンシャル・プランニング技能検定試験)合格後、期限内に日本FP協会への会員登録が必要
会員登録
本試験合格後の
ライセンス
  • 2級ファイナンシャル・プランニング技能士
    AFP
    ※日本FP協会に会員登録することにより、資格取得可。
資格取得のメリット
  • 試験前の養成研修・試験後の継続教育(どちらも必須)により、最新の知識の体系化および実務への幅広い対応が可能。
  • CFP資格(国際ライセンス)が目指せる。
資格取得後の更新

  • ※2年ごとに更新。更新基準として継続教育単位が15単位必要。
資格名
  • 2級ファイナンシャル・プランニング技能士
資格認定機関
  • 国(厚生労働省)
資格取得基準
  • 本試験(2級ファイナンシャル・プランニング技能検定試験)合格者
会員登録
  • 不要
本試験合格後の
ライセンス
  • (2級ファイナンシャル・プランニング技能士)
資格取得のメリット
  • 国家資格としての知名度が期待される。
資格取得後の更新
  • 不要

※上記ボタンをクリックすると、提携先である山田コンサルティンググループ株式会社様のWebページへ移動します。