ヒューマンアカデミー「たのまな」の心理カウンセリング講座について解説

無料資料請求 お問い合わせ
お問い合わせ 資料請求 FreeCall:0800-111-4959 10:00?21:00(日祝除く)

心理カウンセリング講座とは、ストレス社会を上手に生きるために必要な「心の技術」を磨く講座です

  • 精神障害に係る労災申請と認定件数

    ご存知ですか?「こころの病」での労災が45年連続で1千人を越えています!

    過労や仕事のストレスによる「心の病」での労災申請が、過去4年連続で1千人を越える高ストレス社会。公的支援のもと産業カウンセラーやスクールカウンセラー事業が推進されるとともに、自分自身のメンタルヘルス(心の健康)や心の成長のために学びたいという人が増えてきています。

  • 心理カウンセラーは認定資格 必要な資格は大学以外でも取得できます

    心理を学んだことを証明する資格

    複雑な社会環境や人間関係を背景に、心理カウンセラーのスキルを学びたいという人が増えています。心理カウンセラーを目指すには、心理学・応用心理学の一分野である臨床心理学について学ぶ必要がありますが、目的や学びたいカリキュラムによっては大学以外の認定団体の養成講座での資格取得が可能です。

    心理学・資格まるわかりガイドをチェック
  • 心の病気は、カラダと同じで「治療」と「予防」がどちらも大切LC(ライフチェンジ™)プラクティショナー(メンタルケア心理士®←癒す ケアストレスカウンセラー←守る)

    そこで、ヒューマンアカデミーでは、「ケア・緩和(問題解決)」を行うメンタルケア心理士®、「予防・助言(現状維持)」を行うケアストレスカウンセラー、「心の在り方に変化を起こし問題解決から目標達成」までを導くLC(ライフチェンジ™)プラクティショナー、さらに「ココロの可視化による客観的分析と対処法」を行うメンタルヘルスコンディショナーRの養成講座を展開しています。

    アプローチ先
    心の状態
    NLPファンダメンタル通信コースの詳細はコチラ メンタルケア通信講座の詳細はコチラ ケアストレスカウンセラー通信講座の詳細はコチラ メンタルヘルス通信講座の詳細はコチラ
    「学んでどう活かしたいか?」によって勉強内容は違います。一緒に考えませんか? 個別カウンセリングを受けてみる
  • 専門分野の心理カウンセリング講座も充実しています

    医師や法律家(弁護士など)と同じように、多くの心理カウンセラーが自分の専門分野を決めてクライアントへの相談・援助を行っています。ヒューマンアカデミーでは、こうした専門分野の心理カウンセリング講座も充実しています。

  • 専門的な知識を身につけたひきこもり・不登校児童の相談士・サポーターが求められています

    離婚件数及び離婚率の年次推移

    全国で、ひきこもりは、推定160万人、不登校の学生は推定29万人と、年々増加傾向にあるといわれています。ひきこもり・不登校は、今や社会問題の一つとして大きく取り上げられています。家庭内の問題やいじめ、SNSサイトでの誹謗中傷等、など原因は多種多様化し、世間体など様々な理由により「誰にも相談できない」「相談できる場所がない」等といった状況が拍車をかけています。不登校・ひきこもりの若者たちを温かく支援し、社会へ旅立つためのお手伝いをする「ひきこもり支援相談士」「不登校訪問専門員」が今求められています。

    ひきこもり支援相談士/不登校訪問専門員
  • 現代だからこそ必要!相談者の「本音」に寄り添う「夫婦問題カウンセラー」「マリッジカウンセラー」のスキルを学べます

    離婚件数及び離婚率の年次推移

    3組に1組が離婚するといわれる現代。離婚理由や夫婦問題も多様化しています。その一組一組の夫婦の問題や悩みに寄り添い幸せへと導く夫婦問題カウンセラーの数は、まだまだ足りないのが現状です。また、同時に、女性の社会進出、景気の低迷、草食系男子の増加などの要因で、「非婚化」「晩婚化」と言われている社会状況の中、誰しも「結婚」に対する不安を抱いており、夫婦問題解決の目線から絶対失敗しない恋愛・結婚へと導くマリッジカウンセラーの役割も重要となってきています。そこで、ヒューマンアカデミーでは夫婦問題カウンセリングの第一人者である岡野あつこ先生監修の「夫婦問題カウンセラー講座」「恋愛・結婚カウンセラー講座」を立ち上げました。現役のカウンセラーが持つ確かなノウハウでプロフェッショナルを養成します。


    夫婦問題カウンセラー・恋愛・結婚カウンセラー通信講座についてもっと詳しく
  • 大好きなペット(動物)を亡くしてしまい、心にぽっかりと穴があく・・・そんな悲しみから飼い主を救うカウンセラーです

    少子高齢化、核家族化などを背景にして、現在では、ペットを家族の一員、人生のパートナーとして考える人も多くなっています。ペットを飼う理由として、一昔の「番犬として」「家畜として」ではなく、「家族の一員として命の尊さを学べるから」「安らぎを感じられるから」「孤独感を回避するため」など多様化してきました。しかし人間と動物(ペット)の関係が深いほど、失った時の喪失感・悲嘆はひとしおです。近年では、それが重篤化し、「ペットロス症候群」と呼ばれる精神症状を起こす飼い主さんも多数いらっしゃいます。こういった背景があり、ペットロス(喪失感・悲嘆など)症候群に対するカウンセラーの需要が高まってきています。

    ペットロス通信講座についてもっと詳しく
心理カウンセリング講座のことがよくわかる!無料資料請求はこちら お問い合わせや資料請求はこちらから FreeCall0800-111-4959 10:00〜21:00(日祝除く)