NLPとは?成功者になるために|通信教育・通信講座のたのまな

無料資料請求 お問い合わせ
お問い合わせ 資料請求 FreeCall:0800-111-4959 10:00?21:00(日祝除く)
04NLPとは?成功者になるための心理学

NLPとは最近注目度の高い心理学の一つです。テレビなどに取り上げられることもあり、NLPという言葉を聞いたことのある方もいるかもしれません。ですがNLPとはどんな内容なのか、どんな効果があるのか具体的にはよくわからないという方も多いのではないでしょうか。そこでこちらのコラムではNLPとはどんなものなのかを詳しくご紹介していきたいと思います。

NLPとは、概要と歴史

まずNLPとはどのようなものかをご紹介させていただきます。NLPとは「Neuro Linguistic Programming(神経言語プログラミング)」の略語です。1970年代にアメリカのカリフォルニア大学に在籍していた学生のリチャード・バンドラーとジョン・グリンダー助教授の2名によって始められたコミュニケーション心理学です。

当時、2人は「天才」と呼ばれていた3人のセラピストの研究をしていました。天才と呼ばれるセラピスト3人とは、催眠療法家のミルトン・エリクソン、ゲシュタルト療法家のフレデリック・パールズ、家族療法家のヴァージニア・サティアです。3人のアプローチ方法は異なり、分野も違いましたが、それぞれの行うセラピーは圧倒的な結果を残していました。リチャード・バンドラーとジョン・グリンダー助教授は、天才セラピストたちの言葉の使い方や行動、無意識の活用方法などの有効なパターンを抽出し、それを体系化しました。それがNLPのはじまりであると言われています。
NLPはセラピーやカウンセリングの現場だけでなく、コミュニケーションやプレゼンテーション、コーチングやコンサルティングなど幅広い分野で活用されるようになっていきました。現在では誰でも簡単に、素早く実践できる心理学として知られています。

NLPで得られる効果

具体的にNLPを使ってどんなことができるのでしょうか。NLPとはコミュニケーションの手法であり、自己啓発の方法でもあるのです。NLPの効果は多々あります。代表的なものをご紹介しましょう。

・成功者と同じように成功できる
一流の才能を持った人を真似することによって、その思考パターンや行動パターンを身に付けることが可能です。成功者の卓越性を得ることができれば、モデルになった相手と同様の成功を再現することができるでしょう。

・モチベーションを上げ、理想的な自分になれる
自分自身の感情や思考、行動をコントロールすることができます。「自分はダメな人間だ」という思い込みを転換し、新しい「自分」のリソースに気付くことで、モチベーションを上げていくことが可能であると言われています。またNLPには、リーダーシップを発揮する効果もあります。

・他人の心に強い影響を与えられるようになる
表情や話し方など自分の考えの伝達手段が改善され、コミュニケーション能力が格段にアップします。相手と短期間で信頼関係を築くことも可能です。そして多くの人の心を動かすこともできるでしょう。

アメリカでは多くの有名人も使っている

NLPとはアメリカで生まれた心理学です。米国ではかなりの認知度を誇っています。芸能人やスポーツ選手など多くの有名人がNLPを取り入れています。人気の政治家も同様であり、オバマ大統領やクリントン元大統領、レーガン元大統領もNLPを取り入れていたと言われています。国民の前で力強く演説し、人々の心を掴む必要がある彼らにとってNLPは重要なものでした。特にレーガン元大統領は、5人もNLPのトレーナーをつけていたそうです。
スポーツの世界ではテニスプレイヤーのアンドレ・アガシ選手は、世界ランキングから落ち込んでいたところ、NLPのトレーナーによるコーチングで見事に世界ランク1位にまで上り詰めました。その他タイガー・ウッズやレディー・ガガをはじめとする有名人や、医者、弁護士、経営者などの著名人も多くNLPを活用しています。現在は日本でも多くの人にNLPが受け入れられ、セラピストはもちろん主婦やサラリーマンまで幅広い層の方が学んでいます。

NLPの技法の例

NLPには、実に様々な実践的な技法があります。その一部をご紹介しましょう。

・モデリング
モデリングは成功者の「真似」をすることで、短時間で一流の人と同様の結果を出すことを目指した技法です。まずは恋愛や仕事などのモデルとなる相手を探し、その人の中に自分が入り込むイメージを持ちます。その状態のままで相手の言葉づかいや行動、価値観を自分自身に取り入れることで、望む結果を得られると言われています。

・アイ・アクセシング・キュー
「視線解析」とも言います。相手の視線の方向を読むことで、相手の考えがある程度わかるという技法です。たとえば右上に視線が行っている時は、映像的なイメージを思い浮かべている時。新しいイメージを想像している時です。また左上に視線が行っている時は過去の映像を思い出している時、左側に水平に視線が動く時は過去の音を思い出している時、といった具合です。
NLPとはセラピーやカウンセリングだけでなく日常の様々な場面で活用することができる心理学です。成功者になるためだけではなく、トラウマを克服したい方、自分自身を変えたい方、日々の生活をより良いものにした方など、NLPを学んでみてはいかがでしょうか。

心理の資格コラム|通信教育・通信講座のたのまな
心理カウンセリング講座のことがよくわかる!無料資料請求はこちら お問い合わせや資料請求はこちらから FreeCall0800-111-4959 10:00〜21:00(日祝除く)
[an error occurred while processing this directive]