心理カウンセラーの種類|通信教育・通信講座のたのまな

無料資料請求 お問い合わせ
お問い合わせ 資料請求 FreeCall:0800-111-4959 10:00?21:00(日祝除く)

あなたにピッタリの講座は? 目的や活かしたいフィールド・職種から選ぶ!心理学・資格まるわかりガイド

様々な心理カウンセリング講座や心理カウンセラーの資格が存在している中、「どの資格を取得したらよいの?」とお悩みの方は多いはず。目的や活かしたいフィールド、目指す「心理カウンセラー像」から、アナタの進むべき方向性を明確にしてみませんか?

  • 目的・活かしたいフィールド・職種から選ぶ
  • 何が違うの?ヒューマンアカデミー心理カウンセリング講座
  • イラストで解説!それぞれのカウンセリング態度

目的・活かしたいフィールド・職種から選ぶ

心理カウンセリングは、人の役に立ち、社会貢献できる身近なスキルです

うつや不登校、職場の人間関係など、多くの人が「心のケア」を求める時代、医療、教育、企業から身近な家庭まで、心理カウンセリングのスキルが活かせるフィールドは社会に大きく広がっています。

活躍フィールド 問題(カウンセリングのニーズ) 職域(資格・スキルが活かせる職場・職業)
教育 学校での教育や生活を中心とした諸問題 スクールカウンセラー、教育相談員、学校心理相談員、教職員など
産業 労働者の心の隙間・セルフコントロール 企業カウンセラー、人事、総務部、営業販売職
医療・福祉 病院などの医療機関、老人・障害者施設での問題や利用者内のケア、家族とのコミュニケーション 医療機関(病院)、診療所(主にメンタルクリニック・診療内科・精神科)、老人保健施設、保健所、障害者福祉施設、自立支援センターなど
司法・行政 非行や犯罪など法律関係の問題での心理的援助 家庭訪問相談員、児童養護施設、子育て支援施設、裁判所(主に家庭裁判所)、少年院、救護院、少年鑑別所、刑務所、警察など
地域・コミュニティ 地域社会での問題、地域において心に問題を抱える方のケア・サポート 開業カウンセラー、電話相談員、民間カウンセラー、市役所、役場、公設地域相談所、NPO、ボランティアなど
家庭・生活 自身や家庭の心の健康問題、子育てや介護の問題、職場での人間関係問題 ベビーシッター、チャイルドマインダー、自営業、塾・教室の講師など

アナタの「なりたい」から選ぶお薦めコースレイアウト

ヒューマンアカデミーでは、心理学/カウンセリングの根幹を学ぶ【心理学】と、クライエント対象を特化した【専門分野】、それぞれラインナップがございます。

心理学

多くの方は、ここからスタートします。クライエントの相談・支援を行うための知識と技術を養います。

心理学ラインナップ NLPファンダメンタル通信コース メンタルケアカウンセラー講座 メンタルケア心理士講座 メンタルケア心理専門士講座 メンタルケアWライセンス講座(カウンセリング実技付) メンタルケア心理士総合講座(カウンセリング実技付) メンタルケアトリプル講座(カウンセリング実技付) ケアストレスカウンセラー講座 青少年ケアストレスカウンセラー総合講座 高齢者ケアストレスカウンセラー総合講座 企業中間管理職ケアストレスカウンセラー総合講座 マスターケアストレスカウンセラー講座 メンタルヘルスコンディショニング講座
専門分野

医師や法律家(弁護士など)と同じように、多くの心理カウンセラーが自分の専門分野を決めてクライエントへの相談・援助を行っています。対人問題、家庭問題、いじめ、不登校・ペットロスなど、主に対応する分野(専門)を決めておくことで、クライエントにより適切な支援が出来ると同時に、対応事例を重ねるごとに心理カウンセラーとしての経験が厚くなります。単独でも受講できますが、【心理学】と並行・継続して学ぶことで、自分の対応する分野(専門)の知識が深くなります。

専門分野ラインナップ ひきこもり支援相談士養成講座 不登校訪問専門員養成講座 離婚カウンセラー基礎講座 離婚・夫婦問題カウンセラー総合講座 ペットロス・ハートケアカウンセラー講座 アニマル・ペットロス療法士講座 ペットロス療法士総合講座

何が違うの?ヒューマンアカデミー心理カウンセリング講座

  • 講座の特徴を簡単に知る
  • カウンセリング態度/アプローチ先を知る

まずは、簡単にそれぞれの通信講座の特徴と学習意図を知ってみましょう。

NLPファンダメンタル通信コースを簡単に知る

脳のプログラムをコントロールする「NLP」

人生が上手くいっている人→A:脳(心)/B:ことば/C:その人が持つパターン の組み合わせが上手くいっている 人生が上手くいっていない人→A:脳(心)/B:ことば/C:その人が持つパターン の組み合わせが上手くいっていないだけ 人生が上手くいっている人→未来志向 人生が上手くいっていない人→過去へ

起こっていることは同じなのに、考え方・感じ方次第で、結果がここまで変わってきます。

人生が上手くいっていない人は、A:脳(心)/B:ことば/C:その人が持つパターンの組み合わせが上手くいっていないだけ

であれば、A・B・Cの組み合わせが上手くいくように、その人の持つパターン(考え方・感じ方・思い込み)をもっと上手くいくようにプログラミングを変換させればよいのです。
プログラミングを変換させ人生をもっと素敵に変えていく実践心理学、すなわちNLPなのです。

意外と騙されやすい脳

意外と騙されやすい脳

例えば、「3歳からスキーをしていた」と聞くと、実際の腕前に関わらず、きっとスキーが上手なんだろうと思ってしまいませんか? 練習に練習を重ねて臨んだピアノの発表会、ミスをしてしまったことで、「私は本番に弱い」と感じたり、大切なプレゼンで上手く話せなかったことで、「私は人前で話すのが苦手」など。

脳は、思考上の世界現実の世界の区別がつきません。

脳は、あなたが生まれてから今日までの、経験や環境によってプログラムされています。
失敗体験や恐怖体験、トラウマで、貴方の本当の可能性を抑制していませんか?
逆に、この脳のプログラムをコントロールすることで、苦手意識や恐怖を克服し、望むべき人生を手に入れ、貴方の可能性を開花させることも出来るのです。そのスキルが、実践心理学「NLP」なのです。

「NLP」スキルを使い、ライフチェンジ(人生を変える)

人前で話せるようになる、これだけでも人生は大きく変わります。
というのは、「人前で話すのが苦手」をただ克服した、だけではなく、それに伴って、貴方に自信が生まれ、その自信によって周りの人も刺激され、想像もしなかった新たな出会い(人や仕事)が待っているかもしれません。
「NLP」スキルを使うことで、見て、聞いて、感じているイメージ(思考上の世界)、それによって構築されている脳のプログラムを変えることが出来ます。
では人生に好機を起こす「NLP」スキルとは何か?どうやって「NLP」スキルを使うのか?それをNLPファインダメンタル通信コースで学んでいきます。

カウンセリングで周りの人にも変化を起こすLC(ライフチェンジ™)プラクティショナー

NLPファインダメンタル通信コースで目指すLC(ライフチェンジ™)プラクティショナーは、その名の通り、ライフチャンジのお手伝いをする実践家・専門家です。
NLPファインダメンタル通信コースでは、まず、自分の人生を変える、さらには、世の中や、人のために「NLP」によって変化を起こす、という流れで学んでいきます。「NLP」を通じて、心理カウンセラー自身の心の平穏と充実を促し、その結果、クライエントへの相談・支援が出来るわけなのです。

NLPファンダメンタル通信コースについてもっと詳しく
メンタルケア通信講座を簡単に知る

臨床心理学の体系にのったカリキュラム

大学や大学院で専門的に学ぶ臨床心理学。この内容をメンタルケア通信講座で学ぶことが出来ます。
カウンセリングの技法やテックニックだけではなく、精神解剖生理学、精神医科学などにも目を向けたカリキュラムです。

科学的根拠に基づいてプロとしての対応

では、なぜ、精神解剖生理学や精神医科学が必要か。
問題の原因や本質を理解することで、真の支援につながるからです。
例えば、「最近、ずっと気持ちが落ち込んでいて、何もやる気が落ちないんです。」
このクライエントの悩みに対して、「そうなんだね、大変なんだね、頑張ってね」と励ましてあげることは誰にでもできます。

気分が落ち込んでいる→セロトニンという脳の神経伝達物質が減少しているのではないか? or →うつ病という可能性も考えられる

精神解剖生理学や精神医科学を学んでいることで、上記のような科学的根拠に基づいた見立てができます。

※心理カウンセラーは医師ではないため、診断は出来ません。

コ・メディカル

医師と連携してクライエントへの相談・支援を

精神科や心療内科の医師は、なかなか時間をかけてクライエントの心の相談をじっくり聞くことが出来ないので、医師が診療・治療を、心理カウンセラーが相談・支援を行い、双方が協力して、クライエントをサポートしていくのが通例となってきています。これをコ・メディカルと呼びます。

メンタルケア通信講座についてもっと詳しく
ケアストレスカウンセラー通信講座を簡単に知る

メンタル疾患は突然に訪れない

例えば、明日から、突然、うつ病になることはありません。家族内での問題、仕事での業務過多、上司と馬が合わないなど、ストレスの原因から「なんとなく気分がすぐれない」「頭が痛い」「朝起きられない」「仕事で小さなミスをするようになる」このような心身症の状態へとなり、やがてそれが進行してうつ病というような精神症状・身体症状が出現します。

「待ち」の姿勢ではないケアストレスカウンセラーの意義

心理カウンセラーは、基本的にクライエントの心の問題が深刻化して、相談・援助を求めるようになってから動くことしか出来ません。いわゆる相談・援助を求めるまで「待ち」の姿勢でいます。
しかし、ケアストレスカウンセラーは、生活、仕事の中で、周りの人のSOSサインを見逃さずに、自ら手を差し伸べることを目的としています。
それゆえ、精神医科学など臨床心理学の体系にのった学習だけではなく、例えば、若年層、高齢者、管理職(中堅社員)に起こりやすいメンタル疾患、生活の中からストレスマネージメントをしていくための「ライフカルテ」の作り方、うつ病で休職していた方の復帰プログラムの組み方や見守り方など、生活や仕事のシーンに合わせた具体的なレッスンを受けることが可能です。

ケアストレスカウンセラー通信講座についてもっと詳しく
メンタルヘルスコンディショニング通信講座を簡単に知る

ココロも可視化の時代!

医学的根拠に基づいたココロの可視化された情報から、ココロとカラダに悩みを持っている人たちに的確なアドバイスができる時代が到来しています。本講座は、ココロを客観的に理解し、ご家族を含むさまざまな人間関係をより円滑にしたい人や、企業の管理職やクリニックスタッフのようなメンタルヘルス対策知識が必要な人などに、科学的かつ客観的な数値をもとにカウンセリングができるようなカリキュラムになっています。

最先端ウェアラブルの活用

ストレス度合いを知るため「問診」による聞き取りが行われています。もちろん有効な手段ではありますが、問診で得られるのは受信者自らの感覚(主観)ですので客観性に欠ける欠点がどうしてもあります。
しかし現在は科学の進歩により、ウェアラブル心拍センサーや指尖脈波センサーなどによりストレス度合いが客観的にわかるのです。

相談者に寄り添うカウンセリングからさらに前に!

クライエントに寄り添い悩みを聞いてあげられるカウンセラーの役割は貴重です。ただカウンセリング期間や時間が多く費やされたり、医師でもないので具体的な答えを提示することなどができません。
ウェアラブル技術を活用し、客観的数字に基づくココロの状態への対応策(食事や呼吸、運動など)を数多く学び、新時代のカウンセラーを目指すことができます。

メンタルヘルスコンディショニング通信講座についてもっと詳しく

心理学/カウンセリングの根幹を学ぶ【心理学】分野において、どんな違いがあるのか、見ていきましょう

カウンセリング態度
講座 カウンセリング態度の違い
NLPファンダメンタル
通信コース
心の在り方(内面)や思考や感情に変化を起こす解決・未来志向 問題に対して過去の原因追求よりも、とらえ方、認知の仕方を変化させることに着目しています。成果や解決にフォーカスし、感情や言動を好転させ、実際の成果に繋げるカウンセリング態度と言えます。
メンタルケア通信講座 対症療法
原因追求
メンタル疾患や機能低下を支援・相談・援助によって軽減・緩和することを目的としています。傾聴・受容・共感的理解をカウンセリングの基本態度とし、場合によっては、本人の辛い過去を追求することもあります。
ケアストストレスカウンセラー
通信講座
機能低下を回避するための助言・支援 ストレスマネジメントによるメンタル疾患の予防を目的とし、自分や周りの人のSOSに気付き、アドバイス・助言を行います。
メンタルヘルス
コンディショニング
通信講座
可視化による客観的分析と対処法 最先端のウェアラブル技術を活用することで、1人1人が今まで抱えていたさまざまな悩みに対して、”客観数値”に基づいてアドバイスできるようになります。
アプローチ先 アプローチ先

イラストで解説!それぞれのカウンセリング態度

実際のセッション(面接)では、下記の例とは異なり、初めからクライエントがたくさんお話しされることも、カウンセラーが矢継ぎ早にお話しや質問をすることありません。あくまでもカウンセリング態度を理解いただくためのイメージとして、ニュアンスを掴んでもらうための例として捉えてください。

クライエントモデル NLPのカウンセリング態度 カウンセリングのここがPOINT! 問題解決のために【過去】【現在】【未来】にアクセス
【過去】にアクセス

わざと過去形などを用いて、問題は過去のことであると認識させ、過去を肯定し、感情や視点を変える。

【現在】にアクセス

問題に対して共感しつつも、相談者を制限している思い込みが現実的ではないことに気づかせつつ、ユーモアなどで脳生理学的にも変化を起こして感情を改善し、解決策や成果に向かわせる。

【未来】にアクセス

相談者の性格や価値観を、発想を転換させ、新しい役に立つ資質に変えられることに気付いてもらう。
「どうなりたいか」という成果に着目し、望む理想の自分をイメージさせ、現実的に役に立つ行動を起こせるように導く。

メンタルケア心理士のカウンセリング態度 カウンセリングのここがPOINT! 対症療法・原因追求のために【過去】【現在】にアクセス
【過去】にアクセス

対症療法として、相談者が抱えている悩みに対して必要であれば、起因となった出来事や家族歴を質問し、原因を追究する。

【現在】にアクセス

「落ち込みがひどく」というクライエントの訴えから、うつ病の可能性や「書類も3回チェックしないと」という強迫観念から強迫症も疑われるという見立てをしておく。

ケアストレスカウンセラーのカウンセリング態度 カウンセリングのここがPOINT! メンタル疾患予防のために【過去】【現在】にアクセス
【過去】にアクセス

以前とは違う相談者の様子に気が付き、「仕事を抱え込む」「細かいことに拘る」「責任感が強い」という相談者の元来の性格が、心身症になりやすい性格と合致するため、心のSOSを察知する。

【現在】にアクセス

生活リズムの改善やリラックスの方法を提案し、家族や友人に自分の気持ちを正直に話せるサポーターがいるのかを確認する。そのうえで、メンタル疾患の防ぐためにカウンセリングを勧める。

メンタルヘルスコンディショナーのカウンセリング態度 カウンセリングのここがPOINT! メンタル疾患予防のために【現在】【未来】にアクセス
【現在】にアクセス 【現在】にアクセス挿絵

オーバーワーク気味でリラックスする時間が少なく、交感神経ばかりが研ぎ澄まされて、心身が消耗している状態の時は、具体的な解決策として適切な運動やアロマなどによる快適な睡眠を提案します。(例)血行を良くするための肩甲骨体操(1分~3分)

【未来】にアクセス 【未来】にアクセス挿絵

完璧を目指すあまり、自分にも他人にも厳しく評価しがちで、不安を抱えながら生活しているタイプの方には、自己肯定力をアップさせるような具体的な解決策として適切な食生活や日記をつけることなどを提案します。(例)自分の良いところを30個書き出す

各講座についてもっと詳しく 講座ラインナップをチェック
心理カウンセリング講座のことがよくわかる!無料資料請求はこちら お問い合わせや資料請求はこちらから FreeCall0800-111-4959 10:00〜21:00(日祝除く)