商品説明

▼ 商品説明の続きを見る ▼
  • 調剤薬局事務講座

価格:33,000円(税込)

通常価格: 33,000円(税込)
分割払い

 もっとくわしく

【重要なお知らせ】
お届けする教材は「2016年度版教材」となり、添削課題のご提出及びご受験いただく試験も2016年度点数での取組みとなります。
点数改正に関しましては、別途発送致します「2018年度版改正資料」にて補足学習を行っていただきます。
※改正資料がなくても基礎教材一式が揃っておりますのですぐに学習にお取組みいただけます。

なお、「2018年度改正資料」の発送につきましては、5月下旬頃を予定しております。
あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。
【ご注意】
■分割払い例について
分割払い例は目安として「教育ローン」でのお支払いの場合を掲載しています。 クレジットカードでの分割のお支払い目安については、「お申し込み方法」をご確認ください。
医療事務の資格コラム

このページのトップへ

  1. STEP1

    調剤薬局事務 合格・就職サポートナビDVDを見ましょう。

    調剤事務講座

    まずは調剤薬局事務の概要を学びます。 1回目は最初から最後までを通してご覧ください。2回目以降は学習中・学習後に気になる項目をピックアップしてご覧ください。

  2. STEP2

    調剤報酬事務教育講座(実習編)テキストを通読

    調剤事務講座

    医療保険制度のしくみから調剤報酬請求事務の概要について理解しましょう。調剤報酬請求事務の必要性が理解できたところで、調剤基本料、調剤料、各種加算…など項目ごとに、調剤報酬の算定において注意しなければならないポイントを理解していきましょう。

  3. STEP3

    添削問題(中間テスト)を提出

    調剤事務講座

    処方せんの受付から請求業務まで現場で必要となる知識をおさえましょう。レセプトへの記入の仕方など知識が定着しましたら、後半は問題にチャレンジ。とにかく繰り返し問題を解き、間違えたところは解答解説でチェック。

  4. STEP4

    添削問題(中間テスト)を提出しましょう。

    調剤事務講座

    中間テストに挑戦し、知識の定着を確認していきましょう。担当講師が丁寧に採点を致します。採点結果が戻ってきたら間違えた箇所などを重点的にもう一度復習をし、弱点を克服しましょう。

  1. STEP5

    「医療保険調剤報酬事務士」を受験しましょう!

    調剤事務講座

    全中間テストが合格したら「医療保険調剤報酬事務士」の受験要綱をお届けします。総まとめとして実習編の問題を繰り返し解き、今までの学習の成果を思い存分発揮しましょう。いよいよ「医療保険調剤報酬事務士」の資格取得です。

講師: 井上 春江 氏

井上 春江 氏

[PROFILE]
エム・アイ・シー顧客支援室所属。「医療保険学院」専任講師。レセプトに係る実務経験と並行し、 1990年より医療保険学院・医療事務教育講座講師、1992年からは調剤報酬事務教育講座も兼任する。

調剤事務の社会的なニーズが高まっている中、保険薬局では調剤報酬事務の基礎から幅広い知識を習得した人材のスペシャリストが求められているのです。

当校の講座では基礎をしっかり身につけられるように、初心者にも分かりやすく基礎編から実習編に段階を追って学べるように作成されています。添削課題は、みなさんの知識が定着できたかどうかを知る材料です。ですので、間違えたところはポイント解説はもちろん、教材のページ数を明記し皆さんが復習しやすいように添削指導しております。また、質問回答には、初心者の方には聞きなれない文章や表現がありますが、楽しくスムーズに学習していただくため、図解などを含め簡単に理解できるように工夫しています。

ぜひ、皆さん一緒に頑張りましょう。そして、調剤事務スタッフは、保険薬局での受付、処方せんの入力、会計、レセプト作成業務などを一手に引き受け、薬剤師との連携を行う重要な役割を担う仕事ですので、自分も医療にかかわるのだという意識と自信を持ってくださいね。

このページのトップへ

暗記する必要はありますか?
暗記する(覚える)ことではなく理解することが大切です。問題を繰り返し解いていくうちによく出てくる算定方法や間違いやすい算定方法は自然と覚えられるでしょう。また「医療保険調剤報酬事務士」は在宅試験になりますので、テキストの閲覧は可能です。暗記しているかよりも理解しているかが合格の基準になります。
毎日、学習しなければいけないのですか??
1日30分からの勉強でOKです。1週間に3日、1日1時間程度の学習をしていただきましたら、標準学習期間である2ヶ月間で修了できるカリキュラムです。
調剤事務の資格の違いを教えてください。
「調剤事務」関連の資格はたくさんございますが、国家資格はなく、すべて民間の資格となります。優位性や難易度に大差はないとお考えください。『たのまな』では、医薬品卸業トップのメディパルホールディングスグループの一員である「医療保険学院」認定資格「医療保険調剤報酬事務士」を目指します。
通信講座だけで資格取得が出来ますか??
標準学習期間を目安に自分に最適と思えるスケジュールを立てて学習していけば必ず目標に到達できます。初めてその資格を目指す方でも無理なく進められるようテキストを作成しております。また、講座に関するご質問も専門の講師が責任を持ってお答えしますので、ご安心ください。
メールでのお問い合わせ

このページのトップへ

教材
  1. 調剤薬局事務 合格・就職サポートナビDVD 1巻
  2. 教材テキスト「調剤報酬事務教育講座(基礎編)」 1冊
  3. テキスト「調剤報酬事務教育講座(実習編)」 1冊
  4. 副教材「薬価基準抜粋」 1冊
  5. 明細書(レセプト)セット調剤 1冊
  6. 添削課題(中間テスト)3回分
  7. 質問票
  8. 返信用封筒
カリキュラム ◆調剤薬局事務 合格・就職サポートナビDVD

第1章 ゼロから分かる!調剤薬局事務、調剤薬局事務の基礎知識
・保険の基礎知識 
・調剤薬局事務の資格の必要性

第2章 途中で挫折しない!効率学習方法
・効率的な学習方法のススメ

第3章 点数算定のポイント
・点数算定のポイント 
・点数算定・レセプト記載でよくある間違いやすいポイント

第4章 ゼロから分かる!調剤薬局事務 お仕事編
・調剤薬局事務のお仕事
・不安解消!就職アドバイス

◆教材テキスト「調剤報酬事務教育講座(基礎編)」

  1. 調剤報酬請求事務の必要性
    ・医療保険制度など
  2. 公費負担医療制度
  3. 保険薬局と調剤報酬
  4. 調剤報酬点数表
  5. ・薬剤料
    ・調剤技術料
    ・薬学管理料
    ・特定保険医療材料
  6. 院外処方せん
◆教材テキスト「調剤報酬事務教育講座(実習編)」

  1. 処方せんの受付
  2. 処方せんの確認
  3. 処方せんの記載上の注意
  4. 処方せん算定例
  5. 調剤報酬明細書の作成方法
  6. 問題処方せん実践
資格概要 ◆医療保険調剤報酬事務士
主催団体 医療保険学院検定委員会
東京都文京区湯島3-37-4 CIC湯島ビル9F
TEL:03-3832-6214
受験資格 当講座を修了(リポート中間テスト3回分の提出)された受講生
試験日程 毎月実施
受験料 4,000円
受験会場 在宅試験
試験形式 調剤レセプトの作成を中心とした筆記試験
合格ライン 通信教育の添削課題である「中間テスト」が理解できていれば合格が可能な試験です。
その他 最終のリポート中間テスト返送時に案内をお届けいたします。※受講開始日から、1年以内に受験申請・合格しなければ、受験資格を喪失します。
資料請求・お問い合わせはこちら
資料請求
資料請求
メールでのお問い合わせ
お問い合わせ
個別カウンセリング
個別カウンセリングを受けてみる
たのまななら受講中も安心サポート!

このページのトップへ