商品説明

▼ 商品説明の続きを見る ▼
ぬり絵カラーセラピスト養成講座〈入門&実践コース〉
  • ぬり絵カラーセラピスト養成講座〈入門&実践コース〉

春一番価格:73,930円(税込)

通常価格: 76,217円(税込)

注文

購入数:

販売期間: 2019年02月15日19時00分~
2019年02月21日09時59分
分割払い

  もっとくわしく
【ご注意】
■分割払い例について 分割払い例は目安として「教育ローン」でのお支払いの場合を掲載しています。 クレジットカードでの分割のお支払い目安については、 「お申し込み方法」をご確認ください。

このページのトップへ

  1. STEP1

    【入門コース】色彩学の基礎

    色彩心理を理解する上で必要な色彩学の基礎知識を学びます。色が見えるメカニズムから始まって、色相、明度、彩度などの色の三属性をマスターし、さらに気持ちを色で表現するレッスンにトライします。

  2. STEP2

    【入門コース】入門・色彩心理

    色相、明度、彩度は、色彩心理から見るとどのような意味をもつのか、「ハート&カラー・チャート」の見方を交えて、色と心の関係を体系的に学習します。また、「ハート&カラー・ヒストリー」に取り組み、自分ならではの色の意味を見つけます。

  3. STEP3

    【入門コース】色彩セラピーを体験

    ぬり絵を使ったセラピーのメカニズムを知り、色彩セラピーのステップを実際に体験。セルフセラピーの方法を身につけます。また、色彩心理の知識を活かして、使った色から自分の状態を読み解けるようになり、これで入門コースが修了となります。

  4. STEP4

    【実践コース】ぬり絵の絵柄選択

    実践コースではまず、ぬり絵の読み解き方をさらに詳しく学ぶために、ハート&カラーのオリジナルぬり絵の絵柄の意味と効果を理解することから始め、セラピーのテーマや対象、心理的なプロセスに応じて、適切な選び方を学んでいきます

  1. STEP5

    【実践コース】ぬり絵の読み解き

    1枚のぬり絵から表現した人の心の状態をどのように読み解いていけばいいのか。色彩、タッチ、モチーフ、強調・省略など、ぬり絵を見る上で必要な要素を1つずつ解説し、読み解きの力をつけていきます。

  2. STEP6

    【実践コース】セラピーにおける心理的環境と物理的環境

    セラピーにおける心理的環境と物理的環境を学びます。ぬり絵カラーセラピーの場の作り方、画材の心理効果、セラピーの進め方やセッションの方法など、実際の活動に即して大切な点を押さえていきます。

  3. STEP7

    【実践コース】ぬり絵カラーセラピストとして活動するために

    子どもや高齢者など、対象別のぬり絵セラピーの方法や留意する点を解説。最後に、ぬり絵カラーセラピストとしての今後の活動イメージを描くために、修了生のさまざまな活動スタイルを紹介しています。

  4. STEP8

    【実践コース】講座修了+レポート審査で、認定証発行

    実践コースまでを修了し、レポート提出による審査を受けた方に「ぬり絵カラーセラピスト2級」が与えられます。 さらにスクーリングを受講後、審査に合格した方に「ぬり絵カラーセラピー1級」の認定証が与えられます。

末永 蒼生 氏

監修 末永 蒼生
(色彩心理学者)

私が主宰する「色彩学校」は色彩心理と色彩セラピーの専門講座ですが、その中でも「ぬり絵」は重要なソフトの1つで、もう20年以上にわたって取り入れてきています。その理由は、「自由に色を表現したり、絵を描いてみよう」といっても、上手下手を気にして躊躇してしまう大人がほとんど。そんなときに、ぬり絵なら子どもから大人まで誰にでもなじみがあり、気軽に好きな色を選び思うように気持ちを表現できるからです。

ただし、ぬり絵をセラピーの道具として使いこなすためには、「色彩心理」の知識が必要になってきます。それは、ただぬり絵をぬってもらうだけでなく、表現された色を見て相手の心の状態を理解したり、必要に応じてお話を聞いたりなどの対応が必要になってくるからです。それがセラピストの役割といってもいいかもしれません。

ストレス社会といわれる時代になり、最近は日常的にできるメンタルケアが注目されています。そのような中、ぬり絵を使ったセラピーは、自分の気持ちを確認したり、リラクゼーションに効果的な方法です。心を活性化し、自分の潜在的な能力を発揮できれば、人間関係におけるコミュニケーション能力を高めることにもつながるでしょう。

[PROFILE]
(株)ハート&カラー代表。「色彩学校」主宰。40年にわたる色彩心理の基礎研究と実践をもとに、色彩学と心理学を組み合わせた「末永ハート&カラー・メソッド」を体系化。色彩セラピーにも応用し、子どもから社会人、高齢者までを対象に、教育、福祉、医療などの分野でメンタルケアに成果を上げている。多摩美術大学非常勤講師などを経て、現在、「アート&セラピー色彩心理協会」会長。 著書に『「色彩セラピー」入門』(PHP研究所)、『絵が伝える子どもの心とSOS』(講談社)など多数。

このページのトップへ

まったく経験がないのですが大丈夫ですか?
ベテランの先生がDVDやテキストで詳しく指導いたしますので、まったく初めての方でも安心です。繰り返し見ながら、チェックすることが可能ですので、初心者の方にもおすすめです。
標準学習期間内で修了できなかった場合はどうなりますか?
学習期間の目安として、標準期間をもうけていますが、実際には、みなさんのご自由なペースですすめていただいて結構です。学習有効期間は2年間(入門コースは1年間)と余裕がありますので、安心してご自分のペースでじっくりと受講することができます。
修了証・認定証を発行してもらえますか?
提出課題をすべて提出し、受講料の入金が完了した方には、修了証を発行しております。 また、講座修了後、レポート審査に合格した方に「ぬり絵カラーセラピスト2級」、さらにスクーリング受講後、審査に合格した方に「ぬり絵カラーセラピスト1級」認定証を発行しております。 ※審査認定料およびスクーリング料が別途かかります。
認定証があれば、仕事として活動することができますか?
「ぬり絵カラーセラピスト2級」は、身近な方を対象に「ぬり絵カラーセラピー」を実施できる内容を習得したと認められた方に、「ぬり絵カラーセラピスト1級」は、ボランティアや地域活動、既存の仕事への導入など、社会的な活動に活かす応用力が身についたと認められた方に発行しています。 仕事として活動したい方は1級を取得されることをおすすめします。
「カラーコーディネート&色彩セラピー入門講座」と「ぬり絵カラーセラピスト養成講座」の違いは何ですか?
学ぶ範囲が異なります。「カラーコーディネイト&色彩セラピー入門講座」は、カラーコーディネイトの知識を含んだ一般的な色彩知識の学習が主となり、それに加えてカラーセラピーのカリキュラムを追加した講座となります。様々な色彩全般の教材(和紙、布、カラーチップなど)が付属されていますので、楽しみながら幅広く学べます。
「ぬり絵カラーセラピスト養成講座」の入門コースは、「カラーコーディネイト&色彩セラピー入門講座」のカラーセラピーに関する部分のみを抜粋したもの(テキストは一部抜粋改定したもの)です。DVDは「カラーコーディネイト&色彩セラピー入門講座」と共通となります。
よりセラピー的な部分に特化したことを勉強したい方、すぐに資格をとって活躍したい方には、「ぬり絵カラー養成講座(入門&実践)」がおすすめです。
資料請求・お問い合わせはこちら
資料請求
資料請求
メールでのお問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせフリーダイヤル
お問い合わせフリーダイヤル 0800-111-4959 10:00〜19:00(土日祝日含む)
たのまななら受講中も安心サポート!

このページのトップへ

教材

●入門コース

  1. テキスト2冊(色彩心理編・A4カラー24頁/色彩セラピー編・A4カラー12頁)
  2. DVD1枚(色彩セラピー編 約40分)
  3. ぬり絵シート10枚、ワークシート6枚
  4. 画材(カランダッシュ水性クレヨン30色セット)
  5. 補助教材(プロフィールシート1枚、添削申込券3枚、課題提出用封筒3枚)
  6. 学習ガイドブック

●講師認定コース

  1. テキスト2冊(ぬり絵活用編・A4カラー32頁/セラピー実施編・A4カラー36頁)
  2. DVD4枚(約20分 約50分 約60分 約30分)
  3. ぬり絵シート10枚、ワークシート5枚
  4. ぬり絵ブック1冊(A4変型49頁)
  5. 画材(カランダッシュ水性色鉛筆30色セット)
  6. 読み解きハート&カラー・チャート
  7. マーカー
  8. カラーセラピスト用バッグ
  9. 補助教材(プロフィールシート1枚、添削申込券4枚、課題提出用封筒4枚)
主要教材紹介
  1. テキスト
    心理学やカラーセラピーが全く初めての方でも安心して始められる内容。色彩心理、色彩セラピーの基礎知識から、ぬり絵カラーセラピーの方法まで、写真とイラストで詳しく解説しています。
  2. DVD
    テキストとあわせて、ぬり絵カラーセラピーのポイントを映像で丁寧に解説。テキストだけではわかりにくい内容も、DVDの解説を聞くことでよく分かります。覚えるまで何度も見返すことができるほか、修了後の実践でも役に立つ保存版のDVDです。
カリキュラム

●入門コース

  1. 色彩学の基礎
    ・色彩心理を理解する上で必要な色彩学の基礎知識を学びます。色が見えるメカニズムから始まって、色相、明度、彩度などの色の三属性をマスターし、さらに気持ちを色で表現するレッスンにトライします。
    【添削課題 1】
    Work1-A気持ちを色で表現するレッスン
    Work1-B色と心のセルフチェックシート
  2. 入門・色彩心理
    ・色相、明度、彩度は、色彩心理から見るとどのような意味をもつのか、「ハート&カラー・チャート」の見方を交えて、色と心の関係を体系的に学習します。また、「ハート&カラー・ヒストリー」に取り組み、自分ならではの色の意味を見つけます。
    【添削課題 2】
    Work2ハート&カラー・ヒストリーとセルフチェックシート
  3. 色彩セラピーを体験
    ・ぬり絵を使ったセラピーのメカニズムを知り、色彩セラピーのステップを実際に体験。セルフセラピーの方法を身につけます。また、色彩心理の知識を活かして、使った色から自分の状態を読み解けるようになり、これで入門コースが修了となります。
    【添削課題 3】
    Work3オーラぬり絵の読み解き

●実践コース

  1. ぬり絵の絵柄選択
    ・実践コースではまず、ぬり絵の読み解き方をさらに詳しく学ぶために、ハート&カラーのオリジナルぬり絵の絵柄の意味と効果を理解することから始め、セラピーのテーマや対象、心理的なプロセスに応じて、適切な選び方を学んでいきます。
    【添削課題 1】
    Work1テーマに沿った絵柄の選択
  2. ぬり絵の読み解き
    ・1枚のぬり絵から表現した人の心の状態をどのように読み解いていけばいいのか。色彩、タッチ、モチーフ、強調・省略など、ぬり絵を見る上で必要な要素を1つずつ解説し、読み解きの力をつけていきます。
    【添削課題 2】
    Work2ぬり絵の読み解きとゾーニング
  3. セラピーにおける心理的環境と物理的環境
    ・セラピーにおける心理的環境と物理的環境を学びます。ぬり絵カラーセラピーの場の作り方、画材の心理効果、セラピーの進め方やセッションの方法など、実際の活動に即して大切な点を押さえていきます。
    【添削課題 3・4】
    Work3カラーチャートからの読み解きと、言葉かけのレッスン
    Work4テーマに沿ったセラピーの組み立て
  4. セラピストとして活動するために
    ・子どもや高齢者など、対象別のぬり絵セラピーの方法や留意する点を解説。最後に、実際のセッションの様子を見ながら、カラーセラピーの場の作り方や進め方、留意点などを具体的に解説します。

このページのトップへ