教材
  1. バインダー式テキスト(5冊)
    「トレーニング学」「アニマルセラピー・ペットロス学・ペット社会学」「犬種標準学」「動物看護・介護学」「ペット経営学」各種履修科目テキストは、常に最新の情報を提供するためにバインダー方式を採用。
  2. 添削課題(6冊)
    テキストに沿った添削問題です。添削は分からない部分があればセンターでわかりやすく解説いたします。全ての添削課題が合格基準を満たせば修了となりライセンス取得の手続きをすることができます。
  3. 資料DVD(26巻)
    実際の動物病院での診察技法から、トレーニング技法まで幅広く網羅
カリキュラム
  1. トレーニング学
    食事やトイレのしつけ、命令の出し方、足の運び方など、英国式家庭犬トレーニング方法をメインに構成。英国式の良さは、訓練士が犬のトレーニングを行うのではなく、飼い主がトレーナーから「トレーニング」を学び、自らトレーニングをすることで、日常的に実践できる点にあります。つまり、これら愛犬のトレーニングをはじめる方にとっては取組みやすく、ドッグトレーナーを目指される方には教えやすい内容の教材になっています。
  2. アニマルセラピー・ペットロス・ペット社会学
    アニマルセラピーの基礎概論から活動と効果、今後の課題までを学びます。ペットロス学では今では誰でも知っている「ペットロス」をもう一度その仕組みから知り、カウンセラーとしての対応トークも勉強、今後の日本で増加して行くであろう、ペットロス症候群の相談者に対する基本ケアを習得します。
    また例えば、クライアント・飼い主さんに犬のしつけやトレーニング、セラピーやロスケアの必要性や内容をお話しする際に、その社会的背景や人間とペットとの共生の歴史を知らなくては説得力に欠けるものです。ペット社会学で学ぶ知識は、そういった顧客との信頼関係を築くうえでも大いに役立ちます。基本の「犬学」から各種ペット関連法規までを幅広く学びながら、犬と人間、犬と社会の関係性について検証していきます。
  3. 犬種標準学
    犬種標準は犬種を分類するための辞書のようなもの。共通認識や共通言語としてビジネスシーンに度々登場します。テキストも事典形式でAKC(アメリカン・ケネル・クラブ)の犬種分類に準拠した7分類、147種の犬種標準を掲載しています。
  4. 動物看護・介護学
    ペット生体の身体の仕組みや病気について、網羅性を重視した内容。解剖生理学や内科学をはじめ、臨床検査学、微生物学、寄生虫学などの項目があり、それぞれ知識量やデータ量も豊富。検査方法は実際の検査風景とテキストでポイントを解説。主に介護学は、犬の老化、排泄・食餌の介助、痴呆などについてです。
  5. ペット経営学
    ショップの経営手法を中心にまとめられたテキストです。たとえば、開店実務や店舗設計をはじめ、生体管理や検疫、仕入れ経理・税務管理、チラシ・ポップ広告のノウハウなど、経験をもとにした内容になっています。3大ライセンスのひとつ「ペット販売士」をはじめ、トリマーやトレーナーを目指す方には基本書となります。
資格概要 当講座は、 【一般社団法人 日本ペット技能検定協会】認定の民間資格です。
※ライセンス交付料は、12,000円別途必要となります。

● 家庭犬トレーナー 1級
資格概要 家庭犬トレーニングと言う言葉はようやく社会の認知を得ましたが、家庭犬トレーナーの絶対的不足はまだ解消されていません。家庭犬トレーナー1級は、世の一般愛犬家に家庭犬トレーニングの重要性を啓蒙し、これからのペット社会で指導者的な役割を担っていくプロフェッショナルドッグトレーナーの資格です。
● ドックシッター
資格概要 「ドッグシッター」はペットの生体と健康を熟知したプロであることの証。ペット共生社会に入り、ペット飼育数の上がり続けるわが国で、今後脚光を浴びる資格です。
● 小動物看護士
資格概要 動物病院の看護士としてだけではなく、ペットの健康障害に対応できることから、ペットショップの経営者やトリマー、トレーナー、ブリーダーなどペットビジネス全般で活躍の場を広げることができる資格です。カリキュラム修了で交付申請できます。

<ご案内>
当講座により取得できる「小動物看護士」資格について昨今、「動物看護師(士)資格」統一化の動きがございますが、国内のすべての「動物看護師(士)」資格が一本化されるわけではありません。現状、通信講座で取得される資格では、就職ができないという事はございませんので、ご安心ください。
● 小動物介護士
資格概要 一般社団法人 日本ペット技能検定協会が認定した、ペット介護だけでなく飼い主への心を込めたサポートも行う介護のスペシャリスト、業界を支える有望な資格です。
● ペット販売士
資格概要 生体管理、看護、衛生、流通、法規など専門知識の習得を証明する資格です。
● ペット飼育管理士
資格概要 「ペット飼育管理士」は「ペットホテルの開業のみならず、あらゆる場面でペットの衛生管理・しつけ・保管をサポートするペット管理の専門家です。
● セラピードッグトレーナー
資格概要 動物とのふれあいを通じ人の生活のクオリティ向上を目指すアニマルセラピー(動物介在活動)を深く理解した上で、その意図にそった効果的なドッグトレーニング手法でセラピー実施を支えるスペシャリストです。 「ペットによる癒し」の専門家とも言えるでしょう。
● ペットロスケアアドバイザー
資格概要 「ペットと人との絆」の専門家。ペットと人との情緒的交流が深くなった現代社会で「ペットロス症候群」を正しく理解し、相談者とその周囲への対応を適切に行なって行くスペシャリストです。