医療事務の仕事について

医療事務の通信講座HOME > 医療事務の仕事について解説!
医療情報システムについて

医療事務の仕事で活躍するために

医療事務を仕事に就きたい、医療事務の仕事を長く続けていきたい、とお考えのみなさん。医療事務の資格を取得するまでをゴールとして考えていませんか?現在の医療の現場では、電子カルテの導入など急速にIT化が進んでいます。専門的な知識に加え、医療事務の仕事ではIT化の時代に対応できるようなプラスアルファのスキルまで求められるようになってきています。
つまり、医療事務の仕事をするにあたって、専門的な知識の証明として資格を取得することに加えて、現在では、当たり前のようにパソコンを扱えるスキルも医療事務の仕事で重要視とされているのも現状です。
ですので、医療事務を仕事としていきたいと考えている方には医療事務の資格に加えITのスキルを一緒に身に付けていただくことをおすすめいたします。
また、実際に今現在、医療事務の仕事を行っており、これからも医療事務の仕事を長く続けていきたい、キャリアアップしたいと考えている方には医療事務に関わるITの知識を身に付けておくと良いでしょう。 電子カルテが一般的になっている今、今後役立つ技能となりますので医療事務の現場で働きながら、通信講座などで勉強されると良いでしょう。
今回こちらで紹介するのは、医療事務の仕事をしていくにあたり必要とされているプラスアルファの知識…「医療事務コンピュータ」「電子カルテ」「DPC請求」などです。
今後、「医療事務コンピュータ」「電子カルテ」「DPC請求」などのITシステムが医療事務の仕事の現場にどのように関わってくるのか、そして仕事としてどのくらい必要となるのか、などご説明させていただきます。
医療事務の専門用語に詳しくない方にも分かりやすく記載しておりますので、是非参考にしてください。

スキルアップでここまで違う!活躍フィールド国が目指す21世紀の医療の姿について医療情報システムの受付から会計までの流れ駆け上がろう!医療スペシャリストへ
医療事務に求められるスキルを段階的に確認しよう
ステップアップの流れ step1 step2 step3 step4
講座名 医療事務講座 医療事務コンピュータ講座 電子カルテオペレーション講座 DPC請求事務講座
医療事務+コンピュータセット講座
身に付くスキル 受付業務・カルテ管理・診療報酬請求業務・会計業務など医療事務スタッフとして働く必要最低限のスキルが身につきます。 医事課で使用される会計ソフトである医療事務コンピュータ(レセコン)を操作するために必要なスキルが身につきます。 医師の業務を減らすため、医療事務スタッフが入力作業の補助をするケースも。電子カルテ操作方法はもちろん、医療機関全体の情報システムの流れも理解することが出来ます。 DPC請求対象病院で利用される請求方法とそこで導入されているコンピュータの操作方法を習得します。
活躍フィールド 紙レセプトによる請求を行う診療所・クリニック・病院
「本当に必要なの?」と疑問を持ってしまうのも当然。始めて耳にする言葉も多いかもしれません。しかし、医療のIT化は見えないところでどんどん進んでいるのです。下記の図をご覧ください。
【医療情報システム導入率】平成27年12月調べ
  導入率 DPC 電子カルテ 医事コン 紙レセプト
病院 400床以上 54.8% 57.3% 99.9% 0.1%
400床以下 18.8% 99.9% 0.1%
診療所(クリニック)     20.9% 96.7% 3.3%
「なんでこんなにIT化が導入されているの!!」と思った人も多いハズ。
医療情報システムの導入率が進むのはズバリ「IT化は国策だから」です。
国が目指す21世紀の医療の姿について
1.国民が安心できる医療の提供
【情報の共有】過去の傷病履歴(カルテ、レントゲン画像)の情報が管理・検索できることで、異なる医療機関でも過去のデータや目的に沿って、適切な医療を施すことが出来る
…電子カルテシステムの採用
【病診連携】地域の病院、診療が情報ネットワークを結ぶことで、正確な患者情報を容易に参照できる
…電子カルテシステムの採用
※手術後の抜糸や治療は近くの診療所で行うことが用意となる。カルテ、レントゲン写真、紹介状など面倒な手続きが不要
…電子カルテシステムの採用
【遠隔診療支援】遠くにいる専門医に支援や治療の指示を受けることが出来る
…電子カルテシステムの採用
【医療行為の公平化】…電子カルテシステムの採用
2.医療費の削減
【包括払い請求化】出来高払いではなく包括払い請求にすることで、無駄な医療行為を削減
…電子カルテシステムの採用・DPC請求の採用・医療事務コンピュータの導入
3.医療従事者の効率化
【医師不足解消】手書きカルテではなく電子化することで効率化
…電子カルテシステムの採用
【医療事務の効率化】手書きレセプトではなく電子化することで効率化
…医療事務コンピュータの導入
【安全対策】複数の医療機関を跨いでも、情報が管理・整理されていることで、伝達ミスや処方ミスが起きない
…電子カルテシステムの採用・医療事務コンピュータの導入
医療の効率化、医療の質向上、情報開示、統計資料の作成などを推し進めるには、「医療事務コンピュータ」はもちろん「電子カルテ」「DPC請求」の導入は欠かせないということですね。
医療情報システムの受付から会計までの流れ
さぁそれでは各医療機関の医療事務スタッフがどんな働きをしているのでしょうか。
紙レセプト
紙レセプト
医事コンピューター
医事コンピューター
今は持っていて当然と言えるスキルじゃ。ここまでのスキルは必要不可欠と言っても過言ではないぞ。
電子カルテ
電子カルテ
受付・会計から各診察室・検査室までもシステムによって繋がっている。画期的じゃ。仕事の効率をアップさせるだけではなく、医療事故の防止や個人情報の保護の観点からも導入している病院は増えている。病診連携(例えば病院で手術をしたのち、抜糸は診療所で行うなど。その際、電子カルテを導入していると、データの受け渡しのみで、紹介状、診療録やレントゲン写真などの紙媒体のやり取りが不要)の取り組みもあり、このご時世に必須じゃぞ。
DPC
DPC
DPC請求とは、下記の図のように、包括払い請求+出来高払い請求をミックスさせた請求方法である。包括払い請求を導入しているその理由は、医療行為の平均化なども目的のひとつではあるのですが、ズバリ医療費の削減なのだ。出来高払いだと、安静を取って必要以上に入院をさせたり、必要以上に薬を投与したり…増え続ける医療費を削減したい!そんな思いで、日本はDPC請求を導入したのじゃな。包括払いの請求の対象となっている項目は、あらかじめ取れる点数が決まっておる。つまり無駄な医療行為をして点数を多く取ることが出来ないのじゃな。ほぉほぉほぉ

入院基本料・投薬・注射
画像診断料などの
決められた項目

包括払い対象疾患

入院基本料(超過分)・検査・画像診断・処置などの出来高払い対象項目

出来高払い対象疾患

駆け上がろう!医療事務スペシャリストへ

医療事務

活躍フィールド:
(紙レセプトによる請求を行う)クリニック・診療所・病院

↓

医療事務 + 医事コンピュータ

活躍フィールド:
(医療事務コンピュータ導入の)クリニック・診療所・病院

↓

医療事務+医事コンピュータ+電子カルテ

活躍フィールド:
(医療事務コンピュータ・電子カルテ導入の)クリニック・診療所・病院

↓

医療事務+医事コンピュータ+電子カルテ+DPC請求

活躍フィールド:(DPC請求対象の)病院

無料資料請求メールでお問い合わせお電話でのお問い合わせ 0800-111-4959(フリーコール)