通信講座・通信教育で資格取得、ネイル・クリスタルグルーデコ・ペット・医療・心理等なら「たのまな」

マイクロソフト オフィス スペシャリスト( MOS [ Microsoft Office Specialist ])とは?

マイクロソフト オフィス スペシャリストMOS[ Microsoft Office Specialist ]とは?
  • MOSってなに??
  • MOSは採用試験にも有利!実践力も習得!
  • MOSを持っているとどんな仕事ができるの?
  • MOS試験ガイド
MOSってなに??
マイクロソフトオフィススペシャリストは、Microsoft Office Specialist(MOS)の頭文字を取った略称で、マイクロソフト社のマイクロソフトオフィス製品にパッケージされているワード(Word)エクセル(Excel)、パワーポイント(PowerPoint)、アクセス(Access)など、企業でよく使用されているソフトに関する操作スキルを認定する資格です。
「Word は使ったことがある」「Excel ができる」...ですが、どれだけ使いこなせるかは、伝えにくいものです。
これらのソフトの機能を、どれだけ理解しているか?使いこなせるか?を客観的に判断する材料として認定されている試験であり、就・転職時に自分のパソコンスキルを客観的にアピールする手段として最も認知度の高い資格試験と言ってよいでしょう。
累計受験者数370万人を突破する人気資格!
マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)は、日本国内だけでも、累計受験者数が370万人(2016年2月現在)をするほどの人気資格です。
この資格が、こんなにも人気のある理由は実用的なパソコン操作の証明として広く認知され、多くの企業から注目を集めているからです。
マイクロソフト社公認の世界基準のパソコン資格!
マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)は、世界共通試験だから世界に通用するパソコンスキルを証明する事ができます。
世界約200ヵ国の地域で実施されており、世界共通の「合格認定証」や「デジタル認定証」が発行され、その認定されたスキルは世界中で活用することができます。
ワード(Word)エクセル(Excel)の技能を、開発元のマイクロソフト社自らが証明する唯一の国際的に通じるグローバル資格です。
合格すると世界共通の認定証が発行され、マイクロソフト社のワード(Word)エクセル(Excel)などを使えることを、世界中どこに行っても証明できます。
パソコンスキルは、就職活動や転職に必須!
マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)は、パソコンが使えることを客観的に示すことができ、履歴書に書くことができる資格です。 事務職に限らず、営業職、技術職、企画職、専門職など、どの職種でも、どれだけパソコンを使いこなせるかが、就職活動や転職、キャリアアップにも必須になっています。 MOS資格を取得すると、就活時や人事考課の際にパソコンスキルとして証明することができます。
MOSは採用試験にも有利!実践力も習得!
企業でワード(Word)エクセル(Excel)を使うのは、今では当たり前となりました。
求人の条件にも「パソコンスキル」と書いている企業が殆どです。
マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)は、すべて実技試験のため、勉強することですぐに役立つ便利な機能が使いこなせるようになりますので、業務を効率よくこなし、分析ツールとして使いこなせるスキルは、企業へのアピールにつながります。
就職・転職面接時などで、ワード(Word)エクセル(Excel)をどのくらい使えますか?と聞かれても上手く答えられないと思います。
マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)を持っていれば、ワード(Word)エクセル(Excel)をどのぐらい理解し使いこなせているのか?ということが、より具体的に伝わり自分のスキルレベルを的確に技術をアピールすることができます。
また、企業の採用担当者としても、パソコンスキルがわかり、なぜこの人を採用するのかといった理由も付けやすいですよね。
但し、資格の評価基準は企業によっても様々ですので、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)取得がとても重宝される企業もあれば、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)は、持ってて当たり前という企業もございますのでお忘れなく。
こんな声をよくお聞きします...
  • ワードとエクセルは、多くの会社で応募の必須条件でした...
  • 求人情報をいろいろ見ていたところ、多くの会社でワードとエクセルを使えることが応募の必須条件となっていました...
  • 面接で「パソコンを使えます!」とアピールしても、どの程度使えるか説明しづらいため、面接担当者の方にはなかなか伝わりませんでした...
履歴書に書ける資格を何個お持ちでしょうか?履歴書に書いて、パソコンスキルを客観的に証明!パソコンスキルを客観的に証明するには、資格を取るのが確実です!
マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)は
現在では『マイクロソフト』というブランド自体が、非常にメジャーとなっており、面接担当者の方がマイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)を知らなくても、このマイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の資格名をを履歴書などで把握することによって、それなりの評価を受けられる傾向にあります。
MOSは採用試験にも有利!実践力も習得。「就活」「転職」「出産後の再就職」の強いアピールに!
学生の就活に役立つ? 転職・再就職に役立つの?
  • ・就職活動のために勉強したのであれば、面接でも好印象でしょう。
  • ・更に就職後も必ず使うパソコンスキルなので、今から勉強していて損はありません!
  • ・パソコンスキルを証明する資格は、どこに転職するにも最低限持っておきたい資格の1つです。
  • ・最近では、正社員のみならずパートや派遣でもパソコンスキルが求められます。
マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)を取得された方からは、こんな声をお聞きします!
  • 今まで書類選考で落とされてましたが書類選考に通りました!
  • 面接担当者の方の目に資格が止まり、パソコンスキルをアピールできました!履歴書を見て「パソコンはかなり扱えるようですね」と言われ採用されました。
  • 入社した会社の中では推奨資格でしたので、毎月資格手当をもらってます。
    給料も増える、仕事に非常に役に立つ資格です!
MOSは採用試験にも有利!実践力も習得!
企業の書類は、ほとんどマイクロソフトオフィス製品で作成さられており、ほとんどの会社の標準ソフトがマイクロソフトオフィス製品です。
企業では、FAX送信状や案内文書などはワード(Word)、各種のデータ報告書や売上管理、プログラム仕様書にはエクセル(Excel)、プレゼンテーション資料、営業資料にはパワーポイント(PowerPoint)、顧客管理台帳などのデータベースには、アクセス(Access)とそのほぼ全てをマイクロソフトのオフィス製品でまかなっています。
マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)試験合格者だからという理由だけで、採用する企業や業種は少ないですが、一般的にマイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の資格が活かせる働き方としては、事務職や会計、経理職系が真っ先に考えられます。
ワード(Word)エクセル(Excel)のうち、普段使っている機能はごく一部という方も多いです。
隠れた便利機能を知ることで、業務の効率化や、きれいなグラフを入れたわかりやすい資料作りなど、すぐに実務に活かすことができます!
マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS) 試験ガイド
試験は、毎月実施!受験資格がありませんので、どなたでも受験する事ができます!
試験は、運営事務局が実施する「全国一斉試験」と、認定されたパソコン教室などが各自実施する「随時試験」があり、毎月実施されていますので、ご都合に合わせて受験日を決められますので、とても受験しやすい試験です。
受験資格 特にありません。年齢・国籍を問わずどなたでも受験できます。
ただし、試験当日に小学生以下の方については、保護者の同意が必要になります。
また、2回目以降の受験には以下のような「再受験に関するルール」があります。
試験方法・
試験環境
試験はすべて実技試験。筆記試験は一切ありません。
各試験会場に用意されたパソコンを使い、問題の指示に従って正しい操作が行えるかを判定します。
※Mac版Officeの試験は現時点では行っておりませんのでご了承ください。
OS Windows 7 Professional/Windows 8.1 Pro
日本語入力システム Microsoft IME
キーボード 106 / 109(JIS配列)
モニターサイズ 17インチ以上
モニター解像度 1280×1024以上
マウス 光学式、ボール式(ホイール有・無)
試験レベル WordとExcelには、スペシャリスト(一般)とエキスパート(上級)の2レベルが用意されています。
試験科目 スペシャリスト(一般)レベル レベル エキスパート(上級)レベル
Word
文書作成ソフト
文字サイズやフォントの変更、表の作成・編集、作成した文書の印刷など、Wordでの基本的な編集機能を理解している方 スタイル機能や目次・索引作成などの長文機能、他のアプリケーションソフトからのデータ取り込みなど、Wordでの高度な機能を理解している方
Excel
表計算ソフト
数式や基本的な関数の作成、セルの書式設定、グラフ作成など、Excelでの基本的な操作を理解している方 ピボットテーブルなどのデータ分析、条件付き書式や入力規則の設定、マクロの作成・編集など、Excelでの高度な機能を理解している方
試験概要 マイクロソフト オフィス製品は、バージョンごとに新しい機能が追加・改良されるため、マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)は、バージョンごとに試験をご用意しています。
試験科目 Word スペシャリスト(一般) Excel スペシャリスト(一般)
内容 文字サイズやフォントの変更、表の作成・編集、作成した文書の印刷など、Wordの基本的な編集機能を理解している方を対象とした資格です。 数式や基本的な関数の作成、セルの書式設定、グラフ作成など、Excelの基本的な操作を理解している方を対象とした資格です。
出題形式 コンピュータを使った実技試験(CBT試験) 同左
試験時間 50分 同左
受験料 10,584円(税込) 同左
出題範囲
ダウンロード
出題範囲(PDFファイル 137kb)
2010出題範囲(PDFファイル)
2013出題範囲(PDFファイル)
出題範囲(PDFファイル 140kb)
2010出題範囲(PDFファイル)
2013出題範囲(PDFファイル)
詳しくは、MOS公式ホームページ「試験概要
にてご確認いただけます。
Word 2010 / 2013 スペシャリスト(一般)の 試験概要
Excel 2010 / 2013 スペシャリスト(一般)の 試験概要
受験方法 受験方法には、次の2通りの方法がございます。試験内容については、同じです。
受験方法 全国一斉試験 随時試験
内容 ネットで申込みをして、指定された日時、会場で受験する方法 パソコン教室など、認定された受験会場で受験する方法
試験実施日 毎月1〜2回(いずれかの日曜日) 各試験会場が設定した日程
お申込み期間 試験日ごとに設定の申込受付期間
(各試験日の約1ヶ月半〜1ヶ月前)
試験会場ごと、定員になり次第締め切り
(期間は、各試験会場に準ずる)
お申込み方法 インターネットお申込み(パソコン・携帯)郵送お申込み ご希望の試験会場へ直接申込み
受験料の
お支払い方法
銀行振込/ 郵便振込/ 書店・大学生協支払/ クレジットカード決済 各試験会場の指定方法
受験票 試験の10日前までに郵送 各試験会場に準ずる
受験会場 受験票に記載してご連絡(地域のみ指定可能) お申込みの試験会場
受験時間 受験票に記載してご連絡(受験時間の指定不可) 各試験会場に準ずる
詳しくは、MOS公式ホームページ「サイト受験するには」にてご確認いただけます。
お問い合わせ先
株式会社 オデッセイ コミュニケーションズ カスタマーサービス
TEL :03-5293-1881  ( 平日 10:00〜18:00 )
公式ホームページ:http://mos.odyssey-com.co.jp/about/index.html
よくあるご質問」については、OS公式ホームページにてご確認いただけます。
ヒューマンアカデミー たのまな MOS合格対策通信講座のご案内
MOS マイクロソフトオフィススペシャリスト2010、
または2013のWord、Excelの資格取得を目指せます。
今までに1万5000人以上の合格者を送り出した、ヒューマンアカデミー通学講座のノウハウを凝縮!
さらに、『たのまな』ならではの【3大サポート】(合格保証・質問サポート・就転職サポート)で、資格取得とスキル習得を強力にバックアップ!
Word、Excelとも、講義DVD、テキストの基礎編でベースとなるスキルを身につけてから応用編へ。基礎編で学んだ知識をもとに、ステップアップしていきます。2013コースは、7日間でMOSに合格できる速習プログラムとなっているため、短期間で資格を取得したい人は必見!
万が一不合格でも、合格するまでサポート期間の延長がOKです!
MOS試験2013マイクロソフトオフィススペシャリストWord & Excel コース スペシャリストレベル [合格保証付き]+ MOS模擬テストDVD付
最短7日間で学習できるカリキュラムなので、MOS資格を短期間で取得する事が可能!更にMOS 模擬テストDVD Word 2013&Excel2013が付属されていますので、試験合格対策も万全!安心して学習ができます!本講座では、文書作成ソフト「Word 2013」と表計算ソフト「Excel 2013」の基礎から応用まで学び試験範囲にも対応したカリキュラムです。最短7日間でMOS 2013スペシャリストレベル(一般試験)の試験範囲を学習する事ができるプログラムなので、短期間でMOS資格を取得する事が可能です! もちろん、ご自分のペースでゆっくり学習いただく事も可能です。
MOS試験2013マイクロソフトオフィススペシャリストWord コース スペシャリストレベル [合格保証付き]+ MOS模擬テストDVD付
最短7日間で学習できるカリキュラムなので、MOS資格を短期間で取得する事が可能!更にMOS 模擬テストDVD Word 2013が付属されていますので、試験合格対策も万全!安心して学習ができます!本講座では、文書作成ソフト「Word 2013」の基礎から応用まで学び試験範囲にも対応したカリキュラムです。最短7日間でMOS 2013スペシャリストレベル(一般試験)の試験範囲を学習する事ができるプログラムなので、短期間でMOS資格を取得する事が可能です! もちろん、ご自分のペースでゆっくり学習いただく事も可能です。
MOS試験2013マイクロソフトオフィススペシャリストExcel コース スペシャリストレベル [合格保証付き]+ MOS模擬テストDVD付
最短7日間で学習できるカリキュラムなので、MOS資格を短期間で取得する事が可能!更にMOS 模擬テストDVD Excel2013が付属されていますので、試験合格対策も万全!安心して学習ができます!本講座では、表計算ソフト「Excel 2013」の基礎から応用まで学び試験範囲にも対応したカリキュラムです。最短7日間でMOS 2013スペシャリストレベル(一般試験)の試験範囲を学習する事ができるプログラムなので、短期間でMOS資格を取得する事が可能です! もちろん、ご自分のペースでゆっくり学習いただく事も可能です。
MOSマイクロソフトオフィススペシャリスト合格対策講座
文書作成ソフトWord 2010の基礎から使いこなすテクニック、表計算ソフトExcel2010の基礎となるデータや数式入力、関数の使い方、グラフの作成方法、簡単なデータベースの活用までを習得するカリキュラムで「MOS Word2010 スペシャリストレベル」と「MOS Excel2010 スペシャリストレベル」取得が目指せます。
MOSマイクロソフトオフィススペシャリスト合格対策講座
文書作成ソフトWord 2010の基礎から使いこなすテクニックまでを習得するカリキュラムで「MOS Word2010 スペシャリストレベル」取得が目指せます。
MOSマイクロソフトオフィススペシャリスト合格対策講座
表計算ソフトExcel2010の基礎となるデータや数式入力、関数の使い方、グラフの作成方法、簡単なデータベースの活用までを習得するカリキュラムで「MOS Excel2010 スペシャリストレベル」取得が目指せます。
特集