医療事務の仕事・必要な資格って何!?|医療事務資格取得ならヒューマンアカデミー「たのまな」通信講座

医療事務の通信講座・通信教育トップ > 徳永幸子講師インタビュー【前編】

徳永幸子講師インタビュー【前編】

転職希望者や育児を経て仕事復帰を考える女性に、勉強時間や場所を自由に選べるヒュ―マンアカデミーの「医療事務通信講座」が注目されています。通信講座ながら講師の対面セミナーも組まれており、勉強が続けやすく就職支援までサポートするのが特徴です。超高齢社会でますます医療ニーズの高まる中、そもそも医療事務はどんな資格で、どんな仕事をするのでしょうか。

医療事務講座の講師を務めて14年、医療事務の現場でもキャリアの長い徳永幸子氏に、実際の仕事内容や資格取得に向けた勉強のポイントを伺いました。

――そもそも医療事務とはどんな資格で、どんな仕事があるのでしょうか。

徳永幸子講師_01

医療事務は名前のとおり、医療に関する事務の仕事ですが、会社の事務とはだいぶ違います。受付業務はじめ電子カルテや保険証に書かれていることを理解すること、 医療機関が患者さんに行う医療行為への対価として公的医療保険から支払われる診療報酬の請求業務など、病院の経営、お金に関わること全般が仕事です。

医療事務資格は民間の資格です。資格がなくても仕事に就くことはできますが、資格によって実践的な知識とスキルを身に付けることで、未経験者でも就職に有利です。 更新がなく、一生使えることも魅力です。ヒューマンアカデミーには医療事務に関する9つの通信講座があり、とりたい講座を組み合わせることで、初心者から経験者まで役立つラインナップとなっています。

そして私は生徒さんに必ず「患者接遇(おもてなし)をしてください」と、お話しています。患者さんは、具合が悪いから病院にいらしています。 車いすの方、後期高齢者の方もいらっしゃいます。医療現場で働くわけですから、そこを踏まえたうえで気配りしながら患者さんに接する必要があるのです。

――病院内ではもちろん、病院外にも活躍の場があるそうですね。

徳永幸子講師_02

働く場としては、大きな病院の総合受付がまずあります。医療事務で働くのが初めての方が最初に経験すると、病院での仕事の全体の流れが分かると思います。 そこから、ナースステーションやカルテ、医局秘書業務などにも繋がりますし、経験を積まれてから開業医のクリニックに行けば、受付から医師の秘書的な仕事、薬局的な役割まで担うこともあります。

そこから先も、介護や調剤薬局、市区町村役場などへ活躍の場は広がっていきます。通信講座でも入り口に当たる「医療事務講座」は、こうした業務のすべての基盤なのです。 ここをしっかり勉強しておけば、医療関係の用語が頭に入り、現場の仕事も理解できるようになります。介護や薬剤の仕事へも入りやすくなるのが特徴です。

――資格取得後の就職はどんな状況ですか。資格取得者は多そうですが、就職先はあるのでしょうか。

高齢社会になって、病院にかかる人はますます増えます。働き手の需要はとても高く、しっかりと仕事のできる人を常に求めています。 ヒューマングループには人材紹介会社のヒューマンリソシアがあり、講座受講生や修了生を対象に、医療機関や介護施設での仕事を紹介しています。

就職は、パートタイム、派遣、正社員とあらゆる雇用形態がありますよ。履歴書の書き方や求人探しなど、全面的に就職をサポートするのが、ヒューマンアカデミーの講座の大きな魅力ですね。 ちなみに私が銀座校で講座を修了した生徒は、ほぼ100%医療事務の資格をいかして就職しています。

――子育てや介護などライフステージによって女性の働き方のニーズもさまざまです。医療事務の現場は働きやすいのでしょうか。

徳永幸子講師_03

子育て中の女性が午前中だけ働いて子供のお迎えのために帰る場合もありますし、子育てを終了した50代の女性が資格をとって未経験から働くケースもあります。 会社の中での一般事務だと定年がありますが、医療事務には定年がありません。医療現場での経験を積んで病院の常識を身に付けていけば、一生の仕事になります。

転職を考える人、年齢の高い人ほど生き残っていくためには、資格取得が役立つでしょう。実は私もヒューマンアカデミーの受講生出身です。 もともとは一般企業で勤めていましたが、今では医療現場の事務と、医療事務資格の講師の仕事を組み合わせて働いています。

――ヒューマンアカデミーの通信講座は資格取得のための支援体制が手厚いと聞きますが

講座ごとに目安のある標準学習期間内に修了した場合、受講料の20%をお返しする「医療事務給付制度」があります。自信をもってチャレンジしてみてください。

関連ページ:「医療事務通信講座サポートについて」

――通信講座でも、定期的に主要都市でスクーリングを開催するそうですね

徳永幸子講師_04

通信講座は一人で勉強するため、情報収集やアドバイスを受ける場がないのがデメリットと思われがちですが、ヒューマンアカデミーでは「スクーリング」といって年に4回程度、全国で対面の講座を実施します。

実際、私が出向いて医療事務に特徴的な勉強の仕方や教材のポイントをお教えすると共に、一人ひとりのご質問にお答えします。通信講座の受講生は誰でも受講可能です。また、こうした全国の講座は有料のDVDにしたりYouTubeにアップしたりすることも予定しています。

楽しくラクして資格とろう、が私のキャッチフレーズです(笑)。

ヒューマンアカデミー医療事務通信講座を検討されるみなさんに向けた、徳永講師インタビューの前半は「資格取得のメリット」を中心にお届けしました。 後半は、いよいよ勉強を始めるにあたってのポイントをお聞きします。

無料資料請求メールでお問い合わせお電話でのお問い合わせ 0800-111-4959(フリーコール)