医療事務に未経験から目指す|医療事務資格取得ならヒューマンアカデミー「たのまな」通信講座

コラム

02医療事務に未経験から目指す

医療事務の仕事は、長く続けられることや雇用が安定しているという理由から、高い人気を誇っています。医療事務経験者だけではなく、他の業種からの転職や子育てがひと段落した後に新しい活躍の場として考える方も多いようです。全くの未経験でも医療事務として働くことは可能なのでしょうか。今回は、医療事務未経験の方が、医療事務の仕事に就く上で必要なこと、また現在の医療業界の状況などについて詳しくご説明していきます。

未経験でも医療事務に就くことは可能なのでしょうか。

医療事務の仕事は、医療業界の中でも実際他業種からの転職が圧倒的に多い職業であるといわれています。医療事務になるために専門の学部や、大学に通う必要のない職業となりますので、比較的ハードルは低く医療関連の職業の中でも目指しやすい職業であるといえるでしょう。未経験でも医療事務に就くことは、十分に可能です。

しかし裏返すと、医療事務はとても競争率の激しい職種だと言えます。「医療事務になりたい」と希望する方が多ければ、雇用する側としては当然未経験者よりも即戦力となる経験者の方を採用したいと考えます。専門の学部や、大学に通う必要がないといっても専門性のある職業となりますので、用語や、診療報酬の請求やレセプト作成など身につけておくことで就職の際のアピールとなります。医療事務への転職では、「経験者>未経験者(資格保有者)>未経験者」であるといわれておりますので、他の求職者の一歩先をいくために努力していくことが大切です。

他業種から未経験で医療事務に挑戦する方の中では、医療業界特有の用語や、診療報酬(レセプト)の算定の複雑な計算で苦労する方も多いようです。仕事をしながら覚えていくことは大変な作業となりますので、事前に知識を身につけていくことは、大きな手助けになることでしょう。

資格は取得しておいた方が良いの?

医療事務の資格

医療事務になるためには、絶対必要な国家資格はありません。医療事務の仕事には、民間の資格が数多く存在しています。資格を取得することで、医療事務に必要な専門性の高い知識や技術を身に付けていることの証明、また資格を取得できる程度の集中力や意欲を持っていることのアピールすることに繋がります。他のライバルたちに差をつけるためにも、挑戦してみることをおすすめいたします。

医療事務の資格取得は、独学で勉強する方法もありますが専門学校や通信講座などを利用するのが一般的です。医療事務関連で、特に人気の資格としては「診療報酬請求事務能力認定試験」「医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)」「医療事務管理士技能認定試験」などが挙げられます。

病院の医療事務とクリニックの医療事務の違いは?

医療事務としては色々な就職先がありますが、代表的な就職先である大きな病院と個人のクリニックでは何が違うのでしょうか?

【病院の場合】
科が多く、入院、処置、調剤など仕事が細分化されているケースが多いです。外来で受付業務がメインとなる場合もあれば、レセプト業務をメインに行う場合もあります。担当の部署で深いスキルを修得できるでしょう。また医療事務だけでなく医師や看護師などたくさんの人が働いているため、人間関係も幅広くなります。
将来性が高く、転職にも有利です。

【クリニックの場合】
医療事務はもちろん受付や雑務など、幅広い仕事を担うケースが多いようです。一人で何でもこなせるようになるため、幅広いスキルが身につくのが魅力です。病院に比べると働く人数が少ないため、深い人間関係が構築できます。また地域に密着しているクリニックが多く、患者さんとの距離も近くなり、やりがいを感じることも多いかもしれません。

未経験で医療事務を目指す上では、病院とクリニックどちらを目指していきたいのか決めていくことをおすすめいたします。また、クリニックから病院への転職をする場合、医療事務の最高峰である診療報酬請求事務能力認定試験に合格しているなどのアピールポイントが必要であるとも言われています。

未経験で応募する際のアピールポイント

未経験で応募する際のアピールポイント

医療事務に就職する際は、もちろん書類選考や面接を受けることになります。未経験でも採用担当者の心に残るようにするために、しっかりと志望動機や自己PRを考えておきましょう。

未経験だからといって、アピールできることが全くないわけではありません。接客業をしていた人であれば、丁寧な接遇や臨機応変な対応ができることなどをアピールできます。事務職を経験したことがある人なら、計算の速さや仕事の正確さなどがアピールできます。お子さんがいる方なら、小さい子供や親の気持ちを考えた対応がアピールできるでしょう。自分の強みを活かして臨んでいくことが大切です。

もちろん志望動機も「事務職が良いから」といった曖昧なものや「病院で親切にしてもらって感動したから」といったよくあるものではなく、「その病院やクリニックの理念を理解したうえで、自分がどう貢献できるか、したいか」などしっかりした考えや意思を含めるようにしてください。自分なりの言葉でやる気をみせましょう。

医療事務の仕事は、医師や看護師さんとともに医療現場で活躍する、病院や診療所を縁の下の力持ち的な職業であるといえます。患者さんからも感謝されることも多く、社会的に意義のある仕事であるといえるでしょう。病院や診療所は、日本全国様々な地域にございますので、医療事務技術を身につけることで、日本全国どこでも活躍していくことが可能です。

医療事務の仕事は、ライバルも多く、全くの未経験では難しい場合もありますが就職は不可能ではありません。医療事務を目指すにあたり、専門の勉強をしていくことは大きなアピールとなります。通信講座の『たのまな』では、未経験からの医療事務への挑戦を応援しております。

医療事務の通信コラム一覧|ヒューマンアカデミーたのまな 医療事務の通信講座・通信教育
無料資料請求メールでお問い合わせお電話でのお問い合わせ 0800-111-4959(フリーコール)